全体表示

[ リスト ]

韓国企業のベトナム進出は、日本人がびっくりするほど早く、
そして広まっている。

街中では家電メーカーの看板は乱立。
不動産情報収集をすると、ロッテグループ等韓国財閥の名前を聞く。
ミニホテルで韓国語の会話が飛び交うのでもしやと思い聞いてみるとオーナーは韓国人。
ハノイ、日本大使館近くにはアメリカ大統領が宿泊したというDaewooホテルがある。

かつて韓国人マネージャーによる、
ベトナム人労働者への仕打ちにより韓国人、韓国企業のイメージが失墜した過去があるが、
その後のイメージ戦略により、日本ブランドに勝るとも劣らずの韓国企業。

金融において、韓国証券がファンドを設定しているようであるが、
この度、Daewoo証券が、ベトナム市場に参入するとの事。

野村に大和に、日本の証券会社が参入を表明してからしばらくたつが、音沙汰無し…
日本の企業には、お隣韓国には負けずに頑張っていただきたいものである。

頑張れ!ニッポン!


以下、Vneconomy.net 2007年11月8日翻訳、以下添付。

Daewoo証券(韓) ベトナム証券市場に参入
韓国のDaewoo証券は、11月6日
正式にホーチミン市で駐在事務所をオープンした。

今後、この事務所は、
市場を調査し、証券投資、不動産、ゴルフ場のプロジェクトを促進、管理する。

Daewoo証券は同時に、
ベトナムの各証券会社と協力し、会社の合併・統一を促進する。
Daewoo証券、バオベト証券と協力合意を締結した。
Daewoo証券の代表者によると、
もうすぐ韓国の国会は、資本市場の統一化法を批准するため、
各証券会社が信託投資資金を管理することができる。
従って、オープンファンドは投資銀行として拡大。
Daewoo証券は大口株主である韓国国営工商銀行に資金を援助し、
投資銀行の運営業務をそちらに移転する。
これらは会社の証券仲介分野、そしてIPOの、
現在から将来にかけての開発基礎となる。



大木健司(Kenji Oki)
株式会社ブルーチップ・コンサルティング
URL   http://www.bcc-jp.com/
※詳細解説・ファンド情報を当社会員メルマガにて配信中
(当社HPより御登録ください)

※当社は運用会社です。個別株式のアドバイス、株式購入代行業務等は
 一切行いませんので、あらかじめご了承ください

※本資料に記載された情報の正確性・安全性を保証するものではなく、
 万が一、本資料に記載された情報に基づいて皆さまに何らかの不利益をもたらすようなことがあっても
 一切の責任を負いません。

※本資料は情報提供のみを目的として作成されたものであり、
 投資その他何らかの行動を勧誘するものではありません。

※本資料の全部または一部を無断で複写・複製することを禁じます

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事