犬の眼に、星。

「豚に真珠、馬の耳に念仏、蛙の面に小便、犬の眼に星」 辻潤著作集より

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3


 初源伊万里を知るには最末期の唐津を知らなければならないだろう。そして、最近手に入れたこの絵唐津の小皿こそが僕の知りうるうえで最末期の唐津焼だと思われる。さて、その根拠は?

こちらの記事を再び参考に。

過去と未来。初源伊万里と草創期伊万里
http://blogs.yahoo.co.jp/ziprockers/10972851.html



 唐津と伊万里の違いを隔てるのは磁土や釉薬だけではなく、窯道具の使用方法が大きな基準点となっていたはずだ。胎土目積→砂目積へと進み、さらに釉剥ぎと砂目積の併用、そして団子状だった砂目が高台全体に散らばっていき、大粒の珪石へと変化していく。この変化の中で多くの資料が釉剥ぎと団子状の砂目積の併用の段階で草創期伊万里が生まれたことを示している。とすれば、上記の絵唐津のサンプルは明らかに草創期伊万里の手法を踏まえつつ、さらに、団子状の砂目ではなく、均一に砂を高台に付着させるという草創期伊万里の後期に見られる進んだ技法を唐津焼に使用していることになる。つまり、草創期伊万里の技法で焼かれた絵唐津だ。ということは、明らかに草創期伊万里の技術を取り込みつつ、同時期に焼かれた最末期、いや、最先端の唐津焼だと言えないだろうか?


それにしてもこの皿を見ていると・・・・・

イメージ 4

イメージ 5


 
 一見、上に挙げた江戸初期の雑器の志野織部の皿を彷彿とさせるデザインだと気が付く。釉剥ぎがあるため東南アジアのものか、くらわんかのようにも見える。そして唐津とは言えど、妙な違和感を与える独特な釉薬の調子と鉄絵。でもどこかで見たことがあるような・・・・・

思い出した! 木原茶碗だ!!

イメージ 6

イメージ 7


答えを明かせば、この皿の出土地は平戸系古窯の地蔵平窯らしい。ということは木原茶碗の系統になり、この独特のわずかにグリーンがかった釉薬と鉄絵の発色も納得できる。地蔵平窯の稼動時期は下記リンク先の森川さんのブログに掲載された現地の看板でわかる。

http://blogs.yahoo.co.jp/moriei8503/GALLERY/show_image.html?id=36117361&no=2

>元和三年(1617年)頃、葦の本窯、柳の本窯より適地を求めて移動した。焼製品は主として土もの(唐津手)で皿類が圧倒的に多くみられ、他茶碗、飯椀の粉引手、絵唐津手のものも多数出土する。又、磁器焼成を試みた極く初期の物も見られ、6〜7寸程の皿、飯椀、ぐい呑み等と併せて、半磁器や刷毛目の小皿、飯椀に木原茶出し等が焼成されている。又、庵の横窯跡付近からは渡来人と思われる大陸式の寝棺も出土している。


 おそらくこの説明文にある「絵唐津手のもの」と言われるのがこの皿なのだろう。元和年間稼働なら志野織部とのデザインの類似も納得できる。古来からの大陸との繋がりも含め、どのような技術的な推移の痕跡が堆積しているのか、物原が気になるところだ。何より、「磁器焼成を試みた極く初期の物も見られ、6〜7寸程の皿、飯椀、ぐい呑み等」とあり、いったいどんな姿形のぐい呑みなのか、頭の中でイメージは膨らむばかり。さて、どなたか地蔵平窯のこの手のぐい呑み、お持ちではないだろうか?

この記事に

閉じる コメント(2)

> 草創期伊万里の技術を取り込みつつ、同時期に焼かれた最末期、いや、最先端の唐津焼だと言えないだろうか?

確かに、納得。
でも広範囲に見ますと、17C初頭あたりから磁器生産に移行していった窯場と
二彩唐津などの後期唐津と呼ばれる製品作りに進化していった窯場とに分かれる
事になるんですね。
これは藩の交易先(消費地)の需要によるものであったと解釈しています。

森川天は持っていませんが、これって磁器皿だろうと思えるほど薄造りで
シャープな唐津の平皿を地蔵平窯出土品で観たことがあります。

森川天の師匠がこの窯の事に詳しく、資料も有るかも知れません。
その時はアップ出来るかも。

2017/2/8(水) 午前 7:33 [ 森川天 ] 返信する

顔アイコン

> 森川天さん

確かにくらわんかのように江戸中期以降に焼かれた可能性は否定できないかと思います。そこらへんはこの窯の出土品を大量に見ていけば判断できるかと。発掘の報告書が出ていればいいのですが。

なるほど。御師匠さんの資料、ありましたらぜひUPお願いします。

2017/2/8(水) 午前 10:11 [ 魚狗(カワセミ) ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事