臆崖道の山日記

何かこのブログも閉鎖されるみたいですねw

関西の山々

[ リスト | 詳細 ]

近畿2府4県+三重県の山の記録です
記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ナルナチ(後)

翌朝も遅めの7時出発。しかしよー寝たw
イメージ 1


もちろん右俣に入る。左俣なら遡行する価値はない(?)。しばらく進むと噂の巨岩帯が出てくる。
イメージ 2


この辺りはまだマシというか、少し迂回すれば何とかなるような感じのところ。
イメージ 3


しかし行けども巻けども、巨岩帯はまだ続く。谷はどんどんと広がっていく傾向だが、その広がった分だけ巨岩も多くなり、その大きさも尋常でない。基本的に右岸巻きだと聞いていたので、どうせなら大巻きしてイッキにこの巨岩帯を巻いてしまおうと横着なことを企てたのだが、これが失敗。高く巻いても通せんぼする巨岩からは逃れることはできず、結局谷芯まで戻らされてしまった。
イメージ 4


やはり巨岩の隙間というか、弱点を見極めながら丁寧に?通過しなければならないようだ。ここで体力と時間(1時間ぐらい)を消耗する。正直、巨岩帯のエンドが目視で確認することができなかったので、かなり萎えかけていたのだが、最後の大岩を這いあがると、いきなりこの光景が目に飛び込んできた。
思わず「抜けた!!」と叫んでしまった。
イメージ 5


とは言え、ここからは第2ゴルジュの連瀑帯の始まり始まり〜でもある。んで、このトユ状8m滝の突破は、左岸の際どいトラバースは危険すぎる。なのでweb情報から仕入れた左岸の溝状を登攀する選択をするのだが、そのためにはこの釜を泳がなくてはならない。いくら温暖な南紀エリアでもまだ5月、冷たいというか痛い水温に10秒だけ耐えて、溝状に取り付く。
溝状を登ってから、ロープを出して滝の上部へ懸垂下降。だがまだその上にも滝が続いており、ここからは右岸の斜面をトラバース気味に巻いていくが、ここも1ピッチ切った。すると次のスラブ滝が見えてきたので、一旦沢に降りて撮影し、また左岸を巻いた。
イメージ 6


ここからはナメ出現。
イメージ 7イメージ 8


いくつかのナメを気持ちよくチャプチャプしたら、また南紀らしいスラブ滝10m。これは右下の大岩の手前からコンパクトに巻ける。
イメージ 9


このナメ滝は直登した。
イメージ 10


お次が左岸の枝沢が滝となって合わさる15m滝。
イメージ 11
イメージ 12


これは右岸リッジからの巻きだが、落ち口近くへの下降となるので、大事をとってプチ懸垂(しなくても大丈夫なレベルだが)。降りたところのすぐ上が、傾斜の緩いナメ滝5mでもう直登しても大丈夫だろう。
イメージ 13


そしてまたナメ天国。
イメージ 14
イメージ 15イメージ 16


11:15、奥の二俣で遡行終了。やはり巨岩帯でルートどりに失敗してしまったのと、連瀑帯の最初で何回かロープを出したことが時間を食ってしまった原因だろう。
ここからは杣道(古道?)を頼りにしていたのだが、この指標から少し辿ったところで不明瞭となったため、谷を完全に離れ、植林帯の急斜面を激登りして林道跡地へと出た。
イメージ 17イメージ 18
イメージ 19イメージ 20


んで通常ならば、ここから左俣谷を下降してからヤヤこしい下山ルートをとるのが常套手段なのだが、メンドくさがりの我々は熊野古道(大雲取越)を使うことにする。
イメージ 21


ということで距離はあるものの、抜群に歩きやすい安全安心なルートで那智山へと降りてきた。
イメージ 22イメージ 23
イメージ 24


あとは山(沢)旅から、観光旅行へと変身(笑)。今回は着替えを担いできているので、ちゃんと着替えましたわよ。
イメージ 25イメージ 26
イメージ 27イメージ 28


久しぶりに高田川水系の沢を遡行したが、このN谷が最もキレイな水の色に見えた。他では田川水系のO谷下部もそうだったことを覚えている。






山行日:2019/5/25(土)〜26(日)
形態:ペア
天候:1日目=快晴,2日目=晴れ時々曇り
撮影機材:PENTAX KP,11-18mmF2.8,20-40mmF2.8-4,OLYMPUS TG-4

ナルナチ(前)

あずまやから9時過ぎと、随分と遅い時刻に出発。だって隣県だけど、めっちゃ遠いんだもん。
イメージ 1


一ノ滝までは遊歩道が利用できるので楽ちん。
イメージ 2イメージ 3


一ノ滝の落ち口には右岸高巻き、左斜上から右へと一度折り返すが、テープがあって助かった。
イメージ 4


有名な二ノ滝50mがドーンと出現するが、滝前へ出るには大岩で阻まれておるため、ちょっと工夫が必要。
イメージ 5イメージ 6
イメージ 21


二ノ滝は登攀できるらしいが、泊装備ではその選択は無く、巻きは左岸から荒れた杣道を利用。
巻き上がってからほどなく三ノ滝前に到着するが、この滝壺である淵で、釣りを楽しんでいる先客がいた。なので滝前からの撮影は封印し、一礼して左岸リッジの歩道(?)を登っていく。
イメージ 7


三ノ滝はL18m×H50mのナメ滝。下部は寝ているが、中ほどからは立ってくる。
イメージ 8イメージ 9
イメージ 10


そして最上段は、取水堰堤となっている(苦笑)。
イメージ 11


三ノ滝上からは、谷名の通りナルい渓相が続く。
イメージ 12


おまけに谷がくねくねと蛇のように屈曲を繰り返すので、これを敬遠して三ノ滝で引き返す日帰りパーティがほとんどのようだ。
イメージ 13


でも水はキレイだし、渓相も悪くない。まあ3時間が退屈と考える人はやめといた方がいいだろうが、今年初めての遡行、しかも泊まりなので、まったりと楽しみましょうか。
イメージ 14イメージ 15
イメージ 16イメージ 17


二俣ca459mの手前に、広くて薪も豊富なテントサイトがあったので、あ〜こりゃこりゃ♪
イメージ 18イメージ 19
イメージ 20


(後編につづく)








ゲンジボタル乱舞

今夜は趣向を変えてゲンジボタルを撮りに行った。
ポイントをいろいろ変えて物色したが、結局は最初に目星を付けていた県道沿いの地点に収まった。幹線道路沿いなので、クルマのヘッドライトが邪魔になるのは仕方ないが・・・
イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4


表現者である見である故、私は被写体や表現方法の芸域を広げようと、いや広げる必要はあると考えている。もちろんネイチャーフォトの範囲内のことであり、ポートレートや建造物に手を出すつもりはないが、その範疇内でもいろいろと方法や手段があるはずだ。
その一つとしてタイムラプス動画は面白いというか、有効な表現方法だと思う。
全画面モードでご覧になられる方は→こちら




撮影日:2018/6/24(日)
撮影地:御杖村
天候:曇り時々晴れ
撮影機材:PENTAX K-1,KP,70-200mmF2.8,samyang14mmF2.8,samyang24mmF1.4

樹に活力をいただく

京都北山へ芦生杉を鑑賞しに行った。躍動感をいただけるようなダイナミックな伏状台杉群に感動した。
中にはまるで馬のような個体、人面としか思えないような個体もあって、とても貴重な山行となった。
イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4
イメージ 5





山行日:2017/11/11(土)
形態:19名
天候:曇り一時雨
撮影機材:PENTAX k-3II,10-17mmF3.5-4.5fisheye,16-85mmF3.5-5.6
9/10は7/16に遡行した川の本流をパンダさんと、Iさん、そしてMさんと遡行。
イメージ 1イメージ 2イメージ 3
イメージ 4イメージ 5イメージ 6
イメージ 7イメージ 8イメージ 9
イメージ 10イメージ 11
イメージ 12




山行日:2017/9/10(日)
形態:4名
天候:晴れ時々曇り
撮影機材:PENTAX k-3II,12-24mmF4,16-85mmF3.5-5.6

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事