欧州連合が独禁法違反の疑いで Google を調査

欧州連合が自社の事業に対する調査を開始したとの報道を受け、Google はすかさず反撃に出た。同社は、競争担当の上級法律顧問 Julia Holtz 氏が投稿した23日付けの Blog 記事で、自社のビジネス手法について欧州企業3社から申し立てがあったとの通知を欧州委員会 (EC) から受けたことを認めた。申し立てを行なったのは、英国の価格比較サイト Foundem、フランスの法律関連検索エンジン ejustic.fr、Microsoft 傘下の Ciao! from Bing の3社だ。「Committed to competing fairly」(公正な競争に尽力) と題された Blog 記事の中で Holtz 氏が述べているところによれば、Google はこの種の申し立てから生じるメディアの注目を鑑みて、自らの立場を説明することにしたすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事