人生論・状況論への招待

映画鑑賞、心象風景・時代風景への視点

劣等コンプレックスを乗り越えた国王 ―― その「攻撃的大義」への果敢なる飛翔

1   「吃音症」は 「吃音⇒緊張⇒吃音症状の増幅」という負の連鎖が常態化する言語障害である 知力・言語能力が保持されながら、流暢(りゅうちょう)に「発話」ができない 吃音 (きつおん) は 、 「吃音回避」のために膝を叩いたり、口を歪めて「発話」したり する ので、身体の動きがぎこちなくなる「随伴運動」(吃音の中核症状)を必至にする。 吃音を特段に意識してい ない が故に「随伴運動」が起こりにくく、目立った不安・緊張感も見られない「小児吃音」の時期における早期治療によって、吃音は殆ど治癒(ちゆ)するが、吃音を意識する成人期の場合、吃音症状が条件反射付けられ、定着していくので、その「吃音回避」のために、不安・緊張・恐怖の感情が内面を覆い尽くし、 しば しば、胸が締め付けられるよすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事