臆崖道の山日記

そろそろタイトル名を変えるべきか・・・

探鳥

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

シギチの雄大な群れ

5/12は櫛田川の河口にて、シギチの渡りを観察した。
まずはシギチではないが、オオヨシキリ。皆さんの近所でも騒いでいる野鳥だが、ヨシ(葦)の中で生活しているため、コンクリ止まりの姿は珍しいかも。
イメージ 3


ハマシギがたくさんやってきた。多くの野鳥は冬羽はジミだが、それはシギチも多分に漏れず。だから夏羽となる春の渡りは特に見ていて楽しい。
夏羽のハマシギは背面の褐色と、腹面の黒とのコントラストが特徴だ。
イメージ 1イメージ 2イメージ 4
イメージ 5
(大きくて黒い頭とニンジンみたいな嘴なのはミヤコドリ)


ハマシギより二回り以上大きいムナグロがやってきて、仲間同士でちょっかいを出している。
イメージ 6イメージ 7
イメージ 8


上の画のムナグロの手前の小さな(左向きの)個体はハマシギではなく、メダイチドリ(さらに手前で後向きになっているのは後述するトウネン)。上面の褐色が美しいチドリだ。
イメージ 9
イメージ 10


こちらはシロチドリ。千鳥足ではなく、ものすごい速さでダッシュして歩き回る。まあその姿がカワイイんだけど。
イメージ 11


コチドリは黄色のアイリングが目印だ。
イメージ 12


再び浜辺に視線を移そう。ちょっと遠いが、オオソリハシシギが群れで入っていた。
イメージ 13イメージ 14


こちらは「大」が付かない、無印のソリハシシギ。ソリハシとは、嘴が上向きに反っているということ。
イメージ 15


これはトウネン。スズメぐらいの大きさ(L=15cm)で、非常に小さいシギだ。ちなみにハマシギやチドリ類は、大体21cmぐらいある。
イメージ 16


キアシシギは、まあ珍しくも何ともないレベルかな。
イメージ 17


チュウシャクシギは大きさもそうだが、存在感はバリバリある。
イメージ 18イメージ 19
イメージ 20


どうだろう。1日でこれだけの種類と数を観察できるというのは、非常に恵まれた場所かもしれない。
イメージ 21







探鳥日:2019/5/12(日)
探鳥地:松阪市
天候:快晴
撮影機材:PENTAX KP,150-450mmF4.5-5.6



開く コメント(0)

お城の春の渡り・総括

4/5の探鳥記事を皮切りに、足繁くお城に通った。
センダイムシクイ、エゾムシクイ、メボソムシクイ、ヤブサメ、オオルリ、キビタキ、コサメビタキ、クロツグミ、マミジロなどなど、多くの夏鳥を出逢うことができた。
イメージ 1イメージ 2イメージ 3
イメージ 4イメージ 5イメージ 6
イメージ 7イメージ 8
イメージ 9イメージ 10イメージ 11イメージ 12
イメージ 13
イメージ 15イメージ 14
イメージ 16イメージ 17
(2段目のシロハラとアトリは冬鳥。ヌートリアは外来種哺乳類)

渡り終盤にはトケン4種を期待したが、今年もダメだった(トケンは難度が高いが)。その代わりに?サンコウチョウが頻繁に出てくれて楽しませてくれた。
イメージ 18イメージ 19
イメージ 20




探鳥日:2019/4/13(土),19(金),23(火),5/8(水),13(月),14(火),18(土)
探鳥地:大阪
撮影機材:PENTAX K-1(upgraded),KP,150-450mmF4.5-5.6



開く コメント(0)

道北をあとに

最終日は宗谷岬でサンピラーを観望した。
イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4イメージ 5


その後は大沼でマガンの群落を探鳥した。4/27早朝に宮島沼で飛び立ちを観察した個体も、もしかしたらこの大沼近くの田園で採餌していたのかもしれない。
イメージ 7イメージ 6
イメージ 8
イメージ 9


ヒドリガモの大群落や、オナガガモの飛翔体もいた。そしてオオハクチョウも。これらももうすぐ、もっと北方へと繁殖のために渡っていくのだろう。
イメージ 10
イメージ 11イメージ 12
イメージ 13イメージ 14イメージ 15


お次はサロベツ原野などを訪れたが、強風のためお目当てのオオジシギをはじめ野鳥は出てきてくれなかった。
最後は石狩新川河口に立ち寄ったが、これまたお目当てのシギチは皆無。ホオアカの囀りがせめてもの救いだった。
イメージ 16イメージ 17イメージ 18
イメージ 19イメージ 20
イメージ 21イメージ 22


(道北シリーズはこれにて了、大自然を堪能できた好い長期休暇であった)



探鳥日:2019/5/5(日)
探鳥地:稚内市,豊浦町,石狩市
天候:晴れ
撮影機材:PENTAX K-1(upgraded),KP,28-105mmF3.5-5.6,150-450mmF4.5-5.6



開く コメント(0)

とりとり大作戦

こんなんもいた。著しくピンボケで申し訳ないが。
イメージ 1イメージ 2イメージ 3
イメージ 4イメージ 5
イメージ 6イメージ 7イメージ 8




探鳥日:2019/5/3(金)
探鳥地:利尻富士町
天候:晴れ
撮影機材:PENTAX KP,150-450mmF4.5-5.6




開く コメント(0)

着島した晩から雨が降り続き、翌日5/2もまとまった雨となった。宿の近くの路上では、タカブシギが濡れそぼっていた。
イメージ 1


ヒガラは雨降りでも元気だ。
イメージ 2イメージ 3


ベニマシコ♂もこんな天気なのに、ヒポヒポ囀っていた。
イメージ 4


次の日は冬型の気圧配置になって、山上では荒れていたようだが、下界ではそこそこの日和となったので、島内を反時計回りに一周した。
前述したが、ノゴマはスズメよりもずっと多く見かける。
イメージ 5イメージ 6


開けた海岸ではフツーのヒバリも居たが、やはりノビタキに遭えることが嬉しい。
イメージ 7イメージ 8
イメージ 9イメージ 10


もちろんコマドリも。この画像は、宿から数百メートル離れた小途でまさに「朝飯前」に撮影したものだが、それぐらいの手軽さでコマドリを感じることができる。贅沢な場所だ。
イメージ 11イメージ 12
イメージ 13


利尻富士がレンズ雲を被っている。この雲の中では大荒れだろう。
イメージ 14
イメージ 15


いわゆる珍鳥の類には出逢えなかったが(5/4にはマダラチュウヒ♂が出たらしいが)、島の片鱗を知るには好い半日だった。
イメージ 16イメージ 17イメージ 18
イメージ 19イメージ 20
イメージ 21イメージ 22
イメージ 23イメージ 24イメージ 25
イメージ 26イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29イメージ 30
イメージ 31イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34イメージ 35



探鳥日:2019/5/2(木)〜5/3(金)
探鳥地:利尻富士町,利尻町
天候:1日目=雨,2日目=曇り時々晴れ
撮影機材:PENTAX K-1(upgraded),KP,28-105mmF3.5-5.6,150-450mmF4.5-5.6

開く コメント(4)

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事