全体表示

[ リスト ]

バーチャルウォーター

今「世界一受けたい授業」という番組で、沖某というペテン師が「バーチャルウォーター」というゴミの様な概念を宣伝している。ワシは、今までに世界中で現れたペテンの中でも、この「バーチャルウォーター」というのは最低最悪の部類だと考えている。

「バーチャルウォーター」というのは要するに、食糧を生産に必要な水の量に換算するという概念で、推計される使用量を累算したものとして表される。つまり牛肉なんかの場合は、牛一頭を育てる為に必要な牧草を育てるのに使われた水の総量として表される訳ね。

最初に提唱したのは、ヨーロッパの何処かのバカなのだが・・・現在、結構な数の反日エコ屋がこの概念を使って、「食糧輸入国というのは食料輸出国の水資源を大量輸入しているのと同じだ」という屁理屈で、「食料輸入大国」である日本に世界の水不足の責任をおっかぶせようとしている。「牛一頭を育てるのに必要な牧草を育てるのには何千トンもの水が必要なのだから、牛肉を輸入するという事は何千トンもの水を輸入しているのと同じだ」なんて愚かな屁理屈を垂れ流している訳ね。・・・最早、危地害と言う他は無い。

改めて言うのもアホらしい事なんだが・・・この「バーチャルウォーター」という概念の問題点は、地球上の水が蒸発と降雨というサイクルで循環しているという自然界の根本的な営為を、テンから無視しているという事だ。循環しているモノの、一つのポイントを通過する量を累積して・・・そんな数字に、一体何の意味がある?

コレを宣伝しているバカ共の多くは学者面して喋っているんだが、実際の所は科学とは全く縁の無い単なる詐術に過ぎない。要するに、人が吐き出した二酸化炭素で植物が光合成をして酸素を作り出しているというファクターを無視して、人の呼吸を一方的な「酸素の消費」と位置付けて、その前提で人の呼吸による酸素消費に警鐘を鳴らすというのと同レベルの、無法な戯言に過ぎんのね。

頭の悪いエコ屋や水問題の専門バカの頭の中がこんがらがって発生しただけのモノなのか、地球市民な人々が「先進国」乃至「日本」を非難する為に捻り出した屁理屈なのか、その発生の背景は分からんが・・・少なくとも、テレビ番組で垂れ流しにして良い様な代物ではないわな。

日本は水資源に恵まれていない国なのだから、水を大切にするというのはワシも大事な事だと思うんだが・・・水の節約に繋がりさえすればペテンでも良いとは思わんね。

(追記:当記事コメント欄にてtamanegi氏より、最初の提唱者であるトニー・アラン氏が提示した元々の「バーチャルウォーター」の概念は、食料の交易により水資源を巡る争いが緩和されているというメカニズムをモデル化する為に、「食料」を「産生するのに必要な水の量」に置き換えて説明したものだったとの指摘を頂いた。ワシ自身が「バーチャルウォーター」を紹介する文章として、「世界の至る所に水不足であえいでいる地域がある」という話をマクラに「日本は実際には大量の水を外国から輸入している(事になる)」という文脈で語られている例しか目にした事が無かったので、初めからそういう概念だったのだと思っていたんだけど、元々が「食料輸入」に付いて「輸入する側が対価を払って水を節約する行為」という見方も出来るという様な話だったというのなら、それは全く普通に「腑に落ちる」話だ。という訳で、三段目の「最初に提唱したのはヨーロッパの何処かのバカなのだが」に付いてはワシの事実誤認であったと認め、謹んで撤回させて頂く事にする。)

閉じる コメント(37)

顔アイコン

Tamanegiさん、いらっしゃいませ。問題をどういうフレームで捉えるかによって「解決」の定義や「解決」へのビジョンが変わってくるという事を示している、端的な例ですね。私自身は安全保障的な意味で、少なくとも生存に必要なモノに関しては、自給自足(が可能な状態)に近付ける方向が望ましいとは思っているんですが・・・まぁ、「本質的には無理」でしょうね、確かに。

2008/6/18(水) 午後 7:02 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

>安全保障的な意味で、少なくとも生存に必要なモノに関しては、
>自給自足(が可能な状態)に近付ける方向が望ましい

これは仰る通りかと思います。いくつかの食物種については「農業行政の改善によりそれが可能かも」とも言われていますし、リスク分散の意味でも国内一次産業の前向きな発展を望む意味でも、苔の生えたような減反政策一辺倒からはランクアップしたいところですね。

そして「邪推」のオマケで少し……
もともとの提唱者によるVW説は「(本来起きていておかしくないはずの)水資源を巡る争いが、食糧輸入(という擬似的な水資源獲得)により緩和されている」という説でした。
そうすると、「大量の食糧輸入による擬似水資源消費はけしからん、その分代償責任を負うべし」と(件のTV番組のごとく)沖教授説を認識した場合は「水資源を巡る争いを緩和するのはけしからん、水を巡って激しく争えー」という意味にすらなり得てしまうのですな。もちろん沖教授自身は、そこまで深く自説の反意を考慮してはいないでしょうけれども。

水問題以前にその辺どう思うのか、機会があれば教授にお尋ねしてみたかったり。はは。

2008/6/20(金) 午後 1:49 [ tam*ne*i*patrio* ] 返信する

顔アイコン

いざという時に、食料輸出国の政情に赤くなったり青くなったりしないで済む程度の生産力は、確保できる様にしておいてもらいたい所だと思います。まぁ、これから民間に零細農家をたくさん作るというのは、困難だし色々な意味で問題が多いと思いますので、やるのであれば法人か、公共事業までを射程に入れての大規模経営が必要でしょうが。
で、オマケに付いてですが・・・なるほど、元々は貿易による水資源の不均衡の平準化のモデルの中で出て来たモノだったのですか。それなら概念として理解出来ますわ。私が数年前に最初に耳にした時には既に、食料の貿易によって富める国と貧しい国の水資源の不均衡が加速しているという話になっていましたので、最初からそういう論だったのだと思っていました。だから「何をどうすればそんな考え方に・・・?」と不思議に思っていたのですけどね。なるほどなるほど。

2008/6/20(金) 午後 5:26 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

どもです。
過日に宣言した「この話題(寄せられた批判に関する議論)は私のブログで引き取る」を実行しましたので、そのご報告を……憚りながらさせていただきます。

なお、一部に管理人様への申し入れというか要請というか指摘の確認というか……もちょっと含んでいます。
私の読み取りが管理人様の意図とずれていないかどうかの確認も兼ねて、お手数ですが目を通していただけると私が感激します(何

2008/7/5(土) 午前 5:41 [ tam*ne*i*patrio* ] 返信する

顔アイコン

tamanegiさん、いらっしゃいませ。ご苦労様です。どうも私のPCからは、Yahoo!以外のブログにコメントが通らないもので、こちらで失礼致します。トラックバックを頂きました記事に於ける、私の記事の論旨の抽出に関しては全く問題は無いと思います。
これから暑い季節になりますし、個人的にはわざわざ自らストレスを抱える事も無いのではないかとも思いますが、色々と思う所が有っての事でしょうから・・・「論点違いには付き合わない」という事にだけは留意しておいて下さい。ご健闘を祈ります。

2008/7/5(土) 午後 4:03 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

おお、そんな不具合がありましたか……<コメ不能
それは致し方無いですね(汗)
もし可能であればご意見箱(メールフォーム)に投稿という手もありますので、よろしければ。転載希望とか記してもらえれば代理でコメ記載とかも。

記事の確認についても、ありがとうございました。適切に意図を忖度できていたようで安心です(^^;
で、まあ一点だけ要望というか……

>最初に提唱したのは、ヨーロッパの何処かのバカなのだが

Web上に資料が少なくて難儀しましたが、どうもトニー・アラン氏のVW説は沖教授のそれとは方向性がまるで逆っぽいので(アラン教授のVW説は「犯人探し」などには結語しない)、↑は訂正なりお入れになるのがいいかなと。枝葉の部分で無駄に労力使うこともないでしょうし。

僭越ながら、よろしくお願いします。

2008/7/5(土) 午後 6:49 [ tam*ne*i*patrio* ] 返信する

顔アイコン

まぁ、書いた事は書いた事で消してしまう訳にはいきませんから、一応「追記」という形で対処してみました。

2008/7/6(日) 午前 0:23 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

VWには日本が輸出している工業製品、鉄、半導体などに使用した水資源は相殺されてるのでしょうか?日本はむしろ水資源の輸出国ではないかと考えます。

2008/8/10(日) 午後 3:37 [ 泥酔太郎 ] 返信する

顔アイコン

maeenntotyauさん、いらっしゃいませ。この2つ後の記事へのコメントで、KM氏も同様の疑問を提示されています。まぁ、工業生産に使用されている水量のデータくらいは、何処かで誰かが採っているだろうとは思いますが、それを元に「日本がどれ位の水を輸出している事になるか」なんて事を研究している人間は恐らく居ないでしょう。余り意味のある研究だとは思えませんし。少なくとも、私は目にも耳にもした事が無いですねぇ。
まぁ、VWなる概念に付いて普通に考えれば、「こういうのは収支で考えないと意味が無いんじゃね?」と思う訳ですが・・・輸入分だけを取り出して「日本は水輸入超大国である」と喧伝する事に、違和感を感じない方々というのも存在している様です。

2008/8/11(月) 午後 11:24 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

一応、農業製品だけと思われます。
理由は、水使用目的比率がだいたい、農業用水:工業用水:生活用水=7:2:1と、
農業利用が、最も多いからのようです。(だからって工業用水無視するのもどうかと思いますが)
そこらへんを踏まえると、工業輸出を考慮しても、日本の場合仮想水輸入量の方が多いと思われます。

しかし、仮想水理論を利用して、何か言う人って、
風呂の残り湯を洗濯に利用していても、
単純に、1日で風呂200リットル・洗濯に風呂の残り湯80リットル、水道から40リットルとして、
「お前は1日に風呂と洗濯で320リットル使ってる!」
って言ってるようなものですね。 削除

2008/8/12(火) 午後 4:55 [ KM ] 返信する

顔アイコン

KMさん、いらっしゃいませ。その水使用目的比率の7:2:1という数値は、「世界」での話でしょうか、或いは「日本」の話なのでしょうか?まぁ、日本で生活用水の7倍もの水を農業に使っているとはちょっと思えないので、「世界」をベースとした数字ではないかとは思いますけど。
何らかの「問題」に付いて「警鐘を鳴らす」のが目的の人達にとっては、その「問題」は大きく見えれば大きく見えるほど良い訳ですからねぇ・・・。思惟がそっち方面に引きずられると、「どの様に解釈しても足す事ができない物」以外は全部足しちまえという方向に、至って自然に流れて行ってしまうのかも知れませんね。

2008/8/12(火) 午後 10:47 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

世界の話だと思います、世界目線での『物差し』の理論なので。
水の移動が重要でなく、各国の水使用量を計る物差しなだけなんですけどね、これって。
もっと実際の値に近い理論が誕生すれば、消える運命にある理論です・・・科学って非情です。

ついでに言えば、仮想水理論では必然的に肉の仮想水が非常に多いので、
アメリカやオーストラリアからの仮想水の移動が多いみたいですね、日本は。
ちなみに水資源の豊富な日本ですが、アメリカやオーストラリア以上に水資源の枯渇の心配がされているようです・・・人口密度を考えれば当たり前ですが。
テレビではアメリカやオーストラリアの一部の地域が、水が枯渇してるようによく放送されていますが、
そりゃ、日本関係なく、その国の行政が悪いだけやん、といつも思います。

で、マイナスなら、水資源を確保するか、効率的な水の使い方をするか、その国が決めて実行しなきゃいけないことでしょう。
もちろん、日本がお願いされれば協力すべきだとは思ってます。(無償か有償かは別として) 削除

2008/8/14(木) 午後 11:41 [ KM ] 返信する

顔アイコン

世界全体で、農業、工業、生活用水の比率が7:2:1・・・工業化されている国の少なさを考えると、2割というのは結構な比率ではないのか、という感じもしますね。
まぁ、それはそれとして・・・VWという概念も、世界レベルでの水使用の効率化を実現するモデルを構築する様な方向に向けて使用されるのであれば、有用で在り得るのでしょうが、「日本の食料輸入に伴って世界各国で消費されている水の量」といった逆ベクトルの話が喧伝されている様では、有害でしか無いでしょうね。
日本は、国民一人当たりの降水量では確かに中東諸国などよりも少なく、その意味では水資源に恵まれた国ではないとも言えます。更に、人口の偏在と集中が極端ですから、人口集中地への水供給には、色々と難が出ている所はある様ですね。が・・・年間3000ミリやそこらは雨が降る地域に住んでいる者としては、「水資源の枯渇」と言われても、正直な所「???」って感じですね。

2008/8/15(金) 午後 11:59 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

アメリカだと「農業用水の地下水過剰依存による水環境悪化」
アフリカや南米では「ダム治水の失敗による水供給のアンバランス」
といったような感じで、それぞれに「水の使用量」とは別の「水問題」を抱えてるみたいですね。だからこそ「悪者探し」的なやり方がまかり通ってしまう(本当に解決すべき困難な問題にフタをできる意味で)のかもしれず。

>「水資源の枯渇」と言われても、正直な所「???」

日本に住んでいると普通はそうでしょうねー。
一部の「水供給を地下水に依存」している地域だと、また視点が違うみたいです。昔ちょっと話題になったことがありますが、最近はあまりメディアで取り上げられなくなりましたね……

まあ、どっちゃにしても「食糧輸入」に絡めるべき話では微塵も無いわけですが(爆)

2008/8/17(日) 午前 3:42 [ tam*ne*i*patrio* ] 返信する

顔アイコン

Tamanegiさん、いらっしゃいませ。それ以外のパターンとしては、上海での「工業用水の供給を優先した結果、周辺の果樹園地帯が水不足で壊滅」という例なんかもありますね。まぁ、「水問題」というのは、それぞれの国や地域ごとに原因が違い、様態が違い、基礎条件も違う訳ですから、それらを束ねて「世界的な水問題」として論じても、実りがある様には思えませんね。
日本で本当に水不足になる地域といえば、私の知る範囲では夏場の香川県くらいのものです。土地開発で地下水脈が断たれたり汚染されたりして、農業用水や生活用水として使用できなくなった様な事例は、全国に少なからずあるのでしょうが・・・それが「枯渇」として云々する様な話なのかというと、やはり「???」という感じですね。


2008/8/17(日) 午後 6:54 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

ひろと言います。
やり方によっては、水はたくさん節約できますね。
9/26水の節約の記事を書きました。コメントいただければ嬉しく思います。

2008/9/26(金) 午後 1:38 ひろ 返信する

顔アイコン

ひろさん、いらっしゃいませ。そちらにお伺いしましたけれども、特に書く様な事も思い付きませんでしたので、コメントは遠慮させて頂きました。節水を心掛けられるのは、良い事だと思います。

2008/9/26(金) 午後 3:40 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

某所にて発砲してから辿り着いた記念にコメ残します。

>沖某というペテン師

Webにあった論文らしき物を読んだ上で同意します。
水の恩恵を受けたのは輸出製品を売った企業だけ。何か問題があるなら無計画に量産した奴の膨らみきった懐から抜き取ればいい話です。

論文に「日本は恩恵を受けているから『他で』還元を」てな主旨を含んでいましたが、化石燃料の盗掘を(たぶん)実行中の国でしょうかねぇ。ペテン師が援助したいのは。 削除

2008/10/3(金) 午後 1:34 [ dan ] 返信する

顔アイコン

danさん、いらっしゃいませ。どちらで何を「発砲」されて来たのかは、敢て尋ねない事に致します。
まぁ、観念(解釈)の上で「恩恵」だの「責任」を捻り出してその債務を請求するという手法は、確かに某大国を含めた特ア3国のお家芸ではあるのですが・・・本人が本気で正しいと思って主張しているだけ、という可能性も否定は出来ないですよね。哀しい話ですが。

2008/10/3(金) 午後 10:26 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

バカと言ったら自分がバカ
人格攻撃とか、こう言う一つ覚えしか言えない人の方がもう終わってますね。 削除

2012/1/14(土) 午後 10:22 [ のも ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事