臆崖道の山日記

何かこのブログも閉鎖されるみたいですねw

全体表示

[ リスト ]

シギチの雄大な群れ

5/12は櫛田川の河口にて、シギチの渡りを観察した。
まずはシギチではないが、オオヨシキリ。皆さんの近所でも騒いでいる野鳥だが、ヨシ(葦)の中で生活しているため、コンクリ止まりの姿は珍しいかも。
イメージ 3


ハマシギがたくさんやってきた。多くの野鳥は冬羽はジミだが、それはシギチも多分に漏れず。だから夏羽となる春の渡りは特に見ていて楽しい。
夏羽のハマシギは背面の褐色と、腹面の黒とのコントラストが特徴だ。
イメージ 1イメージ 2イメージ 4
イメージ 5
(大きくて黒い頭とニンジンみたいな嘴なのはミヤコドリ)


ハマシギより二回り以上大きいムナグロがやってきて、仲間同士でちょっかいを出している。
イメージ 6イメージ 7
イメージ 8


上の画のムナグロの手前の小さな(左向きの)個体はハマシギではなく、メダイチドリ(さらに手前で後向きになっているのは後述するトウネン)。上面の褐色が美しいチドリだ。
イメージ 9
イメージ 10


こちらはシロチドリ。千鳥足ではなく、ものすごい速さでダッシュして歩き回る。まあその姿がカワイイんだけど。
イメージ 11


コチドリは黄色のアイリングが目印だ。
イメージ 12


再び浜辺に視線を移そう。ちょっと遠いが、オオソリハシシギが群れで入っていた。
イメージ 13イメージ 14


こちらは「大」が付かない、無印のソリハシシギ。ソリハシとは、嘴が上向きに反っているということ。
イメージ 15


これはトウネン。スズメぐらいの大きさ(L=15cm)で、非常に小さいシギだ。ちなみにハマシギやチドリ類は、大体21cmぐらいある。
イメージ 16


キアシシギは、まあ珍しくも何ともないレベルかな。
イメージ 17


チュウシャクシギは大きさもそうだが、存在感はバリバリある。
イメージ 18イメージ 19
イメージ 20


どうだろう。1日でこれだけの種類と数を観察できるというのは、非常に恵まれた場所かもしれない。
イメージ 21







探鳥日:2019/5/12(日)
探鳥地:松阪市
天候:快晴
撮影機材:PENTAX KP,150-450mmF4.5-5.6




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事