zenちゃんのブログ

あちこち歩き回ってデジカメ写真を撮っては投稿しています。

全体表示

[ リスト ]

2017.11.11
犬鳴山は、1300余年前に修験道の霊場として役の行者(えんのぎょうじゃ)によって大和大峯山より
6年早く開山されました。麓の温泉街は、従来七宝瀧寺の門前町であったところから犬鳴温泉郷として
今日に至っています。犬鳴渓谷には、大小四十八滝があり、その中で特に有名な7つの滝を金銀等の七宝に
比してここに建つ寺を七宝瀧寺と淳和天皇が命名しまた。
うっそうとした森林と渓谷美で知られるコースをちょうど紅葉の素晴らしい時期に歩いてきました。

今回のコース
  JR日根野駅〜(タクシー)〜犬鳴山バス停〜身代わり不動明王護摩場〜五本松〜高城山〜
  身代わり不動明王護摩場(行者の滝往復)〜犬鳴山バス停〜(バス)〜JR熊取駅

高城山、五本松、和泉葛城山の方へ行く石段まで来ました。真っ直ぐに不動さんが立つ護摩場へ。
イメージ 1

分岐からすぐ、巨大な身代わり不動明王を中央に左に弘法大師像、右に役の行者像が立つ護摩場に到着。
鐘楼もあります。ここで一息入れて先ほどの石段から五本松を目指します。
イメージ 2

石段を登りきると舗装された道路に出ます。この道は広くないけれど車でも五本松へは行けます。
イメージ 3

紅葉真っ盛りの舗装道路を歩いて行きます。
イメージ 4

いつも登る高城山への登山口を通り過ぎると犬鳴隊道。
イメージ 5

稀に車に出合いますがほぼ遊歩道のような感じで登り続けます。
イメージ 6

何回か犬鳴川に架かる橋を渡ります。
イメージ 7

標高365m位まで登ってきたようです。緩やかな登りの続く林道犬鳴東手川線です。
イメージ 8

岩肌が剥き出しになった川底を水が流れ、時には滝のように。
イメージ 9

途中植林された林の間を通り460m位まで高度を上げてきました。
林道の竣工記念碑や案内板が建つ分岐に来ました。
イメージ 10

車止めがされた右側の林道へ入ります。
イメージ 11

直ぐに地道の分岐がありますが、ここは舗装された林道を登ります。
イメージ 12

更に5、6分行くと、山に入る登り口があります。
イメージ 13

手すりの付いた急な石段の登り口です。落ち葉で石段が隠れています。
イメージ 14

やっと山道に入りました。最初は少々、荒れ気味です。
イメージ 15

緩やかな個所もあります。
イメージ 16

通せんぼも。跨いで前進。
イメージ 17

綺麗に石を敷き詰めた急な登りが山道の大部分を占めています。
イメージ 18

舗装された林道に出合います。
イメージ 19

林道に登り付きました。標高600mまで来ました。
イメージ 20

横断して向かいの山道に取り付きます。
イメージ 21

又、林道が見えてきました。
イメージ 22

林道に登り付いて二回目の林道横断です。
イメージ 23

その2の報告はここまでです。
https://outdoor.blogmura.com/walking/img/walking88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事