無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

  日差しと温度差に注意

 コースはほぼ平坦で犀川の堤防に上る橋の起伏で無理な加速をする以外は、特に注意すべき
ポイントはないが、コースの方向が変わるカ所での接触や転倒注意。
 あとは混雑が続く間も無理に追い抜かず、混雑が解消されてきたとたん
急激にペースアップし、遅れを取り返そうは避けること。
 今回は風が弱く、風が吹き出すのは午後1時ころから北東の風で、終盤に斜め追い風のため、
風よけは意識しなくていい.
 まず日差しが強いので帽子を忘れず。朝は冷え込むのでそれにあわせて着込むと、後半の
温度上昇に苦しむ。待機時間の寒さは手袋とアームウオーマーでしのぎ、走り出して暖かく
なりだせば外せばいい。
 基本30kmくらいまではイーブンペースで行き、余力を残り12,195kmの中でじわじわ振り絞り、
残り2kmくらいからはガンガン行くイメージで
  さが桜マラソン対策 おおむねいい条件。でも温度差に注意

 平均すると良好な条件である。ただ朝は待機時間は冷え込み、正午ころは気温が高めなので、手袋とアームウオーマーをしておいて、走り出して暑く感じたら外す心構えで。なおほぼ曇らないので、帽子をするほうがいい。

 一度南下し、佐賀中心部を回り北上する時は多少向かい風だが、周囲にランナーが途切れないので、風よけするほどではない。
 23km付近の吉野ケ里遺跡あたりからは、多少西風の影響を受ける。ポツンと一人で走らず、周囲のランナーが
極端にペースを落とすのでなければ、うまく風よけして、逆に暑さを感じる30kmの変則的な折り返しころからは、これ以上ペースを落とさないのような意識で、じわじわと前に出る。
 田布施川沿いの橋の起伏を過ぎると、追い風で緩い下りである。ここからはどんどんと追い抜く意識で、ゴールに
向けて余力を振り絞る
 温度差以外はおおむねいい条件

 平均した気温は良好である。ただスタート段階の寒さしのぎに手袋と、ランシャツや半袖の人はアームウオーマーを忘れず、日陰が両コースともにほぼなく、晴天がレース中ほぼ続くので、帽子も極力かぶること。
 
 板橋CITYマラソン対策

 強風ではないのが助かるが、さりとて風の影響は無視できない。後半歩きだした時に、寒さを感じない
ために、手袋は途中で捨てないこと。河川敷のコースで混雑が徐々に取れてくるが、急激にペースアップせず、淡々と30kmくらいまで行くこと。
 千住新橋あたりから「これ以上ペースを落とさない」気持ち。新荒川大橋あたりの残り5kmくらいからは、余力を振り絞る気持ちで挑むこと。

 とくしまマラソン対策

 後半の気温上昇に注意。スタートとゴールが異なるので、待機時間が長く、前半がどちらかというと、追い風のため、暑いほどではないが体感温度があがる。そこで最初は手袋をしておいて、気温が上がりだしたら手袋を外す。
 吉野川の北岸から南岸に渡るころから、追い風気味になるが、温度があがるのでペースを急にあげない。
 橋の周囲がほぼ平坦な中で起伏だが、西城大橋の起伏の下りで飛ばしすぎないこと。
 イーブンペースを刻む中で、吉野川第10堰を横に見るあたりから、なるだけペースを落とさないことを
意識し、残り5kmくらいから余力を振り絞ること。
 名古屋ウイメンズ対策

 午前中のエリートが主にゴールに到着する時間は、気象条件は申し分ない条件である。ただ午後になると雨がぱらつきはじめ、風がいつもと違い、折り返し以降が追い風ではなく、多少向かい風になることも加え、以下のことに注意を。
 まず待機時間の寒さ対策も兼ね、腕や太ももなどに、ワセリンを刷り込んでおき、5時間から6時間かかると思われる方は、ウエアーやシューズにあらかじめ、防水スプレーを振りかけておく。帽子をかぶっておくこと。当然ゴミ袋ポンチョをタイツのわきに挟むなどして、雨が降り出せば着れる用意を。
 なお午後は風が南風や東風になるので、いつもと異なり、折り返して追い風とならないので、イーブンペースを心かけつつ、余力を振り絞る意識を心掛けるのも、29kmの折り返しではなく、名古屋城や中日新聞本社の起伏を終えてからのほうが無難である。

 古河はなももマラソン

 雨の降りだしは遅いので、雨対策は特に意識しなくていいが、一方でスタート頃とゴール頃の温度差が激しいので、着脱できる帽子、手袋、アームウオーマーを忘れず。平坦コースで記録を狙いやすいが、だからといって混雑が取れてから急にペースを上げず、30kmの折り返しからこれ以上ペースを落とさない意識、36kmあたりの次の折り返しから、余力を振り絞る意識で臨んでほしい
 雨は降る可能性があるが気温は適温。

 鹿児島は雨が降るが途中で止む。篠山と淀川寛平はレース開始頃から降るが、終盤のほうが
降りやすい。東京は降っても6時間ランナーのゴール頃。降っても氷雨にはならないのが幸いである。

 鹿児島マラソン対策

 スタート頃は雨が降っている可能性が高く、途中で止んでくる。着込むというより、ごみ袋の簡易ポンチョ
と帽子、靴に防水スプレー、雨が肌に当たるカ所にワセリンを刷り込む。
 前半は向かい風のため、あまり前に出ず、海岸線で起伏の場所では無理に頑張らない。
折り返し以後は集団に囲まれないようにし、後半歩くような足取りなら、簡易ポンチョを捨てず、
走り切れるなら、雨がやんでいればポンチョを捨てる対応を。残り10kmくらいからはじわじわ
上げるイメージだが、市街地に入る前のトンネルを過ぎてから余力を振り絞ること。

 篠山マラソン対策。
夕方に近いほど雨にあいやすい。3時間くらいでゴールするランナーなら、帽子と手袋、アームウオーマー
に肌にワセリンを刷り込むくらいでいいが、それ以上かかるランナーはゴミ袋ポンチョの用意を。
30km付近の折り返しまでは、小刻みな起伏の下りで加速せず、折り返し以後じわじわ余力を出し、
車塚古墳の横くらいから全力を振り絞るイメージで。

 淀川寛平マラソン対策
 こちらも夕方に近いほど雨が降りやすい。こちらも3時間以上かかるランナーは簡易ゴミ袋ポンチョや
帽子を忘れずに。葛葉の第一折り返しから毛馬の第二折り返しまで追い風気味。ここで飛ばしすぎず、
向かい風になってからの余力をある程度温存。
 鳥飼大橋付近からゴールまで余力を出し切るイメージで。

 東京マラソン対策。
 エリートランナーには絶好の条件。ただ市民ランナーには待機時間の寒さ対策は課題なので、手袋や
アームウオーマー、簡易ポンチョは忘れずに。混雑のロスを取り返すため、10kmくらいから浅草にかけてでペースを上げすぎない。30kmくらいからじわじわ行き、35km過ぎからガンガン行くイメージ。
 給水で無理に一番前のテーブルに取りに行き転倒や、けいれんして立ち止まりで接触転倒などに
注意してほしい。
 

 

全167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事