ぜんろうれん青年部のブログ

労働相談はフリーダイヤル0120-378-060全労連!

全体表示

[ リスト ]

ソニー解雇撤回!

 全国青年大集会2011でも発言した、解雇撤回とたたかうソニーの期間社員が事実上の解雇撤回を勝ち取りました!
 
以下、機関紙「全労連」2012年4月15日第429号より
 
ソニー解雇撤回
雇用をまもり、正社員として再就職へ
 
 
会社と覚書を締結
ソニー労組仙台支部(電機連合加盟)は3月末、会社側と覚書を締結し、期間社員の雇用をまもり抜く大きな成果をあげた。
 覚書は、(1)4〜6月はソニー子会社に職場復帰し、再就職あっせんを受ける、(2)6月までに再就職が決まらない場合は、ソニーの孫会社(清掃業務)の正社員として仙台工場内で働き、無期限で再就職あっせんを続けるという内容。
 
事実上の解雇撤回
 期間社員が労働条件等に納得できれば、そのまま孫会社で働きつづけることも可能な内容となっており、事実上の解雇撤回と評価することができる。
 ソニー労組仙台に加入したたかった22人のうち10人は、すでに別の正社員のあっせんを受け再就職しており、これで全員の雇用が守られたことになる。

運動のひろがりで
 仙台テクノロジーセンターは1954年の開設であり、ソニーの発展を支えてきた工場、地域からも大きな支援を受けてきた。にもかかわらず、東日本大震災を口実にした身勝手な再編、期間社員の雇い止めを行ったことに対して広範な批判の声が広がったことが、雇用を守り抜く大きなカギになった。
 全労連も、宮城県春闘共闘や品川労協などとも連携して、ソニー本社への要請や厚労省交渉、本社前宣伝行動などを行ったが、そうしたナショナルセンターの枠を超えた運動の広がりが、当事者の果敢なたたかいと連動した成果だ。
 また、正社員の組合であったソニー労組仙台が、立ちあがった期間社員22人を組合員に迎え入れ、戦闘的にたたかったことが、最大の力となった。
 大企業の横暴に一矢報いる成果と言える。なお、5月18日に勝利報告集会が予定されている。
イメージ 1
2011年12月 全国青年大集会ソニー本社前行動

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

闘えば勝てる!凄い実践です。

2012/4/17(火) 午後 7:39 [ yuu*a2*miki** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事