zenちゃんのブログ

あちこち歩き回ってデジカメ写真を撮っては投稿しています。

全体表示

[ リスト ]

2018.6.16
梅雨の合間の快晴の一日聖徳太子ゆかりの斑鳩の里からあじさい寺の金剛山寺(矢田寺)あじさい園まで
途中、コース最高峰の松尾山(315m)へ登りました。
吉田(きちでん)寺(ぽっくり寺)、松尾寺(日本最古の厄除霊場)、矢田寺(あじさい寺)を拝観し
国見台展望台からは奈良盆地も一望できました。
同じようなコースを6年前に歩いた時の報告がここにあります。ご参考ください。

今日のコース
  JR法隆寺駅〜吉田寺〜(法隆寺)〜松尾寺〜松尾山〜国見台展望台〜矢田寺〜矢田寺バス停
                     矢田寺バス停からはバスに乗車してJR法隆寺駅へ

松尾寺の参拝を終り、松尾山へ登ります。三重塔の左から登って行くとこの切通しに行き着きます。
イメージ 1

三重塔から切通しまでの道はやや荒れた急な登りです。
イメージ 2

切通しを過ぎて右に登ると松尾山の方です。
真っ直ぐ白石畑の方へいく道を丁度、松尾山から下りて来たグループが下りて行くところでした。
イメージ 3

尾根道を歩いて行くと、急に車が1台通れるくらいの道に出ます。まっすぐ登り返すと山頂です。
この道は山頂にあるテレビ送信塔のメンテナンス用道路のようです。
イメージ 4

山頂に建つ鉄塔と送信所。
イメージ 5

裏の方に回り込んでいくと松尾山314.5mの三角点です。
イメージ 6

標高は上がったけれどさっき松尾山神社から眺めたのとよく似た光景です。
イメージ 7

反対側へ下ります。この道もやや荒れ気味の道です。
イメージ 8

山頂まで少し遠回りをしただけで、5分ほどで松尾寺から矢田寺へのハイキングコースに戻ります。
イメージ 9

国見台展望台への途中、ハッチョウトンボが見られるという松尾湿原への入口がありました。
イメージ 10

国見台展望台で小休止。大和盆地が一望できます。遠くには大和青垣。若草山、高円山から龍王山、
纏向山、三輪山。右手の方には藤原京の大和三山。奈良、大和郡山、天理、桜井、橿原のまちまち。
イメージ 11

展望台から少し進むと右手に矢田寺へ下る道があります。
イメージ 12

やや湿っぽい階段道を降りて行きます。
イメージ 13

木製の僧坊谷橋を渡ります。
イメージ 14

竹林が現れました。竹林の中をかなり歩きます。急に開けて駐車場が現れ、家並みに入ります。
イメージ 15

家並みに入ればすぐ、矢田寺です。日本最古の延命地蔵菩薩を本尊としています。
イメージ 16

境内を散策。今は紫陽花の季節です。
イメージ 17

あちこちにいろとりどりのアジサイが咲き誇っていました。
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

味噌なめ地蔵。作った味噌を口に塗るとそのお味噌がおいしくなると言われています。
イメージ 21

あじさい園が開催されていたので一周しました。
イメージ 22

イメージ 23

バスの時間に合わせて長い石段の表参道を下ります。途中参道から少し離れてに立っていた見返り地蔵。
錫杖を持たない矢田型地蔵です。背を向けているため参道からは拝顔できません。
イメージ 24

矢田寺を後にバス停まで少々歩きます。途中に立つ江戸時代前期の儒学者、熊沢蕃山遺址。
今回の散策にはあまり関係ありませんが解説を記載しておきます。
16歳で岡山藩主池田光政に仕え、その信任を得て藩政に深く寄与しますが、名声があがる一方、
その思想を危険視する流言も多く、幕命により明石藩主松平信之に預けられました。
延宝7年(1679)、信之が郡山に移封になったのに従いこの矢田山麓の地に移り住みました。
貞享2年(1685)、信之は下総国古河に転じ、代わって宇都宮から本多忠平が郡山に入りました。
蕃山は引き続き郡山に住んでいましたが、幕府はこれを認めず、貞享4年(1687)、古河に移され、
元禄4年(1691)73歳で亡くなりました。
蕃山の郡山在住は9年間でしたが、その名声を聞き、教えを請う者が後を絶たず、郡山藩の文教の発展に
大きな影響を与えました。
イメージ 25

バスでJR法隆寺駅まで戻りました。後半の報告はここまでです。
https://outdoor.blogmura.com/walking/img/walking88_31.gif
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事