犬の眼に、星。

「豚に真珠、馬の耳に念仏、蛙の面に小便、犬の眼に星」 辻潤著作集より

古道具・民藝・仏教美術

すべて表示

メジコレの残り物。 明治時代、万古の急須。

 いやあ、10周年ということもあってか今回のメジコレ、いつもの数倍はいるのではないかという人波で、満員御礼でした。特に二日目は普段ならひっそりとした雰囲気なんですが、多い時で5人ほどのお客さんがブースを埋めていて、今回は前日の飲み会疲れからウトウト昼寝する余裕もない忙しさでしたね。御来場ありがとうございました。さて。今回何を買ったかというと、これ。明治期の万古の急須です。秦秀雄が著作で何度も絶賛していたもので、恐らくこのエッセイが書かれた昭和30年から40年代でさえもうなかなか手に入ることは無かったのでしょう。氏はこう記しています。 「そのたやすく買えた急須が、ここ10年くらい、まったく気づかない間に急激に異常な変化をきたしはじめてきた。 割れて代りを求めようとしても全く代わりのものが買えなくすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

第参回 M氏蒐集珍奇ガラクタ古道具即売会   どうも、Mです。4月の20日(木曜)から24日(月)まで、知人の画廊カフェをお借りしてこれま ...すべて表示すべて表示

初源伊万里と最末期唐津

2017/2/8(水) 午前 2:03

 初源伊万里を知るには最末期の唐津を知らなければならないだろう。そして、最近手に入れたこの絵唐津の小皿こそが僕の知りうるうえで最末期の唐津焼だと思われる。さて、その根拠は? こちらの記事を再び参考に。 過去と未来。初源伊万里と草創期伊万里 http://blogs.yahoo.co.jp ...すべて表示すべて表示

今年の秋に行われる三年に一度の東京美術倶楽部の特別展には、全国から多くの骨董ファンが集まってきます。そこでこの機会を利用して、東京で鑑賞会を開き、それぞれが持ち寄った名品を鑑賞し、交流する場を準備しようと考えています。この場を通して、普段交流することのない美濃古陶磁研究会など地方の研究会のメンバーや、ブログやインスタグラムなどで ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事