マスター変更

フルードを1年ぶりに交換したら妙にタッチが固くなった。正常になったという事ですが。
イメージ 1
























シングルなんで最初は13パイ位のラジアル考えてましたが、モタード屋さんに相談すると、ノーマルの
キャリパならOEMのブレンボでいいんじゃないの?安いし。レーサーでも使ってるよ、との事でOEM
マスターを付けてもらいました。 ブレンボは昔使っていた時期もありますが、ブレーキスイッチとか今
いちで、今は安定のニッシン派です。

暫くしてレバーが遠いなと思い調整しようとしたら、樹脂で固めてありました。
ドライバーで樹脂をこじって調整できるようにしました。
イメージ 2
























微妙にワイヤーの取り回しも変更。
イメージ 3























さて結果ですが、ノーマルよりは明らかに柔らかくなりましたが、ラジアル程ではありません。
当然価格は半額以下なんで。
ニッシンが小径を出してくれるといいんですけどね。
本格的にラジアルにするならキャリパもとなりますが、スポークとあたりやすくなるので、現物合せ
で削るそうです。この場合は両手コースですね。
コスパ考えると当面はこの仕様でいきます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

紀伊半島のツーリング

紀伊半島方面には過去2回行ってますが、広すぎるのと土地勘の無さであまり走れて
いませんでした。特に無料の高速が次々と延伸されているので、地図が追いつきません。

今回梅雨場ですが多少晴れ間もあったので行って来ました。
とにかく425は使わない事、嵌ると抜けられないので。 他の県道も全般に狭いようだ。

とりあえず尾鷲までは高速で移動。
尾鷲の311沿いにサンマ寿司工場?があったので立ち寄り。従業員は中国人が多く日本語が通じません。

イメージ 1























暑いので山から行こうと309から169で北山に入りましたが、ガソリンスタンドが全然無い。
(日曜休業) コンビニで地元のバイク乗りがいたので聞いてみたら、同じくガソリンスタンドを探して
ました。コンビニで聞くと尾鷲に戻ったほうがよい、との事でやむなく戻りました。

イメージ 5









































丸山千枚田
イメージ 2

























行ってみたかった瀞峡 途中の169に高規格トンネルが出来て、すぐ到着
イメージ 3
























瀞ホテルで一服
イメージ 4









































瀞峡のあたりは三県境でどこの県だかわかりにくい地域ですね。

イメージ 9
























白浜に泊まり翌日は海まわりで串本に
国道42は紀勢自動車道の無料区間が延伸されているので空いてますね。
イメージ 6
























その後また瀞峡方面に戻り途中から山を抜けて168に戻りました。169は一部通行止めでした。
結局425も少し走りました。
イメージ 7
























帰りは主に168を行きましたが、改修されているところと旧道が入り混じったような道です。
169の方が全体には走りやすいかも?
イメージ 8
























今回の反省
山の中はガソリンスタンドが無いので早めの給油
高速無料区間は便利だが、景色は悪い。国道の方が景色が良くて空いている。
紀州は三重・奈良・和歌山にまたがっているので凄く広い。東と西に切り分けて考えた方がよい。
サンマ寿司はどこでも売っている。

この記事に

開く コメント(0)

ライディングスクール

先日名古屋でライディングスクールがあったので行って来ました。
自分の入っている盗難保険の会員の場合、3000円という低価格に惹かれました。
スクールは10年以上前に、カツラの人のに行って嫌な思いをしたのと、二俣川の講習会での事故、空冷旧車ではオーバーヒートで難しいこともあり、遠ざかっていました。

講師は内藤さんという有名なインストラクターで、教え方は丁寧です。他にも数名プロのインストラクターが付くので、良心的ですね。生徒5名/1インストラクター位の構成です。 某スクールはカツラの人と後は素人?でした。

と言っても本当に乗れない人?も来ているので、いつも通り自分にはほとんど指導は無くて走りまわっているだけでしたが、それでも収穫はありました。 内藤さんの言う、恐怖心から内側の手が突っ張ってハンドルが曲がらない、という話。 ホンマか?と思ってましたが、その後のツーリングで条件の悪いUターンなど確かに内側の腕に力が入り、ハンドルが切れないケースがありました。 過去の転倒暦の学習効果?から自然とそうなっていたようです。 これがわかってからフロントタイヤの接地が少し広がったように思います。 このスクールは後にケーキ・コーヒーが付いてますので、実際2000円位でした。わざわざ東京から泊りがけで来ている事を考えると、いくらJBRさんがスポンサーと言っても赤字サービスですね。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事