全体表示

[ リスト ]

セルフカラー


まぁこのように自分で塗れればムラも最小限に抑えられるかもしれませんが

基本的に市販のカラー剤は美容室で使用しているものよりも強い処方になっています。

髪の毛が染まりにくい人でも箱に書いてある時間でなるべく同じ様に染まる様に計算されているからです。
また、カラーリングの際のニオイを抑える為にもダメージが残留しやすい処方になっている場合が多いです。

そのためホームカラーをするとダメージが出やすくなってしまうのです。

ただ、美容室の薬剤の方が優れているのかというとそういう問題ではなく

美容師がカラーをする場合は染まる様に時間を調整したり薬剤を工夫したりしているのですがご家庭で自分で染める場合はそのような事が出来ないため、薬剤を強くして対応しているのです。

また、美容室で染める場合は根元と毛先等場所によって薬剤や塗り方を工夫してなるべくダメージのでない様にそして綺麗に染まる様にしています。



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事