全体表示

[ リスト ]

先日、ネットをぼやぼやと見ていたら

『トリートメントなんて意味が無い』
『むしろ美容室でトリートメントをすると髪の毛が傷む。』
『なんでトリートメントをすすめるか、それは客単価をUPする為で…。』
なんて記事をいくつか見つけました。

そてどうなんでしょう。

お店によってトリートメントの種類や位置づけが違うので何とも言えませんが
少なくともZePHYRでおこなっているトリートメントは効果がないなんて事はないです。
ただトリートメントをしても髪の毛が元に戻る訳ではないという話は残念ながら事実です。

ではなんでトリートメントをするかというと
『これ以上傷ませないため!!!』という事になります。

カラーやパーマをした髪の毛はわかりやすい感じで言うと穴が空いている状態になります。
カラーやパーマの薬剤で傷んでいる事よりも
この穴をそのままにしている事がよくないと、ZePHYRでは考えています。

なぜよくないかと言うと
毎日のシャンプー等でその穴から髪の毛の内容成分が少しずつ流出してしまうのです。
その結果髪の毛がばさばさになり傷んだ状態になってしまうという事です。

ではどうすればいいかというと
『その穴を埋めてしまおう!』
というのがZePHYRの『修復☆トリートメント』の考え方です。
穴を埋める事によってもともと髪の毛の中にある成分を残し蓋をします。
もちろんその際にケラチンやCMC等を擬似的な内容成分としていれていきますが
元々ある成分は性能が非常に高く現在代用のケラチン等では劣ってしまいます。
なので現状よりも傷ませないという事がとても大切なのです。
なのでカラーやパーマをした時にトリートメントをする事がベスト!

また前処理としてのトリートメントは髪の毛の状態を保護したりしながら
仕上がりの精度を上げる為に行うもので
ZePHYRではそちらはカラーやパーマの際に必要に応じてする
ある意味美容師側の都合と考えているので料金は頂いておりません。

理想としては髪の毛が傷んだからトリートメントではなく
髪の毛を傷ませないようにトリートメントをす


高円寺 美容室ZePHY
R(ゼファー)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事