繁殖研Kぶろぐ

動物園水族館の動物の繁殖を研究しています。スタッフKの日記。動物繁殖学研究室 in 岐阜大学応用生物科学部

全体表示

[ リスト ]


イメージ 13

イメージ 2

2015年11月10日・11日,盛岡市で日本動物園水族館協会第25回ゾウ会議が開催され,参加してきました。

イメージ 1

1日目は駅前の盛岡地域交流センター「マリオス」というところで,みっちり会議です。各園からの報告があり,広島市安佐動物公園と盛岡市動物公園からはそれぞれアフリカゾウの繁殖にむけた取り組みについて報告されました。繁殖研も協力しています。


●梅田拓也,川上裕敏,栗原龍太,佐々木直行,楠田哲士.2015.アフリカゾウの繁殖に向けた試みについて.日本動物園水族館協会第25回ゾウ会議プログラム,p.10.

●丸山孝作,鈴木貴久,小野 康,竹花秀樹,川目光明,松村亜裕子,仲村 賢,楠田哲士.2015.アフリカゾウの繁殖への取り組み.日本動物園水族館協会第25回ゾウ会議プログラム,p.11.



2日目は午前中が会議で,私は国内のゾウの排卵状況と,人工授精にむけた性ホルモン分析の方法についてお話しました。午後は盛岡市動物公園へ移動し,ゾウ舎の見学です。

イメージ 3

アフリカゾウのマオとたろうです。

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

ここ盛岡には,アフリカゾウの飼育担当に繁殖研の卒業生(教え子)がいます。ゾウ舎で仕事をしている姿,とてもたのもしく嬉しい思いでいっぱいです。かつて,私も夢見た仕事(動物園のゾウの飼育係)です。

下の写真は,もう15年も前,東京の多摩動物公園で学生時代に初めて見たアフリカゾウの交尾です。アイと,在りし日のタマオです。飼育実習などでたいへんお世話になりました。ゾウの研究を始めるきっかけになったのも,この多摩動物公園にありました。

イメージ 9

2000年の夏,偶然に見たこの交尾で,アイは妊娠し(出産日から逆算するとこの時期の交尾でたぶん妊娠),そして2002年6月13日にメスの子マオを出産しました。このとき生まれたマオが盛岡へ引越ししました。

引越しの日,見送りにいったのを思い出します。2006年6月13日,ちょうど4歳の誕生日でした。

イメージ 14

その後,盛岡との共同研究が始まり,マオの春機発動(初排卵)を確認しました。今はたろうとの繁殖を目指しています。あれからだいぶ時が立ち,教え子も加わり,本格的な共同研究がスタートしています。めぐりめぐっていろいろなことがつながります。とても嬉しいことだと思います。マオの妊娠が目標です。


話は戻って・・・キリンが生まれていました。

イメージ 8

オオツノヒツジ
イメージ 10

カナダカワウソ


正門ゲートのキリン
イメージ 11

正門ゲートのゾウ
イメージ 12



--------------------------------------------------------------
岐阜大学応用生物科学部 動物繁殖学研究室
繁殖研HP     http://www1.gifu-u.ac.jp/~lar/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事