クワガタはじめました。

2015年よりオオクワガタ飼育をはじめました。飼育記録などを中心に書いていきたいと思いますのでアドバイス等宜しくお願いします。
皆さま、こんばんは。

今日は家族で和歌山県の玉川へ子供を連れて川遊びに行ってきました。次男(11ヶ月)ははじめての川です。レジャーシートの上に置いてるとウロウロして目が離せないので浮輪に乗せて紐で繋いでおきましたw


イメージ 1


イメージ 4




さて本題です。
毎年盛大に開催されてますかっつさんのプレ企画にて雅パパさん協賛の久留米産オオクワガタペアに当選させて頂き、本日着弾しました。


イメージ 2



イメージ 3



写真撮るのって難しいですよね。
元気よすぎてなかなか静止してくれないですし、皆さまのブログにアップされてるような写りになりません。
幅もあり画像よりも顎が長くとてもカッコイイのですが携帯のカメラが残念ですね(>_<)


しかし雅パパさんが育てたチョネさんの久留米なのできっとカッコイイ子孫を残してくれるはずです!


この度は盛大なプレ企画に参加&当選させて頂きましたかっつさん、ご協賛頂いた雅パパさん、ありがとうございました!

この記事に

開く コメント(18)

イメージ通りです

皆さま、こんばんは。

もうすっかり真夏日ですね。家の近くでは今年初のセミの鳴き声が聞こえておりました。僕の住む大阪では8〜9割がクマゼミですが関東のほうではアブラゼミばかりだとゆう記事を昔読んだような記憶があります。不思議ですね。


さて、前回の記事にさせて頂いた例のガタガタワインセラーですがなんとか納得いくものに仕上がりました。


ビフォー

イメージ 1



アフター

イメージ 2



100均のスノコの両端2センチほどカットして差し込んだだけですが無事に改善することができました!


アドバイスを下さった皆さま、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
雅パパさんにおかれましては私信にて写真付きアドバイスまで頂いたのですが我が家のセラーとはサイズが合わなくあえなく断念となってしまいました。
雅パパさん、その節はありがとうございました。


記事にするほどの内容ではありませんが今後ワインセラーを新規導入される方の為にと思いお礼かたがた投稿させてもらいました。実際僕は真剣に悩みました笑


最後になりますが成虫のエサ交換をしていると我が家最大の86B(羽パカ)が★になっておりました…

イメージ 3


来期に種親として使いたかったのですがやはり不全個体は長生きできないものですね。

この記事に

開く コメント(22)

イメージと違いました

皆さま、こんばんは。

ここ数日で一気に暑くなりましたが暑くなる前に期待の幼虫たちの夏場の温度管理にと先月に中古ワインセラーを購入しました。


イメージ 1



よく冷えます!地元の掲示板ジモティーにて近所のおっちゃんに3000円で譲ってもらいました。


安い!のか???


まぁ金額はいいとしてさっそく逆サーモ繋いで菌糸瓶を並べて並べて…


イメージ 2





????




( ゚д゚)?




ガタガタですが??

この記事に

開く コメント(18)

ぽち

皆さまこんばんは。

今期はペアリングできる種親がいないままペアリング時期に突入してしまい焦っていたのですが、考えた結果今期は幼虫での補強でいくことに決めました。

そして先日ヤフオクにて絶煩のSEEDさんより能勢YG初2令幼虫6匹を購入させて頂き、本日我が家に到着しました!

イメージ 2


丁寧に梱包して頂いてたのですが興奮のあまり撮影しておりませんw

種親♂ 86.1

種親♀ 53早期

証明書もつけて頂きました。

イメージ 1


元親の証明書の写しまで頂いたのですが今までここまできっちり管理された血統を飼育したことがなかったので把握するまでに時間が(^^;)

みんなとても元気です!

イメージ 3


一回り以上小さな初令です。

イメージ 4


早速菌糸瓶へGO!!
またあう日までしばしのお別れです、大きくなれよ〜( ^_^)/~~~

イメージ 5


投入してから思ったのですが温度合わせるのに同じ環境で何日か置いたほうがよかったのでしょうか??素人ブリードなところは血統の力でカバーできる??我が家の使用菌糸はYGに合う??

YGの飼育は初で期待と不安でいっぱいですが少しでも種親のサイズに近づけるように頑張りたいと思います!

SEEDさん、この度はこのような優良血統を譲って頂きありがとうございました。

この記事に

開く コメント(12)

ホワイトアイ割り出し

皆さま、こんにちは。

暑い日が続いておりますが本日、僕が住んでる大阪では最高気温30度の予報です。冷却設備のない我が家のクワガタ達にはきびしい季節になってきました。

まずは先月半ばに産卵セットに投入したホワイトアイの割り出しです。

材はよく齧られているので爆産の予感?!

イメージ 1


マイナスドライバーを使ってパキパキ…メキメキ…

一度経験してるので去年よりも順調に材を割っていくと

さてさて結果は?

イメージ 2



なんと…


見事にボウズでした!


再ペアリングでなんとか産んでもらいたいです。



そして前回の27グラムの左右非対称の蛹ですがやはりぱっかーんとやられました。

そろそろ固まってきたので裏から撮影

イメージ 3


サイズはそこそこでしたので残念です。

これで2016年度の幼虫はほぼ成虫になりましまが最大が78ミリ、産卵セットからの飼育1年目の目標である80ミリオーバーは達成できませんでした。。

17年度は83ミリ完品羽化を目標に…と言いたいところですが即ブリードできる種親が我が家にはいませんでした笑

この記事に

開く コメント(12)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事