ここから本文です
管理人のひとりごと
HP「全肥商連九州」の管理人です。このブログやHPへの感想を、「NANA色の風〜九州から(全肥商連九州掲示板)」にお願いします。

書庫全体表示

映画『あん』

イメージ 1

 先日亡くなられた女優樹木希林さんの最後の主演映画『あん』は、彼女がハンセン病療養所の入所者を演じ、ハンセン病にまつわる過去の悲劇、現在にも残る差別を描いた作品でした。
 熊本には菊池恵楓園(合志市)という同様の施設があり、県民にとっては身近に感じるテーマだったかもしれません。
 この『あん』が全国のイオンシネマなどで追悼上映されるというニュースを、恵楓園からそう遠くない菊池市でお店をされていている方がfacebookでシェアされていて、次のようなコメントを添えていらっしゃいました。
 
 「ハンセン病は菊池とも縁深く、だからどこかで目を背けたい自分がたしかにいた。この機会にぜひ観ようと思います。」

 この投稿に対し、ある方がコメントを寄せられました。

 「18年前、熊本に単身赴任でやってきたその年の春の休日。歩行者天国になっていた建軍の桜並木で、車椅子に乗ったハンセン病の方とすれ違ったことがありました。
 それまで差別意識はない自分だと思っていたのですが、正直びっくりして目を背けてしまいました。ごめんなさい。
 その時思い知らされました、俺はまだまだ偽物だと。いつかまた出会う機会があれば、その時は目を背けずに話をすることが出来るようにしよう。
 熊本に居た15年間、再び出会うことはありませんでしたが、桜の咲く頃になるといつもそのことを思い出します。」

 誰にもこれと似たような経験があると思うのですがいかがでしょうか。自分の中にある差別する心、普段はそれに気付かずに過ごしているのですが、何かをきっかけにしてそれに気付き、心の中で反省するといったようなこと。
 ハンセン病について言えば、ハンセン病は完治する病気であり、ハンセン病回復者や治療中の患者から感染する可能性は皆無です。なのに、弱い心が顔を出してしまうという現実。
 しかし、そんな自分の中にある差別する心に気付くことができたのだから、次はそれを克服することもできるとも考えられるのではないでしょうか。

 そんな折、別な方からコメントが寄せられました。

 「恵楓園の文化交流会館を見学して認識を改めましょう。そしてボランティアガイドに挑戦しましょう。(写真は)私が今年撮影してきたヤマモモの実です。園へ出かけて食べることに躊躇がないなら、差別しない意識は本物だと思います。」

 菊池恵楓園では定期的にボランティアガイド養成講座というのが開かれていて、誰でもハンセン病の隔離の歴史や隔離や差別とたたかって生きた人たちの歴史を学ぶことができます。そしてボランティアガイドに認定されると、菊池恵楓園を訪れる多くの見学者を案内することできるそうです。
 素晴らしい試みだと思いました。差別する心を克服する術となるのではないでしょうか。

 ちょっとしたfacebookでのやり取りでしたが、大事なことを知ることができました。

 ※コメントは原文を多少省略、編集させていただきました。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事