禅と茶の集い

2013年10月から16年1月までの過去ログ公開しました。
40回禅体験教室「禅と茶道」(第3回)の報告
報告者:栗田 和夫
1.はじめに
 私にとって、禅との出会いは、1978(昭和53)年、まさにこの「第1回禅入門講座」が開催されてからであり、今年で40年を迎える年となります。お茶は、1984(昭和59)年より裏千家淡交会との縁があってからであります。
 なんとか、これからも禅と茶をそれなりに、続けていければと思っております。

2.点前道具について
 今日は、裏千家淡交会青年部のTさんも顔を出してくれました。
 参加の呼びかけの仕方も、私らの時代は、新聞掲載でしたが、昨今は、ホームページを見て来る若い人も、少し増えているように思われます。
 そんなことで、今回の体験教室は、かなり砕けた形で行いたいと思った次第です。しかし、急きょ今宵は、私の管理組合の理事が亡くなり、お通夜となりました。又、この会の当初からの会員で道友のO氏が亡くなって、ちょうど10年となる年でもあることから、茶がけは「夢」を掛けることにしました。
 「夢」は、禅語の茶掛「一行物」・芳賀洞然如々庵老師の書によれば『人生は畢竟夢なりという意味を託している。この一文はまさに大乗仏教の人生観を要約したものであるが、それをさらに圧縮したのが「夢」の一字なのである。
なお、茶人の間では、「夢」の軸は追悼の茶会にしか掛けない約束になっているようであるが、今日の一日の貴さに思いをひそめ、「一期一会」の思いを新たにしてこそ、道としての茶、真の茶道に近づくゆえんではなかろうか。』と述べられております。
イメージ 1

 さて、本日の道具は、茶碗は小生の自作で、淡交会青年部の研修会で京都のあかね窯で焼いたものであります。茶杓は自作で、棗は、道場の桜の木で作成して頂いたもの、さらに蓋置きは小生が、道場の作務で、茶花園の生け垣を作る時に、竹を切っていた際、くずとして捨てようとした時、待てよ竹の切り口をまじまじと見て「おう! 蓋置きよ!」と出会った、偶然の産物であります。
 また、茶花は、いつも面倒を見て頂いているO氏よりの紫陽花であります。
 そして、本日のお菓子は、笹餅で、私の大好な餅を用意させて頂きました。
 
イメージ 2

3.おわりに
 今日の体験教室は多いに私自身、楽しませて頂きました。参加者は、総勢18名でしたが、残念ながら全員は茶室に入ることはできず、和室での一服を味わっていただきました。
 最後に、全員で広間にて静坐をし、本日の第3回目となる体験教室は無事終了となりました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2016年刊行なので少し以前の本なんですが、図書館でリクエストして借りて読んでみました。
精神科医である著者は30歳にして建長寺の修行道場に入られ、現在も僧侶と医師の二足のわらじを履いて衆生無辺誓願度を実践されている方です。

内容も実践的で読みやすく何より「精神科治療」「薬物療法」「坐禅」「マインドフルネス」多岐にわたってしっかりと把握されている著者ならではのバランス感覚が素晴らしいと思い、ぜひ手元に置いておきたいとこの度入手し、再読中です。

現在、心の悩みやストレスでお悩みの方にお勧めの図書としてご紹介させていただきます。
イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大賀ハスまつり

今年もハスの咲く時節となりました。
仏教に興味のない時はまるで関心なかったんですが、昨年、仕事帰りにふと千葉公園に立ち寄ったのがこの時期で夕方でしたので咲いているハスが少なく残念でした。
週末をまって今度は午前中に出かけましたが、これも今一つ。
やはりハスは6時から8時くらいの朝が一番いいそうで、結局去年は3回も千葉公園ハス詣でをしてしましました。(^_^;)

今年も昨日から始まっております。
イメージ 1


そして初の試みだと思うんですけど夜ハスというイベントも今週末6/23(土)17:00〜21:00「かつてない幻想的な夜の千葉公園に… 夜にしか咲かない幻の花「夜ハス」が水面に咲き誇る」というテーマで開催されるそうです。http://www.yohas.fun/
見てみたいですね。。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

笑い飯 哲夫の仏教のラジオ番組が6月から放送スタートしておりました。

知らない方のために簡単に解説すると、漫才界でも有名な仏教マニアでもある 笑い飯(コンビ名)哲夫さんですが、仏教関連の本だけでも3冊上梓中。

まだ読んだことはないのに薦めるのも無責任のようですが、きっと普通なら仏教本など見向きもしない読者層に「仏教の心」が届いているのだと思います。

ラジオ放送の方は土曜深夜24:55〜25:00までのたった5分間で、しかも大阪エリアでないと聞けない・・・と思いきや下記のPODCASTから試聴可能でした。
もちろんスマホをお使いの方はラジコからも聞けると思います。

こちらは私も通勤途中に聞いてみましたが第1回はおならの話、第2回はカルピスの話でした。ご興味のある方はどうぞ!




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今月は毎年恒例の禅体験教室で、6月8日第2回は「坐禅と呼吸」。
講師は理学療法士のYさんが担当でした。
 
前回(6月1日)の「禅とは・坐禅の仕方」では姿勢と坐り方についての話でしたが、今回は普段の呼吸と坐禅の呼吸の違いを、実際に体験して覚えることで調身・調息・調心に繋がっていくのが理解できました。
 
特に調息の説明で息という文字は自分の心であると言う説明は腑に落ちました。
 
次回(6月15日)は「禅と茶」で、美味しいお茶とお菓子をいただきながら、
禅と茶の関係のお話をしていただきます。
ぜひ次回もご参加ください。
                        担当 I

この記事に

開く コメント(0)

6月1日、禅体験教室、第1回を開催
 
一行三昧の説明に睡眠の例を用いて説明した。
眠れない時、雑念の悪循環に陥る。
 
坐禅により副交感神経を高め雑念を出にくくし、睡眠に集中させる。
一番の睡眠薬と思い実行している人もいる。
 
その後、坐禅の仕方の説明。
そして、20分、次いで10分実際に坐禅した。
 
真浄

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

本日(6/9 土)大手町の日経カンファレンスルームで「白隠さんの会」発足記念講演会が開催されました。

早めに着きすぎたので、会場確認した後に皇居散歩をしてから再度会場を訪れると禅と茶メンバーのHさんもいらして、二人並んで講演会を聞いてきました。

開会のご挨拶のあと、白隠さんの会会長、妙心寺は宗務総長 栗原正雄和尚より「良水深く掘るべし」というテーマで昨年からの白隠禅師250年遠忌の記念事業の説明がありあました。

続いて円覚寺管長 横田老師より「白隠禅師を慕いて」というテーマで80分にわたる講演がありました。
8ページにもわたる詳細なレジュメを元に熱弁を振るわれました。

不思議ですね、横田老師の語り口からぼわっと白隠禅師の面影が浮かびだすんですよね。至福のひと時です。

イメージ 1

またまた帰りの電車の中、Hさんと熱く白隠禅師のお話しながらにっこり顔で帰路に就く二人でした。(Y)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

まだまだ円覚寺詣でがつづいておりますYです。
昨年5月は3日間の合宿座禅会参加したのですが、今年4日間の夏期講座に挑戦してみました。http://www.engakuji.or.jp/blog/date/2018/06/3/

毎朝4時起きで、始発のモノレール、横須賀線にのって北鎌倉まで通学?しました。
今年で83回ということで戦前より始まっている夏期講座!すごいなぁと思っていましたが京都の清水寺は100回を超しているとか、上には上がいるものです。
月火はすいてるかと思いきや、毎日満員御礼の状態でそれぞれ素晴らしい一流の講義に触れて泣いたり笑ったりであっという間の4時間×4日間でした。

そして今年も500人以上の参加者がつめかけてサテライト会場、モニター中継などされておりました。

無事、今日、最終日を迎えられ、最後は清水寺の森清範貫主の講座で締めくくりでした。円覚寺にしろ清水寺にしろ、仏教を庶民に伝えようとする努力に感じ入りました。

横田管長はじめ講師、スタッフの皆様 お疲れ様でした。
大変良い勉強をさせていただき感謝いたします。

イメージ 1
会場は撮影・録音禁止だったため私の使用したチケットだけ紹介させていただきます。最上段はもぎられた後の半券です。(^_^;)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日、慶応義塾大学で開催される遠諱100年記念特別展のお知らせをさせていただいた円覚寺の釈宗演禅老師を主人公にしたコミックが発刊されました。

私は円覚寺の夏期講習会場で初めて見て、「これは凄い!」と即買いしました。価格は1200円です。
著者は、「リアル」「バカボンド」など数々の有名なコミックを書かれた井上雄彦のアシスタントを長くされていた方で高島正嗣さんという方だそうです。

タイトルは「ZEN」 禅を世界に広めた釈宗演老師の生涯を語るにぴったりのタイトルですね。
中身の方も井上師匠譲りの気迫のこもった画、カット割りなど処女作品とは思えない仕上がりだと思います。
まだ「上巻」のみの発売ですので、下巻が待ち遠しいです。
なんなら中巻・下巻と3本立てにしてほしいくらい。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

ご報告が遅れてしまいましたが先月の第4週太田ワークショップの模様をお伝えします。

いつものように別室では太田先生の登頂山ガイドマップの個別指導がなされて何人もの方が連れ出されて?しまい、本会場が寂しくなったと思いきや続々と後続参加者が来室され合計で12人と盛会でした。
7時からのワークショップでは「禅修行の階梯を考える」p18から始まるⅦ「感覚と情動」の説明がなされました。
この項目は再三再四、先生が熱弁を振るわれるところですが、我々の理解が追いつかないせいか復習が続いております。

次回はようやくⅧ「体性感領域・・・・」p29下8行から始めるところまでなんとか駒が進みました。

ここで、いつもなら次週の告知を入れるところですが、実は1週間以上過ぎてしまいもう禅体験教室始まってます。
まだ若干、予約枠に余裕ありますので2週目以降からの参加も歓迎しますので奮ってご参加ください。
6/8の禅体験教室は開始が18時30分からとなっており、第2週のテーマは「坐禅と呼吸」です。
皆さんのご参加をお待ちしてます。(Y)

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事