ここから本文です
Hard bop でブルース巡礼!、開店!2014/11/07(金)

書庫全体表示

Art Blakey - Moanin'

一度消えた Blue Note Records の復活を記念する1985年2月22日のお祝いコンサートから
Jazz Messengersにゆかりのあるメンバーによる Moanin' ですが全員のこの楽しく嬉しそうな様子、いったい何と表現したらいいのか、特に Johnny Griffin の映像が珍しいのと手拍子の気さくなのりが微笑ましくてちょっと嬉しくなりますネ、
Little Giant の強面くらいのイメージしか浮かびませんから、いい顔しています。それと最後まで笑顔の Walter Davis Jr こちらは DAVIS CUP でよく知られていますがこの日は特別嬉しそうでしたネ、
内容もワイルドにならず Freddie Hubbard のトリッキーな Lee Morgan ばりの超ロングなトリル奏法、Johnny Griffin の太いトーンにもびっくりの大迫力、おしゃれな Curtis Fuller ちょっとフレーズの繋がりに詰まってメンバーの笑いを誘っていましたが、まあいい音だしているし、Walter Davis はまるでピアノの魔術師、切れのいいファンキーなフレーズをつなぎ、
フロントが間違って終わりのテーマに入ろうとして、突如、オーダー間違えるな!と御大の一撃に仰け反って後ずさりする Fuller と Griffin も微笑ましく、続けて Reggie Workman の(bs)ソロと見どころがいっぱいです。
楽しいのにあとが悲しくなるのはこれが30年前の映像ということです、誰でもこの映像が現在であって欲しいと思うでしょう、(bs)の Reggie Workman  のほかのメンバーはもう元気な姿を見ることは出来ないのですから。
Freddie Hubbard (tp)
Johnny Griffin (ts)
Curtis Fuller (tb)
Walter Davis Jr. (p)
Reggie Workman (b)
Art Blakey (ds)









________________________________________

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事