zenちゃんのブログ

あちこち歩き回ってデジカメ写真を撮っては投稿しています。

全体表示

[ リスト ]

大仙公園(堺市)

2017.5.14
土曜日の13日の予定が、雨天順延。少々暑くなってきた快晴の一日。
仁徳天皇陵で有名な大仙公園へ行きました。
この付近は古墳めぐりで何度か歩いています。その時の報告の一つがここにありますのでご参照下さい。

今回のコース 
  JR上野芝駅〜履中天皇陵古墳〜大仙公園日本庭園〜堺市博物館〜仁徳天皇陵古墳〜JR三国ヶ丘駅

JR上野芝駅から府道34号線を北西方向に歩くとすぐに履中天皇陵の正面に着きます。
上石津ミサンザイ古墳と呼ばれる前方後円墳で第17代履中天皇の陵に治定されています。
全国第3位の規模を誇る巨大古墳です。
イメージ 1

百舌鳥三陵周遊路になっている履中天皇陵の濠の淵を散策しながら北へ歩きます。
イメージ 2

履中天皇陵の北端まで歩いて府道61号線を横断すると大仙公園の一部、平成の森があります。
鳥の声が木々の合間から聞こえて来ます。全壊された履中天皇陵の陪塚とされる円墳の七観山古墳
あった位置に新しく同規模の築山が再現され展望台のような感じになっていました。
イメージ 3

築山に登り反対側に下りて車道を渡ると広大な大仙公園の入口の一つがあり、まず日本庭園に行きました。
造園技術の粋を集めた伝統的な庭園で、総ヒノキ造りの門を抜けると美しい池や渓流、様々な風流な建物、
その時期の花々が咲いています。
正面は中国江西省にある名勝「廬山」を模した築山だそうです。
イメージ 4

築山林泉廻遊式庭園をゆっくり時間をかけて散策しました。
映波橋(えいはきょう)の向こうに印月橋(いんげつきょう)。遠くに傘亭(かさてい)が見えます。
イメージ 5

映波橋・印月橋を渡って
イメージ 6

映波橋から反対には海を見立てた池淵に建つ今スタートした休憩舎。
中世末期に納屋衆(のちに会合衆とも)呼ばれた堺の豪商たちが会合等に利用した集会所を想定して
建てられたものだそうです。
イメージ 7

映波橋(えいはきょう)の上から春燕橋(しゅんえんきょう)の方の眺め。
イメージ 8

上流に石津渓、下流に池泉を望み、新緑の頃には、橋のたもとの柳をかすめて飛ぶ燕が眺められる
といわれるこの春燕橋(しゅんえんきょう)を渡ります。
イメージ 9

春燕橋からの上流の眺め。
イメージ 10

石津渓には花菖蒲がまだ咲き残っていました。
イメージ 11

古代より現在に至るまでの堺の人々の生活と文化を育んでいる石津川を表しています。
この奥の桃源台を源流とし、穏やかな流れや勢いのある流れをつくり、最後は海へと流れ込みます。
イメージ 12

桃源台まで来ました、泉北丘陵をあらわしているそうです。流杯亭(りゅうはいてい)が建っています。
イメージ 13

牡丹の鉢植えは花が終わり、ところどころにいろいろな盆栽や鉢植えが置かれています。
イメージ 14

青苔亭(せいたいてい)までやって来ました。
イメージ 15

青苔亭の側の杜若池(とじゃくち)には花菖蒲が咲いています。よく見ると鉢植えを池に沈めていました。
イメージ 16

この散策路を行けば又、桃源台の方にもどれるようです。
イメージ 17

更に周遊を続けて、庭園を見下ろせる笠亭を通り越して池ぎわの甘泉殿(かんせんでん)と名付けられた
休憩舎に下りてきました。
イメージ 18

ひと回りして休憩舎まで戻ってきました。池には大きな鯉が泳ぎ、鴨も泳いでいます。向こうは甘泉殿。
イメージ 19

日本庭園を出て公園の中心部にある平和塔の近くで昼食にしました。
平和塔は第二次世界大戦で、亡くなった堺の多くの戦死者や、戦没者の方々の霊をなぐさめ、ニ度と
戦争の無ない、平和な世の中であってほしいという願いをこめて建てられたものです。
高さは約60m、地上15階建ての三角柱の建物で、堺市の市章にもあるように、摂津・河内・和泉の
三つの国の国境に栄えた町「堺」というところから三角の塔になっているそうです。
イメージ 20

新緑の綺麗な、木々の間を抜けて博物館へ向かいます。
イメージ 21

堺の歴史と文化を紹介した堺市博物館です。シアターでは百舌鳥古墳群の映像を見たり展示物を見学。
イメージ 22

博物館を見学後、仁徳天皇陵へ行きました。三重の濠に囲まれた御陵の正面です。
大仙古墳と言われ第16代仁徳天皇の陵墓に治定された全国で一番大きな古墳です。
イメージ 23

正面から左へ時計回りに濠の淵を回ってJR三国ヶ丘駅まで歩きました。
御陵の周囲には沢山の陪冢がありますが、これはその一つ銅亀山古墳です。
イメージ 24

途中に立っていた犬養孝筆の万葉歌碑です。仁徳天皇の皇后。磐姫皇后の歌です。
    「ありつつも 君をば待たむ うち靡く 吾が黒髪に 霜の置くまでに」
イメージ 25

一周2.85Kmあるという御陵をほぼ半周して御陵の北端にあたるJR三国ヶ丘駅まで歩いて
今日のハイキングは終了。ゆっくりのんびりの楽々コースでした。
今回の報告はここまでです。
https://outdoor.blogmura.com/walking/img/walking88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事