全体表示

[ リスト ]

遂に、半歩も進めないままに2016年が暮れてしまった。

一応、年の〆に、何が原因で作業の足が止まっているのかに付いて書いておこうと思う。

先の戦争で「日本殺し」を主導した勢力は3つ。
上海のアヘン商(と、それに繋がる英政治家達)、ソ連、そしてルーズベルト・ホワイトハウス(と国務省)だ。
まぁ、アヘン商達は恐らく日本のシナへの進出を止めようとしていただけで、元から「日本殺し」を目論んでいたという訳ではないんだろうと思うけど、その為にF・ルーズベルト、スターリンという2大狂人をシナ情勢の中に引っ張り込んだのだから、『「日本殺し」を主導した勢力』に数えて間違いないだろう。

シナ人や朝鮮人達は、それぞれの勢力に飼われていた手先に過ぎない。

で・・・所謂「ハルノート」の原案を書いたホワイトがソ連のスパイだった事もあり、アメリカの枢要部がソ連に乗っ取られていたという認識を持っている人が少なからず居る様なのだが、恐らくそれは違う。勿論、アメリカの政界やメディアにソ連のスパイやシンパがごっそりと入り込んでいたのは事実で、だからこそ、後にマッカーシーの音頭で「レッドパージ」をやったんだけど、だからと言って、アメリカが『ソ連の影響によって「日本殺し」に傾いた』という訳ではないんだわ。

アメリカの枢要部は、元から日本を滅ぼしたがっていた。
だから、「日本殺し」という目的に関してソ連と「意気投合」したんだわ。

アメリカでの「黄禍論」の流行に関しては、
「日露戦争に於ける日本の勝利によって、アメリカで日本に対する警戒心が高まり云々・・・」
という様な説明が為されている場合が多い。アメリカで「黄禍論」が持ち上がったのが1905〜6年頃からで、時期的に符合しちゃうものだから、何となくその説明が流通してしまっているみたいなのだが・・・恐らくその認識は間違いだ。まぁ、間違いと言うよりも、「嘘」というべきなのかも知れないが。

20世紀に入ってすぐに、アメリカ政府は、
「フロンティアは存在しない」
と宣言した。つまり、北米大陸は白人が完全に制圧したと宣言した訳ね。
それで、アメリカが次に何をしたかというと・・・ハワイ王国の侵略に取り掛かったんだわ。

侵略されかかったハワイ王国は、日本に救援を要請。
それを受けて日本政府はハワイに軍艦を派遣し、アメリカ人達が無法を働かない様に睨みを利かせて、アメリカ人によるハワイ侵略を食い止めていた。

しかし、1904年に日露戦争が勃発。
日本としてはハワイに軍艦を出しておく余裕が無くなり、已む無く日本に呼び戻した。
で、日本は何とか日露戦争に勝利したのだが、その間にハワイ王国はアメリカに併合され、滅びてしまった。

真珠湾攻撃の遥か以前に既に、日本はアメリカに対して軍事的対立の意思を示した事があるんだわ。
1905〜6年頃からアメリカで「黄禍論」が喧伝される様になった理由は、恐らく日露戦争なんかじゃなくて、こっちなのよ。

で・・・「フィクション」を続けて行くと、何れF・ルーズベルトの日本に対する偏執的な悪意に論及する事になるんだけど、その遠因として、この「ハワイ侵略妨害」の一件に触れる事になる、と。
で、その論じ方に付いて考えている内に、ヨーロッパ系の連中の「根源的な異常性」にぶち当たって・・・そこで躓いて、足が止まってしまっているんだわ。

ヨーロッパ系の連中ってねぇ・・・自分達が他所を侵略しようとして、現地人に抵抗されると怒るし、侵略を妨害されたり侵略に失敗したりすると、相手を恨むのよ。
コレがどうにも理解しづらいと言うか、抽出し難いんだよね。

「ハワイ侵略を妨害された事に対する怒りと恨み」
「日露戦争に負けた事に対する復讐」
・・・日本人からすると、
「何処にヲ前らが恨みを云々する筋合いが有るんじゃ」
って話なんだけど、事実として奴等は「怒る」し「恨む」んだわ。

で、その辺の事を振り出しに、欧米系の何と言うか、「心性」の様なモノに付いて考えていたんだけど、考えれば考える程、不気味と言うのか、気色悪いと言うのか・・・

ヨーロッパからアメリカ大陸に最初に辿り着いたのは、スペイン王室に雇われたジェノバ人、一般的には「コロンブス」と呼ばれているクリストフ・コロンボで、そもそもこのコロンボが中央アメリカ一帯でやりたい放題の虐殺をやらかしているんだけど、その後、スペイン、ポルトガルから続々とアメリカ大陸に渡った所謂「コンキスタドーレス」達も中南米一帯で略奪と虐殺を行い、ヨーロッパ人が入って以降、中南米一帯で3000万人以上の原住民が死亡したと考えられている(ヨーロッパから持ち込まれた疫病による死者を含む)。

その後、イギリス人がアメリカ大陸に渡る様になり、スペイン、ポルトガルが余り手を付けていなかった北米に入り込み、現地人から土地を奪い取り、だまし取り、更には現地人を駆除する為に意図的に天然痘を撒き散らし、抵抗する者はぶち殺し、19世紀までに原住民を絶滅寸前にまで追い込んだ。

また、オーストラリアにはイギリス人が入り込んで原住民をハンティングで殺しまくり、タスマニアの原住民に関しては本当に絶滅させてしまった。

他に、フランスやオランダ、ベルギー、イタリアなんかも東南アジアやアフリカで似たり寄ったりな事をやらかしているんだが、書いていたら果てが無いので・・・。

で・・・ヨーロッパ各国の人間が、ヨーロッパの外に出てやらかした種々の暴戻に関して、一かけらの罪悪感も持ち合わせていないという事に付いては、彼の地の「差別主義」の賜物として理解は出来る。

理解できないのは・・・
アメリカやオーストラリアでは20世紀に入ってから、原住民に対する「保護政策」を採っている。その事自体は別にどうという話でもないんだけど、アメリカ人もオーストラリア人も・・・
その事を以て、自分達が「原住民を大切にしている」と思っている臭いんだわ。
更に言うと、自分達が「原住民を大切にするGoodperson」だと思っている臭いんだわ。
更に更に言うと、その事で他国の人間から「Goodperson」と思われていると思っている臭いんだわ。

この辺の「歪み」が、どうにも抽出し難いのよ。

思惟の形態だけを見れば、朝鮮人のそれに構造的には近いんだと思うけど・・・朝鮮人が自分達が「善」だという事にする為に自分達の悪行そのものを無かった事にするのに対して、ヨーロッパ人は自分達が略奪や詐取、虐殺、搾取、強姦、人身売買などをやらかしていた事を隠しもせず、それを知った上で、当たり前の様に自分達の事を「善」だと「思っている」し、自分達が「善」だという立場で世界を見、語るんだわ。

この辺の精神構造がもう少し見えないと、日本が直面した「悪意」の形を論じるのが難しいのよね。

2016年の内に投稿する心算だったんだけど、年が明けてしまった。文末に書くのも妙だけど・・・

新年、明けましておめでとうございます。
ちょっとまだ、作業再開の目途は立っていないのですが、今年も宜しくお願い致します。








閉じる コメント(5)

顔アイコン

ご無沙汰してます。
この分野、私も興味あります。

>この辺の「歪み」が、どうにも抽出し難いのよ。

「免罪符」思想など、参考になりませんかね?
http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%85%8D%E7%BD%AA%E7%AC%A6

2017/1/1(日) 午前 1:43 tatsuya11147 返信する

顔アイコン

たつやさん、いらっしゃいませ。お久しぶりです。

「免罪符」というのは、神の権威の現世での代行者たる教会に金を払って「許し」を買うというシステムで、構造的には中国朝鮮で言う「有銭無罪、無銭有罪」と同じですので、それだったらば、良し悪しはともかくとして理解は出来るのですよ。

処が、現在の欧米系の人間の言説から透けて見えるのは、「自分達はアプリオリに善」という意識なのですよ。彼らは恐らく、神の「許し」なんか全く必要としていないのです。

彼らが自分達の手が真っ白だと思っていてそういう意識だというのであれば、話は解るんですが、自分達の手が血塗れだという事は知っているのですよ。その上で、自分達を当たり前の様に「善」だと「思い」、そして「善」という立場から日本やナチスの「残虐行為」やらムスリムの「凶暴性」を「悪」として非難しているという・・・

直観的には、『「判断」をしていない』という形なのかな、という気はしています。

2017/1/1(日) 午後 6:53 [ zombiepart6 ] 返信する

顔アイコン

ハワイについての歴史的政治漫画
https://sites.google.com/a/hawaii.edu/ndnp-hawaii/Home/historical-feature-articles/political-cartoons

アメリカは、ハワイ併合について、
日本とイギリスを十分に意識していますね。

2017/1/3(火) 午前 2:10 tatsuya11147 返信する

ん〜、もう、ワケわからん・・・

2017/2/2(木) 午後 2:37 [ ぬくぬく2 ] 返信する

顔アイコン

ぬくぬくさん、いらっしゃいませ。

まぁ、ザックリ言えば、シナ、朝鮮で「儒教」が歪んだのと同じ様に、中世ヨーロッパで「キリスト教」も歪んだのですよ。多分、現在の欧米系の人間の殆どは「キリストの教えを信じている」のではなく、「自分達はキリスト教徒だと信じている」だけなのではないかという気がします。

2017/2/2(木) 午後 11:42 [ zombiepart6 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事