ここから本文です
ずくなし
「めんどうくさがりや 」という方言
トンキンケーン 7ft #3〜4  スウェルバット
























イメージ 1
























































イメージ 3






















守備範囲はいつも通りで基本的に真竹でもトンキンでもなるべく同じ感じに仕上げているつもり。



重量は83g




























イメージ 4




















ガイドはシルバー系

























イメージ 5
























ラッピングはデットストックになりつつあるシルクのアンバー








































イメージ 6







































フィーラーは栃タイガー、金具は真鍮の削り出し


































イメージ 7




















自分用にと思い超スウェル





































イメージ 8






























ニッケルシルバーよりは若干強度は落ちるけどちゃんとフェルールワックス系を使えば問題ない





それよりも美を選んでしまう自分。




































イメージ 9















つまようじ



真竹


トンキン






写真ではわかりにくいけど同じようなスペックでも全然テーパーが違う




当然、トンキンのティップ部分の方が細い。




真竹が弱いのではなくそれぞれの特徴を生かしたつもり。

















































イメージ 2

















この記事に

トンキンケーン 7ft #3〜4  スウェルバット 



















イメージ 1















にも作ったことがあり気に入ってるシリーズ

















イメージ 2

















守備範囲はいつも通りで基本的に真竹でもトンキンでもなるべく同じ感じに仕上げているつもり。



重量は83g




















イメージ 3




















ガイドはゴールド系


























イメージ 4





















スレッドもゴールド系で




























イメージ 5























フィーラーは栃タイガー、金具は真鍮の削り出し




























イメージ 6


























実際のスウェル具合はかなりでいわゆるサドンスウェルタイプ

























イメージ 7





















ニッケルシルバーよりは若干強度は落ちるけどちゃんとフェルールワックス系を使えば問題ない





それよりも美を選んでしまう自分。















本来であれば、ガイドや金具類はブラックなどの感じが好きなのだけれど、渓魚と写真を一緒に写すと妙に映えるゴールド仕様















イメージ 8



















1本おともにいかがでしょうか?(笑い)



















この記事に





真竹 7t #4 バンブーフェルール










イメージ 8



















中身はセミホロー
















イメージ 9



















7ft #4で重量は72g

























イメージ 1


















スウェルが効いたバージョン


守備範囲はいつもと同じ

癖もない長さの割にはいい感じ
ミディアムアクションで完全なるオーソドックスのアクション

私的にはDT3でぴったりだと思う(自分の使うラインでは)

※ 
自分で使っているラインはSA スープラかXPSともにDT3

WTに換算すると#4だと思うけど・・・・



















イメージ 2














ガイドは金色


















イメージ 3














ラッピングはゴールド系





















イメージ 4













ガイドに合わせて真鍮の削り出しの金具にトチタイガーのフィーラー




























イメージ 5
















ワインディングチェックもあるバージョン

























イメージ 6














スリップオーバータイプのフェルール


























イメージ 7

















結構スリムです。











この記事に

知らなんだ











イメージ 1






















これは

もしかして


コーディングでは?

























イメージ 2




















解放できんじゃん




面倒だけど






この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事