ここから本文です
管理人のひとりごと
HP「全肥商連九州」の管理人です。このブログやHPへの感想を、「NANA色の風〜九州から(全肥商連九州掲示板)」にお願いします。

 親子2世代で農業やってる農家というのはよく見かけますが、3世代で頑張ってる農家というとだいぶ少なくなってるそうです。農研機構の研究者が、2015年までの10年間で3世代農家が半減(99万⇒48万)したという記事がありました。  記事ではその3世代農家が2015年時点でも、国内の経営耕地面積のうちのなんと39%を占めているという数字も示していて、2世代農家の30%、1世代農家の16%を上回っていて、多世代で構成する家族経営が日本農業の基幹的な支え手となっているという実態も明らかにしています。  豊富な家族労働力という多世代農家の強みとして、経営拡大・多角化という場面で外部の人材に頼る部分が少なく、家族の構成員で担うことができ安定経営ができるという点も挙げられています。  当該10年間で農業労働力の中心だった昭和1桁世代のリタイアすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事