臆崖道の山日記

そろそろタイトル名を変えるべきか・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全281ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

至福の時

最も好きな野鳥は?と訊かれたら、迷わず“コマドリ”と答える。
コマドリは都市公園でも見ることはできるが、やはり繁殖地で見るのが本来の姿だろう。
ここ天売島ではコマドリは普通種だが、ノゴマと同じくして4/29頃に数多くのコマドリが渡ってきたようだ。最終日となる4/30の早朝、コマドリを探してフットパスに入った。
イメージ 1
(日の出は4:30。高緯度地方の夏の夜明けは早い)


あちこちで囀りが響いている。静かに近づいていくとフットパスの道端に、それらしき黒い影が。
イメージ 2


するとコマドリが現れた。しかも複数羽が!
イメージ 3イメージ 4


朝日に輝くそのオレンジ色は、下半身の青灰色と見事なコントラストを映し出す。
イメージ 5


ちょこんと半身を隠す個体、口いっぱい開けて大音量で囀る個体、一羽だけでなく群れと接する機会などは、あまりないのでは?
イメージ 6イメージ 7
イメージ 9イメージ 10
イメージ 11イメージ 12


これを至福だと言わずして何と言うべきか。
イメージ 8


コマドリは奈良県の県鳥らしい(愛媛県も)。しかしながら、スズタケの枯死の影響か、大台ケ原などの繁殖地(コマドリは本州においては標高1500m付近の山地のヤブを好み、繁殖する)では年々個体数が減ってきているらしい。そういった意味では、県のシンボルとは言えなくなってきているのは間違いない。
ここ北海道では平地でもコマドリは繁殖する。寒冷地のなせる業だが、そういった意味でも、北海道は野鳥天国なわけである。



探鳥日:2019/4/30(火)
探鳥地:羽幌町
天候:晴れ
撮影機材:PENTAX KP,150-450mmF4.5-5.6



開く コメント(0)

天売島の星景

光害の少ない離島につき、星景も素晴らしかった。
夜間の移動手段がないため(徒歩限定)、完全に街灯の光の影響を受けない場所で撮影できなかったのは少々残念だったが、それでもまずまずのタイムラプス動画が撮影できた。

末尾の動画の前半は、天売港近くから北東方向を撮影したもの。右端の明るい部分は街灯光、中央下の光源は灯台によるもの。
イメージ 1
(中央左には流星も写っています)

動画後半は、ウミネコ繁殖地から南東方向を撮影したもの。右下でチラチラしているのはウミネコたち。薄明前に左下から上がってきているのは太陽ではなく、月です。
イメージ 2





撮影日:2019/4/27(土)〜28(日)
撮影機材:PENTAX K-1(upgraded),KP,11-18mmF2.8,samyang14mmF2.8

開く コメント(2)[NEW]

天売島の野鳥・囀り編

ノゴマは道北では珍しくもなんともない夏鳥だが、我々が着島した4/27以降からは特に数が増えたようだ。
アオジは本州低地では冬鳥だが、中部山麓やここ北海道では夏鳥となって、繁殖する。




アリスイは外観も鳴き声も奇妙なキツツキだが、こちらもあちこちで見られた(だから動画を撮る余裕があるのだが)。
この個体は、隣の樹木に止まっている別の個体と呼応するかのうように、囀り合戦を繰り広げていた。



開く コメント(0)

天売島散策

原生林を除いて自然に満ち溢れた、とてもいいところです。日帰りで訪れるのは勿体ない。私は3泊もしました。
イメージ 1イメージ 2イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5イメージ 6

ウトウの繁殖地にある無数の巣穴。
イメージ 7イメージ 8

もうひとつの“数”はウミネコ。これもウトウとは別ポイントに繁殖地がある。
イメージ 9イメージ 10
イメージ 11



ウソ、エゾアカゲラ♂、ノゴマ、カシラダカ、ヒガラ、
イメージ 12イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15イメージ 16

ルリビタキは数多くいたが、ほとんどが雌タイプだった。カラアカハラは証拠写真程度・・・
イメージ 17イメージ 18

キクイタダキとおなじみシマエナガちゃん。
イメージ 19イメージ 20

アリスイも多かった。トラツグミもここで繁殖するのだろう。
イメージ 21イメージ 22




探鳥日:2019/4/27(土)〜30(火)
探鳥地:羽幌町
天候:概ね晴れ
撮影機材:PENTAX K-1(upgraded),KP,11-18mmF2.8,50-300mmF4.5-6.3,150-450mmF4.5-5.6



開く コメント(2)

ウトウの帰巣

天売島で80万羽もいるというウトウの帰巣を観察した。
時刻は日没後の19:30ごろ、スチルではノイズまみれになってしまうので、こちらも動画でご鑑賞ください。

イメージ 1
(天売港)

ウトウの観察地からは、利尻島がキレイに遠望できた。
イメージ 2
イメージ 3


ウトウの巣穴。この中には抱卵中のペアの片割れが入っている。そしてもう片割れは、日没後に帰巣するわけである(日中は海上で採餌)。
イメージ 4


そして真っ暗闇になる間近、ウトウの大群が弾丸のように巣穴へとハードランディングする。


こちらは傾斜の緩いポイントでの帰巣行動。一直線に我が家に突入するのではなく、周囲の安全を確認してからの帰巣となるようだ。
イメージ 5
イメージ 6イメージ 7

こちらからご鑑賞ください





探鳥日:2019/4/27(土〜28(日)
探鳥地:羽幌町
天候:晴れ
撮影機材:PENTAX K-1(upgraded),KP,11-18mmF2.8,70-200mmF2.8



開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全281ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事