ここから本文です
善光寺マニアのブログ〜青春の瞬き〜
時よ止まれ 何ひとつ変わってはならないのさ まさに今、僕ら目指していた場所に辿り着いたんだ

ただ今花見中

角館の桧木内川堤に来ています。
ほぼ満開です!
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

昨日のことですが毎年高齢SRC男鹿半島ツーリングに行って参りました。
天気はいいハズだったんですが、ヒジョーに寒く雲行きも大変怪しい天気に変わってしまいました。
ただ天気は回復傾向のようで、それだけが心の支え。
路面も濡れています。
イメージ 1


今回の参加は15台。
集合場所のコンビニ付近は雨が降った様子もなく路面も乾いていました。
天気回復の淡い期待もちょっと湧いてきて、AM6時40分くらいにスタートしました。
イメージ 2


駄菓子菓子・・気温7度。
走り始めて間もなく風が強まり、お空の上から出玉大解放の盛大な雨
イメージ 3
あーカッパ持って来てないんだよね〜



みんなはカッパ着てるw
イメージ 4


雨は上がったものの寒風は変わらず。
第一休憩ポイント日東道西目PAに到着。
Nabe-XさんのWR250X、ライトにひとひらの桜が・・
イメージ 5

アグスタにもひとひらの桜・・
イメージ 6
たった1枚の桜の花びらに、そこはかとなく春が通り過ぎるのを感じる。
侘び寂びの世界というのか・・ああ、日本人に生まれて良かったw
(※毎年この時期、似たようなフレーズを使用して記事にしています)



会cho-様のZZ-R1100C3は、ここで無事18万キロを達成。
イメージ 7


再スタートし、高速でまた雨。高速下りたあとの道川付近でまた盛大な雨
第2休憩ポイント道の駅秋田港(セリオン)に到着。
イメージ 8
天気はここで晴れに転じ、カッパを脱ぐ者多数。
自分のウェアも多少乾いてきてもう大丈夫。


いつも仲の良いjojontaご夫妻
イメージ 9


このあと、わずかのタイミングで休憩した第3休憩ポイント道の駅天王を省略してすでに走り始めております。
男鹿半島の入り口、お約束の撮影ポイント・大ナマハゲ像。
イメージ 10


今回のルートは、クラブでは10年ぶり?に海岸線を走っていきます。
イメージ 11


ゴジラ岩付近
イメージ 12

イメージ 13


走行(そうこう)しているうちに目的地到着。
イメージ 14


目的地の入道崎駐車場ですが、何だかバイクが沢山(30数台?)いて妙に賑やかですw
祝賀行事で、ハート型にバイクを並べているようです。
イメージ 15


これ、ツーリングクラブ(CSDさん)・カップルの結婚披露パーティーだそうでクラブメンバーが集まって人間アーチを作って祝福中。
おめでたい!
イメージ 16


そしてそのクラブメンバーのひとりに懐かしい顔が・・
自分が担当していた得意先の職人だったIさんと約10年ぶりに再会!
性格が良く、きれいな仕事をするんでみんなから好かれていましたが、確か親父さんの仕事を引き継ぐ形で転職・・そのあとはパッタリ。
しかしここで会うとは思わなかった、っていうかバイクに乗ってるのも知らなかったw
数年前リターンしたそうで、油冷最大排気量のGSX1400に乗ってました。
体格がいいのでこのマシンがとっても似合ってました。
イメージ 17
(ちなみに自分の心の中では、嬉しい気持ちが沸々と湧いていますw)



そして嬉しいと言えば、毎年ここで食べる生ウニ丼!
イメージ 18
画像はボケてますが、味はもう最高っす!
何が楽しみって毎年このウニ丼を食うために来ているようなものです。


さらに嬉しいと言えば・・
食後に付近をたむろしていたところ、またバイクの大集団が現れ・・
現れ出でたブロ友Ruiさん!今シーズン3度目の遭遇。
アグスタに乗ってもらいました。
イメージ 19
お互い団体行動中なので、今回はサラッとバイバイ


ちょうど桜が咲くタイミングなので、ここから大潟村の菜の花ロードに向かいました。
菜の花と桜が長さ11kmに渡って続く観光名所です。
まだ咲き始めでしたが、いい雰囲気です。
イメージ 20


ん?ウェディングドレス??
イメージ 21

ウェディングドレス姿の新婦さんですね。タキシード着た新郎も確認出来ます。
ここもめでたい!
イメージ 22


延々とこの美しい光景が続きます。
イメージ 23


第4休憩ポイント道の駅天王を省略し、第5休憩ポイント秋田国際ダリア園に到着。
後続も次々と到着。
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26



そしてラストの1枚。
再スタート後の由利本荘市内走行中。陽が傾いてきて一層映える鳥海山。
イメージ 27


おわり




オマケ:jojontaXJR号に貼ってある光り輝く「善光寺交通安全ステッカー(旧バージョン)」
t崎くんは今回YZF-R25だったんで善光寺の御守りは積んでいなかったと思う。
yumiさんにも何かしら御守りを渡していたら良かった。
イメージ 28

大丈夫だっただろうか??
YSPかーさんの携帯も見つかったのだろうか??

この記事に

開くトラックバック(1)

港猫と奇跡の遭遇

一昨日のことになりますが、ちゃこが休みで天気も良くチョイ乗り希望だったので、時間的にちょうどいい秋田・象潟(きさかた)漁港に港猫を見に行こうということになりました。
いつものように時間限定短時間往復で向かいました。

国道7号を北上中、対向車線のクルマの間に一瞬見えたオレンジ色と見たことのあるウェア
「ややッ?Ruiさん?」

道の駅象潟に停車し、LINEを見ると書き込みがw
やっぱりそうでした
イメージ 1
前回も前々回も偶然で今回も偶然の遭遇。
どんだけ高確率なんか!?(笑)
Ruiさんは桜前線をお迎えに南下してきたらしい。
「帰りもまた会ったりしてー」って返信しといた。


道の駅でトイレ休憩を済ませ、象潟漁港の港猫に会いに行きます。
港猫を知ったのはくうさんのブログです。
確か去年の秋口あたりに紹介記事があったと思いました。
漁港の傍らに猫のねぐらがあって、十数匹くらい(もっと多い?)の猫たちが暮らしているようです。
そして5分ほどで到着。
イメージ 2


猫たちのねぐらがあります、また別の場所にもあるようです。
イメージ 3

ちゃんと管理されているようでこれは素晴らしい。
イメージ 4


廻りを見ると、いますいますw
イメージ 5



アグスタには、猫たちからウケるように地元ホームセンターから仕入れてきた「猫貴族・海の煌めき」(通称:カリカリ)w
イメージ 6




袋を開けると匂いに釣られてやって来ました。
イメージ 7

イメージ 8

可愛いもんですね〜癒されます。
イメージ 9


あー、これこれ
イメージ 10

何故だか猫はバイク好き
イメージ 11


時間はちょうどお昼。ここ、象潟はまさに鳥海山のお膝元。
静かで良い景色です。
イメージ 12


お魚くわえた野良猫♪ww
イメージ 13
地元の漁師さんから貰ったのでしょう、立派なカレイです。


それにまた集まって来る猫たち
イメージ 14

横取りしようとする猫も現れて・・
イメージ 15


ゆっくりした時間の中で微笑ましい争奪戦が続いてました。
イメージ 16



そしてこの場を離れ、ちょっとだけ観光ポイントに。
江戸時代の俳人・松尾芭蕉が旅した日本海沿岸最北の地、九十九島の蚶満寺(かんまんじ)に来ました。
イメージ 20


1689年、松尾芭蕉が来た当時は宮城県の日本三景・松島と同じように島々が海に浮かんでいたそうな。
イメージ 18
ところが1804年(今から213年前)の象潟大地震で海面が2m以上隆起し、今のような陸地になったそうな・・
だから田んぼの中に立派な松の木が生えた小島が点在しているわけだ。
イメージ 17

イメージ 19
これ、また大地震でも起こればもしかするとアトランティス大陸みたいに再び海に沈むことだって充分考えられる。
いや、逆にもっと隆起するかもしれんなw

つまらないタラレバを考えているうちに時間が来たので戻ることにしました。
そして、いざアグスタを始動しようとしたらエンジンがかかって数秒で停止。
あとはセル回しても一向にかからず・・

イヤな予感・・
イメージ 21
燃料タンクのフタを開けたら空っぽww
まだ238kmしか走ってないのに・・
普段は300kmは軽く走るのに意外でした。

しかし運の良いことに、ここからたった30m先にガソリンスタンドがあるのでした
給油してホッ

気分よく戻り道を走り出し、信号待ちしていると対向車線に「ややっ!Ruiさん!!」
冗談半分で戻りも会うかもって言ってて、再び奇跡の遭遇でしたw
あわててカメラを取り出しニン子ちゃん&Ruiさんをパチリコしたつもりでしたが、焦って操作をして写真が撮れていませんでした(>_<)
そのあとに撮ったつもりだった遊佐町白木の桜街道の見事な桜も一切撮れてませんでした。
ヒジョーに残念でした。


ま、でも短い時間でとても有意義な半日でありました。
次も会えるチャンスありw
あー、天気良ければいいなあー


おわり

この記事に

開くトラックバック(1)

午前中にバイク乗りを済ませ、午後から地元の公園に花見と繰り出します。
まずは途中のスーパーでビール(発泡酒)とツマミ等仕入れて4号に積載して向かいました。
イメージ 1

花見渋滞のクルマを尻目に4号をスルスルと走らせ、目的の公園付近に駐車。
イメージ 2

そして階段を駆け上がればww
イメージ 3


もう、ほぼ満開になった桜
イメージ 4




公園中央のイベントブースでは、地元の北前太鼓の面々が勇壮な太鼓の音を奏でています。
イメージ 5


会場では地元民に混じってインドネシアの留学生と思しき一団や中国系女子の一団が賑やかに桜の花の下、笑顔で楽しんでいた。
イメージ 6


持参したビール、揚げ物、焼きそば、乾きモノをすべて平らげ、締めは山形名物の玉こん。
イメージ 7


風は強めながら気温が上がって、上々の花見日和でした。
イメージ 8


おわり

この記事に

開くトラックバック(0)

前の日曜日、今年参拝していなかった羽黒山・出羽三山神社に行こうということになり、しばらく乗っていなかった2号アグスタF4とW800とで向かいました。
イメージ 2


メチャクチャ風が強い日で、横風に煽られながらの走行。
足着きが悪い(足が短い)ので、風を受ける信号待ちは緊張の連続
ようやく横風が追い風に変わる向きになり快走。
イメージ 1


雪融け汁が流れ小石が浮いてる有料道路を無事に走り、羽黒山駐車場に到着。
イメージ 3


昨年は工事中だった本殿が綺麗になってました。
イメージ 4




出羽三山神社参拝を済ませ、この勢いを借りて戻りでまた善光寺に参拝w
イメージ 5



神と仏を味方につけて最強の運気をまとい、戻ります
イメージ 6



そして午後から花見に繰り出しました。
つづく


この記事に

開くトラックバック(0)

新エース誕生

ここ2日ばかりアジアカップ卓球女子シングルの試合をYoutubeで観ていて、平野美宇選手の大活躍に酔いしれていた。
中国のお家芸と言われる卓球で、世界ランク1位の丁寧選手(中国)を準々決勝で破った試合は圧巻でした。徐々に巻き返していく平野選手、高速ラリーの応酬で一歩も後ろに下がらず攻め続け強気の勝負に惚れ惚れしました。
次の準決勝では世界ランク2位の朱雨玲選手(中国)相手に3-0のストレート勝ち。
高速ラリーとサービスの変化でポイントを稼いで1セットも落とさず。
そして決勝の相手、世界ランク5位の陳夢選手(中国)にも同じ展開に持ち込んで圧倒。
やはり3-0のストレート勝ちで日本女子21年ぶりのアジアカップ優勝でした。

中国のお家芸で中国国内の無錫で開催されたアジアカップ2017において中国人選手を次々と破っていく平野選手の活躍に、会場はどよめき静まり返っていました。
表彰式において、日の丸と君が代を中国国内で響かせた平野選手はどえらい事をしたと思いました。
イメージ 1

福原愛選手が寿でいなくなっても、平野美宇選手に伊藤美誠選手に石川佳純選手、さらに佐藤瞳選手の活躍など日本卓球女子の将来は明るい。
次のオリンピックも十分楽しめると思う。


この記事に

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

桜便り

久々に調子と天気の良い日を迎え、交換のタイミングを逃がしていたW800をオイル交換。
近くのコメリで10W-40のオイル買ってきて交換完了するまでたった30分。
試運転で地元の桜の名所に来ました。
イメージ 1
5分咲き程度です。
しかし今日は気温が高くて夕方までには6分、7分咲きまでいったかもしれません。

ようやくの桜便りです。


この記事に

開くトラックバック(0)

花粉症でヒドい目

先週今週と花粉症でヒドい目にあっていた。
ヒドい目というのは、文字通り目が痛くて(特に右目)開けない状態。
ゴミでも入ってるんじゃないかと思うような違和感と目の痛み。
涙が自然に流れて(特に右目)鼻水と共にタラぁ〜と
連続するくしゃみが何セットも続く始末。
母親の受診日があったりでクルマの運転や介護仕事が苦痛で仕方なかった。
パソコン見るのもイヤで日々の暮らしをこなすだけで一杯一杯
最悪だった一昨日はバセドウ眼症に苦しんでいた時と同じようなキツさだった。

そんな中、こんな画像を作ってキツい気分を紛らわせるつもりでいた・・
  ↓
イメージ 1


ところが!

昨日から状態が回復傾向になり、さらに天気が上々で花粉レベルMAXの本日。
通常であれば再び絶不調に襲われると覚悟していたが、あれ摩訶不思議。
目の痛みなどなく、鼻水も出ず、くしゃみすら出ない。
ああ?今までは一体なんなんだ?

完全な花粉症であれば、花粉MAXの本日は再び不自由な人間になっていなければならない。
しかしそうではない。

どうなってるのか自分が分からん!
まあ、でも助かりましたw



この記事に

開くトラックバック(0)

本日4月9日は毎年恒例のSRC羽黒山二輪講習会と安全祈願の日でした。

イメージ 1


天気が不安でしたが、雨は降っておらず予定通り指定のコンビニに集合。
途中合流を含めると総勢18台(男11名・女7名)になります。
ヤマハ車14台、カワサキ3台、BMW1台・・ホンダ、スズキ、ハーレーは1台もいませんw
もっと言えば年齢層はアラフォーからアラエイまで・・詳しくは書きません
イメージ 3



雨が心配される中、おもむろにスタート。
2st乗りの定位置、最後尾からついていきます。
イメージ 2



会cho-様と自分とで初参加のFZ8Aさん(仮)の護衛走行中
イメージ 4

イメージ 13

イメージ 14
※記念画像は期間限定にしました(おそらく画像拾ってくれたと思うので)。
これが元々の画像。



走行(そうこう)している内に、昨年からお世話になっている羽黒高校さんの教習コースに到着。
イメージ 5



ここにきて盛大な雨降りになりました。
強豪の野球部は、やはり強豪の酒南と練習試合中。
イメージ 6


本当は短制動の講習をする予定でしたが、これでは無理。
代わりに教室で今年3月から施行された道路交通法改正の要点を学習。
イメージ 7

イメージ 8
準中型免許か・・ 詳しくはWebでw


雨は一向に止まず、結局羽黒山への安全祈願は中止。
お昼は高校隣の「ほらがい」さんに18名で押し掛け、自分はかき揚げ蕎麦をいただきました。
イメージ 9


食後の1枚。羽黒高校さんから見た、出羽三山神社の大鳥居。
イメージ 10


そして帰路。
3年ぶりにカッパを着て走行。
雨は止んだが風は強い。遠回りして由良まで足を伸ばして寒い思いをし、
イメージ 11



午後3時前には地元に戻ってきました。
戻りで青空が広がって来るという・・
イメージ 12

しかし、走れたから満足です。
ついにバイクシーズンが本格スタートしました。


次回はやはり毎年恒例で20年来続く、SRC男鹿半島ツーリングです。
ああ、・・みんな毎年高齢です


おわり

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事