ここから本文です
『清海の風 』 千葉県勝浦市鵜原 by吉野 善三郎
海と共に暮らし、海を愛する全ての人々に One Ocean One L♥ve

書庫全体表示

イメージ 1

『ここに有害な物質を含む産業廃棄物を埋め立てる事に反対しているので、
こんなの関係ないのですが!』ムカつき注意でお読みください。

鵜原・産業廃棄物管理型最終処分場 概要
1 .
事業者
株式会社 M . M . . 
代表取締役 村上 守
取締役   峯岸 貞夫
取締役   峯岸 孝二
本店所在地 千葉県勝浦市鵜原 2183 一 4
支店所在地 神奈川県相模原市相模大野 3 一 25 一 6 野村ビル 4 階


2 .
施設概要
種類 産業廃棄物管理型最終処分場
所在地 千葉県勝浦市鵜原字坂ノ下 301 〜1 外
総面積   57 , 291
埋立面積  35 , 908
埋立量   678 , 762
廃棄物埋立量 505, 472

埋立廃棄物の種類
燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、
コンクリートくず及び陶磁器くず、鉱 1 宰、がれき類、ばいじん、
紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残漬、 13号廃棄物

3 .
立地条件
[景観]
施設所在地は、圏央道木更津インターから車で約 1 時間の距離にあり、
市道鵜原荒川線に面しており、高低差及び樹木により周辺地域から施設所在地を
観ることは出来ないので景観を害することはありません。

[地形]
施設所在地は、鵜原海岸から北に 1 キ □ 程離れた位置にあり、
地形は 50メートル程度の起伏のある丘陵地で南に傾斜しており施設所在地内には 3 本の沢があり、
やがてーつの沢となり南に下って武蔵学園鵜原寮付近で鵜原西ノ谷川になり、鵜原湾に流入している。
なお、鵜原西ノ谷川の集水領域は、両隣の守谷川と苗代川の集水領域と分水嶺で区切られており、
他の領域から地下水等が流入することはありません。

[地質]
施設所在地の地質は、泥岩及び擬灰質砂岩と泥岩の互層構造でボーリング調査により
N 値が 50 以上の岩盤が確認されており+分な強度を有しており、
また透水試験により透水係数が 10− 6 / 5 から 10 - 8 / 5 で不透水地質であることが確認されており、
産業廃棄物最終処分場を建設する地盤として+分な適正を有している。

4 .
最終処分場の構造
( 1 ) 遮水工埋立地は、法律で定められている構造基準に準拠した
5 層構造の遮水工が設置され、遮水シートと遮水シートの間に不織布を敷いた二層の遮水シートを保護マットで挟んだ構造で、
遮水シートにはトップメー力一である東ソー、二ッケミ株式会社製の高強度で高柔軟性という特徴を持つ
低密度ポリ工チレンシートを採用している。、

( 2 )電気式漏水検知システム 5 層構造の遮水工の中間層に面電極を敷設し、
遮水工上部の保護土層中に設置する測定電極間の抵抗値を分析して漏水を検知するシステムを設置する。
なお、シートの損傷位置を抵抗値の分布図により座標で特定することが出来、
万ーシートに損傷が発生した場合には即時に損傷の補修が可能です。

( 3 )浸出水調整池遮水工の上に葉脈上に敷設された集排水管により浸出水を集水して浸出水調整池に流入させ、
浸出水の水量、水質を浸出水処理施設の設定条件に適合するよう調整してから浸出水処理施設に送られます。

( 4 )浸出水処理施設浸出水が放流先の公共の水域を汚染しないように、生物学的に、また物理学的に処理するための施設です。
調整池に貯留された浸出水は、ポンプでスクリーンを経由して流量調整槽に送られ、スクリーンでゴミが除去される。
反応槽では、薬品を注入攪拌して力ルシウム、重金属類を沈殿させて汚泥として除去し、
上澄水は中性化した上で生物処理設備に送られ微生物により B O D , C O D ,窒素を除去する。
さらに、凝集沈殿設備で C O D の除去、汚泥の除去を繰り返し、上澄水は高度処理設備に送られ活性炭吸着塔で C O D 、
色度を除去し、キレート樹脂槽で重金属を除去する。次に、監視槽に流入した処理水は C O D 計、
PH 計により連続的に水質管理がなされる。なお、万一基準値を超えた場合には自動的に活性炭吸着塔、
キレート樹脂槽に戻されて再度基準値以下に下げられる。最後に、消毒放流設備により
滅菌処理がなされてから放流槽に於いて放流基準以下であることが確認されてから放流される。

( 5 )分析施設分析施設を最終処分場に併設して環境計量士を常駐させ、受入廃棄物の分析、埋立廃棄物の分析、
浸出水の分析、水処理施設における水質管理、放流水の分析等を日常的に実施して、分析資料による管理を実施します。

5 .
維持管理社団法人全国産業廃棄物連合会発行の産業廃棄物最終処分場維持管理マ二ユアル、
廃棄物処理法に定める維持管理基準、千葉県の定める維持管理基準等に準拠して維持管理を実施するが、
本最終処分場の特徴的な点のみを記しておきます。

( 1 )本最終処分場の営業は、朝 9 時からタ方 5 時までとし、日曜祭日は営業しません。
本処分場に出入りする運搬車軸は一日 20 台(片道)程度ですが、
周辺道路(市道鵜原荒川線)の一日の交通量が 2300 台であることから本処分場に出入りする
車両が周辺道路の通行に影響を及ぼすことはありません。

( 2 )浸出水処理施設から放流される水の水質は、干葉県の要綱に定められた排水基準を大きく下回る値を目標値にして管理します。
また、放流水が鵜原湾に流れ込んだ際にも環境に影響を及ぼさないような目標値を設定して水処理を実施します。
鵜原湾では、放流水が海水により更に希釈され放流地点から 50メートル沖に出ると
すべての測定項目で目標値以下になりますので本最終処分場の稼働により鵜原湾の海水に悪影響を及ぼすことはありません。

( 3 ) 本最終処分場の浸出水処理は、専門業者に日常業務を委託いたします。
また、分析施設を設置して、環境計量士を常駐させて受入管理、埋立廃棄物管理、浸出水質管理、
放流水質管理につき分析による科学的管理を行います。
環境保全上の問題に対して周辺住民の不信、不安を招かないようにするために
、廃棄物の埋立」状況、施設管理状況、環境保全状況、跡地利用の為の基礎情報等必要な情報を公開し、
「見える最終処分場」を目指します。

6 .
廃棄物埋立後の管理
本最終処分場は、約 6 年で埋立を終了する予定です。
一般的に、廃棄物の埋立終了後に事業者の倒産等により法定の廃止手続きがなされず
用地所有者及び周辺住民に迷惑を掛ける事態が懸念されています。
本最終処分場の用地及び周辺の土地は全て事業者会社の取締役である峯岸貞夫が所有していますので、
廃棄物埋立後の適法な処理をせずに放置するようなことはあり得ません。
浸出水の無害化等法定の廃止基準に準拠した処理を実施して環境保全に努めます。
また、廃棄物埋立後の維持管理に必要な資金については、維持管理積立金制度が法定されています。
埋立開始から終了までの間、毎年度都道府県知事から最終処分場の管理者に対し積立金額を通知して
埋立後に必要となる維持管理費用を予め積み立てることが義務づけられています。

以上です。

『自分の所有する土地だからって何やっても好い訳無いだろっ!』

  • 顔アイコン

    リスクの計算のない計画ですね。
    また、遮水シートが破れるのが前提ということは
    「直ちに修復」できるから問題ないということですが
    この「直ちに」は何時間後に修復され、
    漏えいした汚水はいったいどうやって処理するのでしょうか?

    鵜原や勝浦は全国に流通する食べ物を生産する現場です。
    日本中の人たちの食の安全を危機に陥れるということが
    わかっていないようです。

    食の世界に万が一、はあってはならないのです。
    人の健康を害することは、金で決着がつくものではありません。
    また、この事業者に系列ということで土地を売った
    東急は別称地を買った個人に対してどう申し開きをするのでしょうか。
    東急は別の場所で産廃処分場を作っていますので、麻痺しているのでしょうか?
    別荘を買った人たちはどう考えているのでしょう?
    まずは、東急に意見を聞きたいです。 削除

    [ 石長比売 ]

    2009/6/3(水) 午後 7:36

    返信する
  • 顔アイコン

    石長比売さん、貴重なコメントをありがとうございました、私的にリゾート+処分場という論理がどうにも理解ができません、部屋からのオーシャンビューが売りのホテルなど、眼下に処分場になりますからね、この計画を容認すればリゾートとして成り立ちませんよね、勝浦だけでなく、全国各地でリゾートを経営する企業としてもイメージダウン必至ですのに。 **はいまだに静観&ノーコメントだそうです。

    [ 吉野 善三郎 ]

    2009/6/13(土) 午後 9:51

    返信する
  • 顔アイコン

    ossian425さん、非常に丁寧なアドバイスをありがとうございます。
    当該情報は”開示”されております。感謝!

    [ 吉野 善三郎 ]

    2009/7/27(月) 午後 8:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事