ランニング関西編集-山鹿ニュース:山中鹿次のブログ-2月15日号 おきなわマラソン、熊本城マラソン、北九州マラソン、高知竜馬マラソン、泉州国際市民マラソン、京都マラソン対策

 おきなわマラソン対策

 まずまずの条件。気温が20c程度だがおおむね曇り。北から北東の3から4mほどの風。12kmから中間点あたりが向かい風になるが、気温を考えると風よけで集団に入るか、ポツンと走るかは好み次第で。
25kmから29kmにかけての起伏で頑張りすぎず、32kmのやや上りからしっかり走る意識で。

 熊本、北九州、高知、泉州、京都の共通の対策

 高知が最高気温が13C程度とやや高いが、他は10c前後で西風が共通している。走り出して2時間程度
は快適に走れるが、待機時間と後半歩きだした時の寒さ対策に、手袋とアームウオーマーを忘れず、帽子もかぶる
ほうがいい。

 北九州マラソン対策。西風がやや強い。門司港からゴールへは向かい風。訳10kmちょっと向かい風を受ける。
したがって手袋は捨ててはいけないし、向かい風になってから距離的には余力を振り絞ることになるが、風がかなり吹いた場合は、残り5kmくらいの門司駅あたりからの余力の振り絞りを意識すること。
 熊本城マラソン対策。温度差がもっともはげしい。他大会に比べても温度差が大きい。そのため手袋を二タイプ用意し、重ねて待機時間ははめてもいい。
 おおむね平坦だが跨線橋で力を使い切らない。32kmの跨線橋まではイーブンペース。それと17kmから27kmは向かい風気味なので、あまり前に出ない。32kmからゴールまでカウントダウンイメージで力を出し切る。
 高知竜馬マラソン。おおむね平坦な中で、20kmから中間の浦戸大橋、40kmからゴールが急坂である。
40kmからは余力を出し切るしかないが、大橋の下りでペースを上げすぎないこと。また仁淀川付近で折り返し、高知湾沿いを東に向かうころから、じわじわ頑張るイメージで。
 泉州国際市民マラソン。前半のオーバーペース注意。貝塚付近から横風の影響を受けやすい。マリンブリッジの4階の大きな起伏を考え、残り10kっまではイーブンペース。ブリッジの後半からゴールで余力を出し切る。
 京都マラソン対策。7kmまで向かい風だが、周りにランナーが多く、あまり影響はない。22kmから27kmが向かい風なので、あまり前に出ない。
 鴨川の河川敷は土の路面のカ所があり、速度が約5パーセント減速されるので、ラップが落ちても気にしないこと。京都市役所あたりから余力をじわじわ出すが、36kmから40kmは上りになるので、腕をしっかり振り、きちんと余力を出し切ること。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


ブログリンク

更新

未登録です


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事