俺的ガンダム研究所(倒壊中)

最近、さいぶモデライダーに戻りつつあります。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

そういえば…

夏だから当たり前ですが、毎日暑いですね。まだ始まったばかりで絶望しそうですよ。

さて、夏より熱いV2制作ですが…(ウソw)

これから塗装なんですが、月末でいそがしくてちょっと止まっています。

イメージ 1


串にも刺してはあるのですが、少し停滞です。

だからというわけでもないのですが、ちょっと前にメガビームライフルの回でバラバラ状態のモノしかなかったので、組立てたモノのご紹介です。

要するに時間稼ぎなんですが…(笑)

元キットがもはや原型をとどめていないので比較できないのですが、こんな感じです。

イメージ 2


以前のわ記事でも言ったかもしれませんが、コントロールユニットは肘のシールドユニットからアクセスする設定に近い形状に作り起こしました。

イメージ 4



ライフル本体は逆にほぼキットのまんま。外側のセンサー部と先端の第二バレルは接続部を除いて作り直し。

イメージ 3


キットのビームシールドユニットから接続するのでマッチングはいいのですが、やはり保持力がいまいちなので、少し調整が必要そうです…(; ̄ー ̄A

早いとこ仕事片付けて作業を再開したいところです。

でないとやる気どっか逝っちゃいそうで…(笑)

というわけでまた…
梅雨も明け、毎日焼けるような暑いですね?脂肪分の多いわたしには酷な季節ですよ。
脂肪が溶けて生まれたての巨神兵みたいになりかけてます…(/ー ̄;)

さて、待てど暮らせど完成しないV2アサルトバスターですが、実は塗装する段階までは終わってるんですよ。
ただ当初、制作を予定していたモノがやはり気になるので、強行している次第でして…

これです。

イメージ 1


メガビームシールドのビーム部分ですよ。
本体側に仕込んだ磁石と同じ位置に来るように磁石、あるいは吸着物を仕込んで厚みの違う透明プラ板を複数枚を貼り合わせてそれっぽくしてみたんですが…
接着剤がビームの揺らめきっぽくなるかとイメージしてたんですが…

なんかビミョー…(笑)

まぁどのみちその辺りは無理があるし、透明の板だけよりはマシかなと…( ̄▽ ̄)ゞ

これにて工作はひとまず完了ってことで、ボチボチ塗装に取り掛かります。

てはまた…

またやらかしてます

台風が近づいているせいかここ数日天気こそいいですが、ちょっとブッ飛んだ暑さですよね。そして風も異常に強い!

もぅね、ヅラが飛んできそうですよ・・・

いい加減完成させろよ・・・って感じのV2アサルトバスターなんですが、

基本的な作業はほとんど終わってはいるんです。ペーパーも終わっているんですが、

やっぱりね、気になるんですよ。

ディテール等の部分がねぇ〜・・・

イメージ 1
こんな感じとか・・・
なに?このパーツ・・・

イメージ 2
こんな感じとか・・・
相変わらず手切りの精度が低いのはご愛嬌・・・w


イメージ 3
こんな感じ・・・?
同上・・・ww


ちまちまイジるとまぁ〜時間がかかることかかること

手間と時間の割には分かりづらい目立たないんですよね・・・

まぁ自己満足でしかないので仕方ないんですけどね。

ホントにボチボチ塗装を開始したいところなので、時間を作って頑張りたいと思います。

ではまた・・・

ジリジリと・・・

毎度、お久しぶりです。サクッとV2を終わらせていただくつもりが、制作が泥沼化している俺研です。

見た目に似合わず自転車好きの私としては、7月の2週目からはツール・ド・フランスが始まるので、テレビを見ながら作業スピードをアップさせてたいところですが、テレビに集中してしまい逆に下がり気味です・・・とはいえ一応進行しているので生存確認がてらのアップです。

弄るか弄らないかを散々迷って結局バスターパーツを弄ってます。弄っているといってもやっていることは可動部の変更などではなく、機能に説得力を増すようなディテールアップなので、相変わらず切ったり貼ったりの作業です。
現在はこんな感じです。

イメージ 1

メガビームキャノンはメガビームライフルと長距離攻撃兵装でダダ被りなのですが、この微妙な関係性をどう解釈するかで悩んだのですが、キャノンの方が高出力・長射程・射撃精度などが必要なのでは?という解釈をし、キャノンの大口径化っぽく高強度っぽくロングバレル化っぽい感じで切った貼ったしてみました。

イメージ 2

イメージ 3


キャノン基部にプラ板ペタペタして密度を上げるような作業を施します。上のセンサーっぽい部分は形状変更中です。
歯のような形が不ぞろいなのはご愛嬌w

イメージ 4

左のスプレービームポッドはキットや設定画のスリムさだと拡散ビームがスプレーしずらいんじゃね?ということで2ミリほど口を広げてみました。設定画よりは有名イラストのイメージを落とし込んでいる印象です。

これだけ時間をかけてこれだけ?という感じもしますが、イメージがないまま作業をするとどうしても作業スピードが下がるんですよね・・・そろそろ次のステップに向かいたいところです。

ではまた・・・
最近、こんなにマジメにプラモを弄る日々を送るのが久しぶりで、軽く知恵熱が出そうな俺研です。

さて、プラモもマジメにやっている上、ブログまでボチボチの間隔で更新しているという驚愕の事実。

そろそろ地震でも起こるんじゃないか?

おっと、コレは失言でした。でも瀬戸内海で海上保安庁もビックリのイルカの大群を観測したんだとか・・・

地震がないとは言い切れないやもしれません。油断せず、不備がないようすごしたいものです。



さて・・・

今日も今日とてV2なんですが、今日はコチラです。

イメージ 1

シールドに引き続き、メガビームライフルも作り直しことにしちゃいました。

私にしてみればもはや収拾の付かない暴走状態で、いつまでモチべーションが持つかわかりませんw

冗談はともかく、なんだってまたこんなことやりだしたかというと、V2ガンダムのメガビームライフル&シールドは、腕部のビームシールドユニットとの接続が醍醐味でして、なんとしてもそこは再現したいのとコントロールユニットの機能的整合性を持たせたかったということもあって、敢えて苦行の道を選択することにしました。


イメージ 2
バレルユニットはさすがにゼロから造り起こす気がなかったので、基本キットのまま。少しデコっただけですが、バレルの白の先端部分はキットのままだとボテっとしているので、こちらも内側に加速器状のディテールを加えつつ薄めに作り直しです。

もぉね!作業が細かいこと細かいこと・・・今時の便利ツール使いこなせず、プロッターを使っているとはいえ、アートナイフ一本で切り出すのは我ながら馬鹿げているなぁ・・・っとつくづく感じます。


しかし、おかげでそれなりになってきている満足感は高いですね。

さぁ!もう少しだぁ〜〜〜・・・




え?バスターパーツ??

うそでしょう?・・・

ではまた・・・

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事