全体表示

[ リスト ]

http://blog.goo.ne.jp/kill_me_deadly/e/c579a3da8f758d67a1c434e95c58cd2e

イメージ 1


イメージ 2



◆テロ実行犯のモンサントがロックオン♪

◇ミサイル攻撃説
http://www.youtube.com/watch?v=IRIpB2jkCRs

左から炎が走り、角度的には戦闘機から発射された、赤外線探知の低空飛行『小型核弾頭ミサイル』かなあ?
ミサイルならば、ジャカルタでの工場爆破と同じ手口か。

ボストン爆破テロは揚動で、こっちの肥料工場爆破が本命。
ボストン爆破は自作自演の偽旗作戦であることが明らかになりつつあるが、肥料工場は自作自演じゃなくて、本気の核攻撃だと判明

▼次の標的は、日本なのか!?

それしても、立派なキノコ雲ですね!
これが、訴訟妨害やゆすりならば、本来は『 火災で充分』のはずなのに、火をつけたうえに、さらに『ミサイルで小型核爆弾』まで撃ち放つとは。
米国内でさえ、標的にされるのであれば、今回の核投下の目的は『世界中への脅迫』に他ならないことになります。
つまり、TPPに逆えばと核が降るぞ、という『 日本への犯行予告』であることは、時期的にも疑いようがなく、まず間違いがないのでしょうね、ニッコリ(苦笑)

TPPに逆らうことは、モンサントに逆らうこと 。
モンサントに逆らえば、核を放つ。
逆らえば何をしでかすかわからない、恐怖のネオコン軍産複合体。
ここまでやるとなると、日本の政治家は国民を人質にとられたも同然で、なかなか強行姿勢がとれないでしょう。
政治家が米国の言いなりになるのも、当然と言えば当然なのかもしれません(´・ω・`)シ ュン

▼なんと、この肥料メーカーが、モンサントを提訴していた!

モンサントに訴訟を起こした肥料メーカーが 、工場をミサイルで消される。
当然、爆破テロによる脅迫で、訴訟は今後、 継続困難に陥る。
このモンサント、実は軍需産業なんです。
遺伝子組み換え食品は飾りにすぎず、モンサントの本業はれっきとした軍事兵器開発です 。

庶民「兵器を作ってるなんて、ウソだ!」
ちるみぃ「実は、遺伝子組換えの種子こそが兵器なのです。この遺伝子が改造された種子の危険性を、公に法廷で立証されてしまうと、モンサントが食糧兵器で国民に不健康を売りつけてきたことが、バレてしまう。それだけはマズい、ならば消してしまえ、というわけです」

▼モンサントの正体は、ネオコン傘下の軍需企業

知らない人も多いと思いますが、
『モンサント=軍産複合体』です。
にわかには信じられないかもしれませんが、ネオコン軍産複合体の最終目標は、あくまでも人口削減です。
この人口削減計画が、例えハッタリだとしても、遺伝子組換え食品は、目的として庶民を不健康にするために開発された兵器であることは、次のとおり明らかです。
もしも、不健康な人が増えれば、病気にかかりやすくなりますよね。
そして、病気にかかれば、医療機関と保険屋が儲かります。
すると、薬剤企業と保険企業に多大な利権を構築している、国際金融資本名義の多国籍企業が儲かることにつながります。
軍産複合体も金融資本も、同じ目的の組織なので、連携して動いているのです。

▼モンサントが健康的な食糧を開発する可能性は何%ですか?

答え『0%』

モンサントが健康的な食料を開発する可能性は、残念ながら全くありません。
なぜなら、人を殺すための兵器を作る軍産産業が、人を健康にするために遺伝子組換え食品を開発する必要など、ありえないからです。
兵器工場で健康食品を作ってくれるほど、彼らはお人好しではありません。
むしろ、兵器工場で人殺し食品を作っている姿のほうが、とてもよく似合います。
彼らは、そういう人種なのでしょう。
ベトナムに枯れ葉剤をばらまいて人体実験をしたモンサントが、ベトちゃんドクちゃんという悲劇を生みました。
戦争の枯れ葉剤が余ったから、除草剤として在庫処分したのが、モンサントです。
ベトナム人どころか、米国民すら実験台にするほど危険な食品で囲い込み、支配する。
彼らはエリート意識が過剰すぎて、支配と金儲けにしか興味がないのです。

▼遺伝子商売 一年で使えなくなる種子を売り、毎年契約によりお金を吸い上げる悪徳商法。
人体に危険な種子を売れば、不健康な人間が増える。
ただちに健康被害はでないが、長期的に渡り、たくさん遺伝子組み換え食品を食べれば、人間の遺伝子にも異常がでる可能性がある。
米国では、勝手に野菜を作ってはいけない法律がある。
食料をモンサントが規制することで、米国民はモンサントに頼るしかなくなる。
モンサントの野菜には、虫が食料だと認識しないため寄り付かない。
繁殖能力が低く、一代で絶滅するように劣化遺伝子で無精子の種に改悪させたから、種なし作物に成長する。
種なしの不健康な農作物だから、虫が美味しくないと判断して食べないだけでは?

●二重爆発事件に見る、火消し報道術

ではなぜ、黒幕は、ボストン爆破テロに肥料工場爆発事件を重ねてきたのか?
爆発に爆発を重ねるなんて、なおさら国民に怪しまれないか?

実は、これがプロの火消し報道技術なのです 。

思いだしてみてください。
ノリPとオシオのときに、わざと麻薬に麻薬 、同じ事件を同時に重ねていましたね。
あのときも、軽微なノリPの事件ばかりマスコミは加熱報道で盛り上げ、本命であるオシオのほうは、縮小報道に抑えられていました 。
あのときと同じように、今回も、わざと爆破テロに爆破テロの事件を同時に重ねてきました。
今回も、軽微なボストンの爆破テロをメディアは加熱報道で盛り上げ、本命であるモンサ ントによる爆破テロ事件のほうは、縮小報道に抑えられています。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事