臆崖道の山日記

何かこのブログも閉鎖されるみたいですねw

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ナルナチ(前)

あずまやから9時過ぎと、随分と遅い時刻に出発。だって隣県だけど、めっちゃ遠いんだもん。
イメージ 1


一ノ滝までは遊歩道が利用できるので楽ちん。
イメージ 2イメージ 3


一ノ滝の落ち口には右岸高巻き、左斜上から右へと一度折り返すが、テープがあって助かった。
イメージ 4


有名な二ノ滝50mがドーンと出現するが、滝前へ出るには大岩で阻まれておるため、ちょっと工夫が必要。
イメージ 5イメージ 6
イメージ 21


二ノ滝は登攀できるらしいが、泊装備ではその選択は無く、巻きは左岸から荒れた杣道を利用。
巻き上がってからほどなく三ノ滝前に到着するが、この滝壺である淵で、釣りを楽しんでいる先客がいた。なので滝前からの撮影は封印し、一礼して左岸リッジの歩道(?)を登っていく。
イメージ 7


三ノ滝はL18m×H50mのナメ滝。下部は寝ているが、中ほどからは立ってくる。
イメージ 8イメージ 9
イメージ 10


そして最上段は、取水堰堤となっている(苦笑)。
イメージ 11


三ノ滝上からは、谷名の通りナルい渓相が続く。
イメージ 12


おまけに谷がくねくねと蛇のように屈曲を繰り返すので、これを敬遠して三ノ滝で引き返す日帰りパーティがほとんどのようだ。
イメージ 13


でも水はキレイだし、渓相も悪くない。まあ3時間が退屈と考える人はやめといた方がいいだろうが、今年初めての遡行、しかも泊まりなので、まったりと楽しみましょうか。
イメージ 14イメージ 15
イメージ 16イメージ 17


二俣ca459mの手前に、広くて薪も豊富なテントサイトがあったので、あ〜こりゃこりゃ♪
イメージ 18イメージ 19
イメージ 20


(後編につづく)








全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事