禅と茶の集い

今年も6月金曜4週連続で禅体験会、開催中です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

禅体験教室③ 茶と禅〜マインドフルネスと禅〜の報告は現在準備中です。

今週の金曜6/28は禅体験教室(4)「坐禅について」というテーマで太田先生が講師です。
いつもどおり18時30分スタートとなりますので、千葉市中央コミュニティセンターにご参集ください。
若干名の新規参加も可能ですので、次回からのご参加も歓迎します。

なお奇数月の第2週(次は7/12)は坐禅一柱香のあとに懇親会となっておりますが、諸般の事情により1週繰り上げで、今年の「禅体験会参加者の歓迎会、反省会」として7/5(金)の第1週の午後8時ころからとなります。
いつものように6時から輪読会、呈茶とし短めの坐禅のあとに懇親会をジュリアンで持ちたいと思いますので会員の皆様の参加もお待ちしております。(Y)

開く コメント(0)

本日(6月14日)は、第41回禅体験会(禅と茶の集い主催)の2日目。
タイトルは「私が体験してきた禅と心」でした。
 
講師のY氏は、「禅を始めるきっかけ」として、仕事上のいきずまりや人間関係の悩みがあったところから話を始めました。
そして、『現代の便利さと豊かさに隠されたものがあり、一例として「釜戸での飯炊き」より「炊飯器」へと、時間と労働の短縮化されたにもかかわらず、生活の忙しさは変わらず、膨大な情報の中でストレスが増えている状況がある。と話が続きました。
 
そして、鎌倉円覚寺での体験談、認知行動療法の変遷についての話や、坐禅(坐禅)に入る前の身体の整え方の実践などがありました。
 
お薦めの図書して『人生に信念はいらない』の紹介がありました。
 
眞浄
 
今週の金曜は禅体験教室(3)「禅と茶道」というテーマで栗田さんが講師です。
いつもどおり18時30分スタートとなりますので、千葉市中央コミュニティセンターにご参集ください。
若干名の新規参加も可能ですので、次回からのご参加も歓迎します。

開く コメント(0)

円覚寺などでは釈宗演老師の100年遠忌はすでに昨年やりつくされた感がありますが、本家?本元の東慶寺さんでは今年が宗演イヤーのようです。

釈宗演老師没後100年記念事業

<基調講演会>
会場は東慶寺、すべて無料。
 
第一回 6月2日(日)13:30〜
「釈宗演と『世俗』の師家・福沢諭吉」
講師:都倉武之先生(慶應義塾福沢研究センター 准教授)

第二回 6月23日(日)13:30〜
「釈宗演と『大乗仏教』」
講師:馬場紀寿先生(東京大学東洋文化研究所 教授)

第三回 9月28日(土)13:30〜
「釈宗演老師と『禅海一瀾講話』」
講師:小川隆先生(駒澤大学総合教育研究部 教授)

最終回 10月13日(日)13:30〜
「釈宗演老師の目指したもの」
講師:横田南嶺老師(臨済宗円覚寺派管長)

すでに第1回は見過ごしてしまいましたが、夏期講座2日目だとしたら失敗した!
第一日目に参加して、午後に東慶寺にも参詣して釈宗演老師の墓参もしていたのに・・・・しまった〜返す返すも残念です。(今年もせめて土日と2日間通えば良かった。。(^_^;)




開く コメント(0)

スマホ全盛期ですのに坐禅アプリとして有名な「雲堂」をご紹介するのを忘れておりました。
もしかするとブログ記事の中でちらっと触れたことはあったかもれませんが、今回正式に禅茶図書館でご紹介したく掲載いたします。

このスマホアプリは2011年に「彼岸寺」監修のもと、ウェブインパクトさんが設計開発を、hoxaigraphicsさんがデザインを担当してリリースされたそうです。
基本的には曹洞宗の星覚さんが制作にあたられているようで、丸い座布を用いたものですが自宅で坐禅する際に5分から1分刻みで好きな時間を設定できまた、準備音も長短、そして解説付きが選べるなどとてもお勧めのアプリです。

特に坐禅導入の解説というかインストラクションが秀逸なんです。
ぜひ坐禅を始めたばかりの方は解説に従いながら、坐禅を始めてみてください。姿勢や呼吸が整いお勧めです。
もちろん坐禅に入れば何も音のない「しーん」とした無言の世界で、いわゆるそれぽいBGMが流れまくる瞑想やヨーガアプリとは一線を画した本格的な坐禅アプリです。開始時、終了時には鐘がなりますが3種類から選べるようになっております。

実際にこのアプリをインストールされた方にはぜひ見ていただきたいのですが、下段のTVマークをクリックするとユ−チューブの解説ビデオにもリンクされこれまた必見です。

2019年現在で20万回以上の試聴があります。
この動画は日本に留学した海外女子大生?が小さな東京のアパートの一室で、坐禅をするだけなのですが、坐禅初心者に伝えたいノウハウや気持ちが凝縮されておりみごとな講義だと思います。

一昨年より禅体験教室の講師の末席に加えていただくようになり毎年、実技時間を含めて2時間近くいただいておりますがこの8分間を超えることができないというのが正直な感想です。

このブログにも張り付けられるのでご興味ある方は下記をクリックくださいませ。




開く コメント(0)

坐禅のすすめ

大変ご紹介が遅れました。
禅体験教室のテキストともいうべき「禅と茶の集いの宝」である「坐禅のすすめ」をご紹介してこなかったことに今更ながら気付いた次第です。

この本は前書きにありますように千葉市社会教育課主催で昭和53年秋から翌春にかけて講義された「禅入門講座」の内容をもとに原稿をまとめたものであり、言わば「禅と茶の集い」発足の契機となったバイブル?でもあります。

毎年の禅体験教室でもテキストや副読本として使われ早40年が経とうとしておりますが、いまだに色あせることなく坐禅に興味を持たれた市民への入門本として紹介、頒布がなされております。

イメージ 1

簡単にですが目次と執筆者をご紹介したいと思います。(敬称略)

序文                ・・・ 内田昭夫
はじめに              ・・・ 白田貴郎
現代人の精神状況について ・・・ 内田昭夫
科学と宗教            ・・・ 白田貴郎
坐禅の意義           ・・・ 太田東吾
坐禅の仕方           ・・・ 太田東吾
三昧                ・・・ 長野拓郎
作務                ・・・ 内田ふき
本格の修行           ・・・ 内田昭夫
修行の要件           ・・・ 太田東吾
見性                ・・・ 長野拓郎
悟道の境涯           ・・・ 白田貴郎
禅と健康             ・・・ 柳沢利喜雄
禅と家庭生活          ・・・ 白田貴郎・内田ふき
禅と職業             ・・・ 丸川雄浄
禅と茶道             ・・・ 内田ふき
禅と剣道             ・・・ 長野拓郎
おわりに             ・・・ 白田貴郎

※なお価格は1000円となっておりますが、amazonでは入手困難でして、我々の市民サークル「禅と茶の集い」にご参加いただきますと購入できるという、まさしく禅と茶の集いの宝物であります。


開く コメント(0)

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事