zenちゃんのブログ

あちこち歩き回ってデジカメ写真を撮っては投稿しています。

全体表示

[ リスト ]

和歌山城6−1 

2018.2.17
生まれ育った和歌山市。いつも遊びまわった和歌山城に行ってきました。
5〜60年前との変わりようを見てみようと今回は隅から隅まで歩いて見ました。
JR和歌山駅(元東和歌山駅)から紀和駅(元和歌山駅)を経由して和歌山市駅まで行って、市駅スタート。
隅々まで見て歩いたため写真も多くなり6回に分けて報告します。

和歌山市駅をスタートします。駅前再開発が始り市駅は養生で覆われています。
イメージ 1

和歌山城まで歩いて行く途中、少し寄り道することにしました。
勝海舟寓居地の石碑です。
文久三年に軍艦奉行勝海舟が紀州藩海岸防衛工事監督のため幕府より和歌山に派遣された時、宿所として
両替商の清水平右衛門邸に滞在したそうです。正確な清水家の場所は50mほど西だったようですが。
その時には門下の坂本龍馬も来たそうです。
イメージ 2

勝海舟寓居地の石碑から少し南の橋丁、駐車場の一角に南方熊楠の胸像がありました。
南方熊楠は慶応3年(1867)に橋丁で生まれ5年後に南隣りの寄合町に移転、少年時代を過ごしました。
イメージ 3

市掘川に架かる寄合橋を渡ります。第5代藩主松平吉宗(後の第8代将軍徳川吉宗)によって、西詰北側に
武士の子弟のための学校(後の紀州藩藩校学習館)が建てられました。
三の丸を通行できない町民にとって、本町と城下南部を結ぶ幹線にある橋でした。
昭和16年に灯火の親柱のある現在の橋が架設されました。正面の白い酒造会社(世界一統)が建つ場所に
学校がありました。南方熊楠はこの会社の創業者の子供です。
イメージ 4

和歌山城の外堀にあたる市掘川です。右手が三の丸。中橋、京橋が架かっています。
今はここで」字に曲がっていますが元は丄字に右の方へ堀が伸びて内堀の西堀につながっていました。
イメージ 5

吹上大門跡付近に建つ「わかやま歴史館」に到着。館内を見学。この辺りには旧市役所が建っていました。
イメージ 6

一の橋、大手門の方からスタートすることに。御橋廊下と天守曲輪が眺められるビューポイントです。
もちろんこんな景色は子供の頃にはありません。
イメージ 7

内堀(北堀)に沿って二の丸跡を眺めながら.大手門の方へ。石垣の出ている所は物見櫓跡です。
北堀は幅が41mあったのが、子供の頃に走っていた路面電車の為、現在の幅25mに埋め立てられました。
イメージ 8

一の橋と大手門です。ここから入ります。橋が新しくなり大手門が再建(昭和55年)されています。
浅野時代の途中で橋を架け、門を設けて大手とし、徳川時代も引き続き門は「市之橋御門」と呼ばれ、
後にに「大手御門」と改められ田ました。築城当初は現在の岡口門の位置に大手門があ利ました。
イメージ 9

大手門の軒丸瓦。この家紋は??? 三ツ鍬形紋。 なぜ???? 
イメージ 10

大手門を内側から見ています。後から行く追廻門と同じ高麗門形式です。左の石垣は月見櫓跡。
イメージ 11

大手門を入った左手の長く続く雁木です。
イメージ 12

多聞が続いていたそうですが今は無くなっているため東堀を眺められます。昔は蓮が水面を覆っていました。
魚釣りもしました。鮒が釣れました。松並木の堀の淵を和歌祭の行列が通りました。
堀の向こう、200mほど行ったところが実家です。今は土地だけ。
イメージ 13

大手門から正面に広い桝形。右の石垣が太鼓櫓跡です。
写真、左手に亡父が良く行っていた植木、盆栽等の「伏虎園」がありました。堀に降りて行けそう。
イメージ 14

一中門跡。切込み接ぎの石垣。この側でいつも焼き栗を売っているおっちゃんがいました。
イメージ 15

亀甲崩しの手法も見られます。
イメージ 16

一中門跡を過ぎると正面に本丸が乗る石垣が。地元産の緑泥片岩(青石)の野面積み。
野面積みは子供の頃の絶好の遊び場所。左手側面には防空壕跡がありましたが今は石で埋められています。
イメージ 17

その石垣の手前に子供のころ無かった伏虎の像が。
戦前にも虎伏山に因んで伏虎像があったそうですが銅製だった為、第二次大戦中、供出させられたそうです。
イメージ 18

一中門の方を振り返ると先ほどの切込み接ぎの右手の方に打込み接ぎの石垣が連なっています。
イメージ 19

一中門続の南櫓跡に上ります。内側は御蔵の丸、外側は東堀。堀の淵は多聞が巡っていたそうです。
イメージ 20

南の方へ巽続中櫓跡まで来ました。ここからも石垣が東に出ています。
イメージ 21

多聞から御蔵の丸へは雁木と言われる石段を下ります。
イメージ 22

御蔵の丸の南端のベンチに座って岡中門があった喰違い虎口(左)を眺めながら弁当タイム。
正面は天守閣に続く表坂です。正面の高い石垣は松の丸櫓台。
イメージ 23

6−1の報告はここまでです。
https://outdoor.blogmura.com/walking/img/walking88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ブログ村から訪問しました。和歌山出身で、とても懐かしくて6-6まで一気に拝見させていただきました。私は岡山幼稚園、吹上小学校に通っていました。和歌山城には写生大会などで良く行きました。たぶんzenさんと同年配ではないかと・・・ありがとうございました〜! 削除

2018/6/5(火) 午後 3:34 [ by syokubutuga ] 返信する

顔アイコン

> by syokubutugaさん
子供のころは歴史的なことは何も知らずに遊びまわっていたことに今更ながら驚いています。

2018/6/5(火) 午後 10:04 zenちゃん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事