人生論・状況論への招待

映画鑑賞、心象風景・時代風景への視点

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

1  「絶え間ない悲鳴に、耳を貸さぬ我々がいる」
 
 
ナチスの台頭で米国に亡命し、その後、東独に生活の拠点を設け、東独の国歌をも作曲したユダヤ人、ハンス・アイスラーが作曲した、詩的でありながら、時には軽快で、淀みのないBGMに押し出されるように、カラーで記録された平和で牧歌的な戦後の〈現在〉と、瓦礫(がれき)処理の如く、ブルドーザーで死体の山を無造作に埋めていく、異様なまでの非日常の酷薄の実写を繋ぐ〈過去〉の風景をクロスカッティングさせていく。
 
あまりに有名なこのドキュメンタリーは、どこまでも、強烈な主題提起を持つ「映画性」の枠を崩さない程度において、〈時代状況性〉の落差を強調することで、風化させてはならない問題意識の堅固な継続力の保持を、観る者に問い続けていく ―― それが、ヌーベルバーグの映画作家の一人である、アラン・レネ監督による「夜と霧」だった。(注)
 
ナチスが残した記録映像を巧みに利用することで、「見える残酷」の極点とも言うべき、戦争犯罪を告発したドキュメンタリー映画の衝撃波(圧力波)の強度は、人間の死体を「物体」として処理される凄烈(せいれつ)さの実写の異様さにおいて際立っていた。
 
舞台俳優出身のフランスの映画俳優、ミシェル・ブーケのナレーションが、クロスカッティングされた映像を、声高にならないギリギリの辺りで繋いでいく。
 
「静かな風景。カラスが飛び、野焼きに煙る畑。車や農民の通る街道。
 
楽しげなリゾート地の隣に強制収容所があった。
 
アウシュヴィッツ、ベルゼン(ベルゲン・ベルゼン強制収容所)、ダッハウ(ミュンヘン郊外にある強制収容所)など、どの村もありふれた村だった。
 
今、収容所跡にカメラを手に訪れる。
 
雑草が血の滲む地面を覆い隠す。
 
もはや、鉄条網に電流は流れない」
 
これが、一見、長閑(のどか)な映像へのナレーションの導入だった。
 
ナチス・ドイツのフィルムや、ヒトラーのアジテーションの記録映像の中で、ミシェル・ブーケの抑制的ナレーションが流麗に続く。
 
「1933年。機械の行進。一糸乱れぬ行動。全国民が協力する。収容所建設に業者が群がる。利権に賄賂が飛び交ったのだ。

このときまだ、労働者たちや、ユダヤ人学生たちは遠くにいて、既に、収容先が決定している事実を知らずに生きている。
 
建物は住人を待っている。
 
彼らは各地で検挙された。
 
貨車に乗せ、収容所へ。
 
ミスや偶然で、リストに加えられ、収容所に運ばれる人もいた。
 
鍵を掛け、封印された列車。
 
飢えと渇き、窒息と狂気。
 
必死の落とし文(おとしぶみ=置手紙)。
 
死者も出た。
 
次は、夜と霧の中。
 
同じ線路に日は落ちる。
 
カメラは何を求めて歩くのか。
 
死骸の山の傷痕(きずあと)か。或いは、殴られ、運ばれた囚人の足跡か。
 
別世界に来たようだ。
 
衛生上の名目で裸にされ、屈辱に耐える」
 
この辺りから、流麗なナレーションと寄り添えないような、驚天動地(きょうてんどうち)の記録映像が連射されていく。
 
そして、強烈な主題提起を持つ「映画性」を内包させて、最後のナレーションが一気に押し出されてくる。
 
「カポも将校も言う。命令に背けない責任はない
 
では、誰に責任が?
 
冷たい水が廃墟の溝を満たす。悪夢のように濁っている。
 
戦争は終わっていない。
 
今、点呼場に集まるのは雑草だけ。
 
見捨てられた町。
 
火葬場は廃墟に、ナチは過去になる。
 
だが、900万の霊が彷徨(さまよ)う。
 
我々の中の誰が戦争を警戒し、知らせるのか。
 
次の戦争を防げるのか。
 
今も、カポが、将校が、密告者が隣にいる。信じる人、信じない人。
 
廃墟の下に死んだ怪物を見つめる我々は、遠ざかる映像の前で、希望が回復した振りをする。
 

ある国の、ある時期の話と言い聞かせ、絶え間ない悲鳴に耳を貸さぬ我々がいる」

 

「ホロコースト」を、「ある国の、ある時期の話」に封印してはならないというメッセージこそが、このドキュメンタリー映画の中枢的なテーマであることを、観る者は知るに至るのだ。

 
僅か32分の映画の中に、ホロコーストを告発する作家のモチーフが凝縮されていたが、正直、ドキュメンタリー映画としての「構築力」という視座で俯瞰すれば、科学的検証を軽視したとも思える一点において、些か粗雑な映像の印象を受ける。
 
然るに、〈時代状況性〉を慮(おもんばか)れば、「それも仕方ない」と譲歩すべきなのだろう。
 
(注)「夜と霧」というタイトルは、ヒトラーの秘密命令「夜と霧作戦」に由来する。
 


人生論的映画評論・続 夜と霧('55)  アラン・レネ  <「我々だけが正義である」という、「絶対正義」の心地良き「物語」>より抜粋https://zilgz.blogspot.com/2019/06/55.html

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事