ここから本文です
小姓とZENの俳句と言葉
俳句の解釈は読者の感じたことが正解です

書庫全体表示

読むと詠むは車の両輪

 
 
 
批判を恐れていたら何も出来ない。
驚くは打ち破りたるつばくらめ
小姓
燕の打ち破ったこと、燕側からすれば当然の事をしただけ。
何も驚くことではない。
人間の分際では出来ないことをしでかした。
 
確かと見しは寄せ来る夏落ち葉
大屋達治
「寄せ来る」夏落ち葉ってそんなに派手に寄せ来るかな・・・そんな疑問が残る。
 
焚火跡暖かさうに寒さうに
後藤比奈夫
感覚的な句。
暖かそうにも,寒そうにも思えない人もいる。
 
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事