ゼロのブログ

このブログでは特撮や楽器、レコードなど色んなことを好きなように書き皆様と一緒に楽しめれば嬉しいかなぁと思うブログです!

全体表示

[ リスト ]

さて、では、ギャオスの生態を

まず、ギャオスは鳥類なのか?


イメージ 1


まず、この先ほどの画像を見てほしい、鳥類…それは羽毛があるはずだが彼には全くなくそして、鳥類にはない牙がある

そして、この頭のおかげで目に直接光が来ないようになっている
まさに遮光板のようなものだ


そして、分かるだろうか?



イメージ 2


イメージ 3



この幼体と成体の目は全く違い赤になっている、これは私の持論だが暗いところでも明るいところでも見やすくしなっているのではないだろうか、それは、遮光板のおかげで昼でも動けるようにはなっているからいざという時に逃げやすくするためと私は考える

そして、ギャオスは

イメージ 5



ギャオスの幼体の死体…しかも食いちぎられた感じだ

そう、ギャオスは食糧難になってしまったり仲間が弱ったら共食いするらしい

しかも、そのヒナは全てがメスらしい

そして、ギャオス最大の特徴


イメージ 4



これはギャオスの染色体らしい
そう、人間なら46本、だがギャオスは1本らしい

しかも、その中にはほぼ全ての動物のものが…しかもギャオスは全く進化の過程を得ていない

そして、ガメラを初めに見つけた男 米森が見つけた碑文を思い出す

そう、要するにギャオスは古代文明が作った人工怪獣だ

ついでに、「染色体はXXだけではなくXYもあったと言う」

どういうことか…それはXX 要するにメスの染色体だ、だがXYと言うのはオスの染色体
おかしくはないだろうか?死んでしまったヒナは全てXXのメスであるべきなのに…そう、それは単為生殖するということだ

だから、先ほどの記事での巣を


イメージ 6



ガメラが東京タワーを壊すと


イメージ 7



そう、卵だ

流石単為生殖が出来る存在だ

と言うことでこれでギャオスの生態は終わりです

えー、ちょっとした話なのですが

昭和ギャオスを作った人はこの平成ガメラを見てこれを作りたかった!と言ったそうです

やはりギャオスの存在はこのような感じだったのですね

ついでに、このギャオスの元は鳥ではなく昭和と平成どちらもコウモリです

元々ギャオスと言うのはガメラ対バンパイヤーと言う企画だったらしい

その企画を生かした怪獣がギャオスだった、という話だった

であるからこそ平成でもその事を尊重しているのだと感じました

そして、この平成ガメラの特撮監督がリボルテックのギャオスを絶賛していた、それはリアリティでしかも可動も良かった、これがあればもっと特撮ができるのに!と

是非ともギャオスを知り欲しくなった人はその特撮監督にまで絶賛された特撮リボルテック様のギャオスを購入されたらいかがでしょう? 
では、怪獣談義でお会いしましょう!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

へー。。ギャオスってコウモリがモチーフだったのね。
だから、遠く離れた子供の声も分かるのね。

こうやって、解説してもらうと理解できるし、
監督とかの裏話も知ると、特撮も奥が深いなぁって思いましたよ!

2015/12/23(水) 午後 11:05 [ ナナ ] 返信する

> ナナさん
はい!それは昭和も平成も変わらないようですw

いや〜なかなか解説というのは得意じゃないのですがそう言ってくださり本当に嬉しいです!
これからも少なくとも残り3体いるので頑張ります!

2015/12/23(水) 午後 11:09 [ ゼロ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事