臆崖道の山日記

そろそろタイトル名を変えるべきか・・・

全体表示

[ リスト ]

初めての水星

彗星(comet)ではない、水星(Mercury)である。
イメージ 1
(右下が水星。その対角線上には火星)


そう、すいきんちかもくどてんかい(めい)の水で、太陽系の第1惑星である。つまりは我が地球から見ると、太陽とほぼ同じ方向にあるため、意外と見ることは難しい。
今回、火星と水星が接近(最小で20′以下)するという。上の画像はその倍ぐらいは離れているが、それでもかなり近いランデヴーだ。
6/17・19時半すぎ、生駒山系の夜景スポットで夕日を眺める。
イメージ 2


その約30分後、まだまだ天文薄明真っただ中の時間帯だが、それでもようやく水星と火星が現れた。
イメージ 3


しかし私以外、誰も、どのカップルも、このランデヴーは見ようとはしていない(見えてない)。そう彼らの視線は、この街灯りにだけにしか興味がないのだから。
なんて偉そうに言う私も、まあそれに近かったかも。まじまじと水星を観望したのはこれが最初のことだから。



20:35、この写真を撮ったあと、六甲山系の上空の街灯りにかすみ消えた。
イメージ 4


木星が南天で明るい(-2.6等)。テレスコで覗くと、容易にガリレオ惑星が観察できる。
イメージ 5イメージ 6


夏期は月が低い(太陽は高い。そしてそれらの位置関係は冬季には逆転する)。
イメージ 7




撮影日:2019/6/17(月),18(火)
撮影機材:PENTAX K-1(upgraded),KP,70-200mmF2.8,150-450mmF4.5-5.6,RC×1.4,TAKAHASHI 100mm f=1000mm reflecting telescope with using equatorial mount



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事