飛べ!RCヘリコプター

ど素人のRCヘリと飛行機の記録です

TOY BIKE

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

2009.12.30 AM7:30 名北グランド
イメージ 1


なごやさんのYZ250と僕のCR250R
イメージ 2


不調が続いていた280バイク ブラシレス仕様の動画がやっと撮れました。





選択したモーターの特性なのか、低速域での細かなアクセル操作がやりにくいです。

最高速はメチャ早いけどギヤから発する音が今にも壊れそうな音で精神衛生上
よろしくありません。

僕の選択したモーターに限ってのことかもしれませんが、やっぱこの車体には
ブラシレスは少々リスクが高いようですね。

この先、保守部品が入手できないことを考えるとブラシレスは降ろしたほうが
よさそうなのでE004のモーターに交換することにしました。

開く コメント(8)

朝から雪ふってるし〜!

お外は寒いし〜!!

今日はおうちに”引きこもり”です。


今日は最近はやりの280円バイクにオイルダンパーを装着してみます。

飾っておいてもカッコいいよね!
イメージ 1


先日「ハー○オフ」のジャンクコーナーで見つけたRCパーツの詰め合わせの中にオイルダンパーを発見。
お値段105円。(のちに”♂いぬ♂”さん情報で TAMIYAのTT01という車種のものらしいと判明)
こいつを取り付けてみます。
イメージ 2


問題点はサスの長さが足りないのと軸の穴径
イメージ 3


サスはとりあえずスペーサーを入れて長さを確保、
穴径の問題は純正の軸受けの一部をカットしネジをブチ込むことに。
イメージ 4


装着(3ヶ入っていたダンパーの内1個がアルミ製でした)
イメージ 5

イメージ 6




装着後、落下テストをしたところタイヤが地面に吸い付く、イイカンジ♪



と・・記事を書き終わって外を見ると晴れ間が出てるので近所の公園でテスト走行してきました。


280円バイクを手に入れて、この場所で初めて走らせた時は「ピョンピョン」跳ねまくりで
直進走行すらまともにできませんでしたが、今回はダンパー効果で「どっしり」と安定、
かなり良くなりましたね〜  ♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ オイルダンパッテ スゴイッ!!!


しかし、今度はフロントタイヤの「ピョンピョン」が気になる・・・。

なので・・・フロントにもオイルダンパー付けちゃいました!!

見た目は無視、かなり強引な取り付け方法です(笑
イメージ 7




さてさて、どうなることやら。

つづく・・・かな?

開く コメント(10)

280円バイク動画

さむい、寒すぎる朝 (ノ゚ο゚)ノ サムイヨオオォォブルブル


本日はあまり時間がないので”シャコタン04”と”ニッパチバイク”の2機出動。
イメージ 1



昨日、ニッパチバイクの高速時のステアリング操作感が悪かったので
緩衝用のスプリングを強くしてきました。

その他XTREAMのモーターも不調だったのでE004のノーマルモーターに換装、
気休めですが熱対策でアンプを外部に出してみました。
イメージ 2






操作感は、かなり良くなりました、もう少し遊びを少なくしたほうがいいかな〜。


サスペンションは整地された場所ならそれほど問題ないのですが
やはり悪路ではシンドイな〜!

オイルダンパ欲し〜!




と、仕事中に立ち寄ったリサイクルショップのジャンクコーナーで
RCカーのものと思われる中古のパーツ箱詰め合わせを発見、外から見てみると
サスペンションのパーツらしきものが・・・即買です。
イメージ 3



中を見てみると・・ありました!使えそうなオイルダンパーが3本出てきました
O(≧∇≦)O イエイ!!
イメージ 4

当たり引いたかな!!


ちなみにお値段は105円でした。
イメージ 5


穴サイズが少し違いますが何とかして取り付けてみます。

う〜ん まだまだ遊べそう!!

開く コメント(14)

熱が冷めない内に記事UP

280円バイクのステアリングについて、サーボホーンでダイレクトにステアリングを
動かしている為、路面のキックバックをもろにサーボが受けてしまいます。

ギア掛け、サーボホーン折れは時間の問題です。
イメージ 1



なのでこんなかんじにしてみました
イメージ 2


路面の衝撃をリンケージの途中にあるバネが吸収してくれるはず。
イメージ 3





まだ実際に搭載テストしていないので何とも言えませんが
いいカンジだと思うんだけどな〜



寝不足なのに・・なにやってんだか ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

開く コメント(18)

先日着弾したニッパチ(280円)バイク改造に着手です。

分解は順を追っていけばそれほど難しくはありませんでした。

今回準備したメカ類はすべてヘリのお下り、せっかく安く買ったのに
追加投資はもったいないですからね〜。

パワーユニットはブラシレスを考えていましたが、適当なサイズのモーターがなかったことと
ピニオンのモジュールが特殊で純正モーターから引き抜くしかなく、結局XtreamE004用のモーターと
King2アンプのブラシモーター仕様としました。(ピニオンは2mmシャフトです)
イメージ 1



純正モーターよりサイズが長いのでモーターケースぶち抜きました。
後から考えるとあまり意味なかったかも。
イメージ 2



ステアリングサーボはTURNIGYのTG9e(1.5kg / 0.10sec )トルク足りるかな?不安ですが・・。
取り付けは純正サーボ(みたいなもの)をマウントに利用しました。

写真ではサーボホーン1個ですがこの後、耐久性を考えて2枚重ねに強化してます。
イメージ 3



幸い車体内はかなりスペースがあるのでメカの搭載はテキトーに。
3セル1000mAが積めるようバッテリーケースに穴を開けました。
イメージ 4



半日ほどで完成。
イメージ 5




近所の公園でテスト走行してきました。(動画撮り損ないましたスイマセン)

パワーは充分、アクセル強く開けるとその場でひっくり返っちゃいます。

走らせて初めて知ったのですが、RCバイクって曲がりたい方向と逆に
ステアリングを切るんですね〜知らなかった。

走らせた場所が悪かったかもしれないけど、かなり路面の凹凸を拾って
ピョンピョン跳ねまくり、コーナーリングのアクセルワークも難しい。

整備されたグランドとかなら問題なく走れそうな感じだけど・・
このままではオフロードはまともに走れそうにない。

走る姿はとても可愛らしいので何とかしたいけど、どうすればいいのかな〜?

開く コメント(14)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事