ここから本文です
ずくなし
「めんどうくさがりや 」という方言

車検

忘れるので備忘録


















イメージ 1
















マフラーを純正に


ほんとは変えなくてもJMCAなので大丈夫だと思うけど現場で面倒になると嫌なので。
























イメージ 2





























まず、ユーザー車検の受付で書類をもらう。


車検のたびに事務手続きが変わって今回からかなりオンライン化が進み書類に書き込んで
手続きをする手間が省かれる。自賠責は最後で可。


検査表(ハンコ押してもらうやつ)と重量税を貼る用紙


そうしたら、隣で自賠責保険に入り、重量税を払い、検査手数料を払う。

全部で18000円くらい。

用紙が揃ったらあとはラインで検査


















イメージ 3

















今回は排ガス検査から


2000回転で固定。

一発で◯。いつもドキドキ



あとは光軸もすべて◯(2000回転で固定)


PSは1回転と1/4戻しで大丈夫。(ノーマルマフラー)




現在のノジママフラーは2回転と1/4戻し(暫定)




忘れずに



今回のトラブル



お○カな事務員が自動車税の納税証明書がないとわめき出し最後に継続審査ができないと抜かす。

え〜っと食い下がり「あるでしょっ」て言ってみてもこれは証明書ではなく払い込み時の片割れだと抜かす


言い合っても拉致があかないのでとってきますと捨て台詞をはき、外に出て再度書類を確認。



完全に納税証明書と書いてある。


再度、お○カな事務員に見せるとごめんなさい見落としてましたと。


○〜カ


「ごめんなさい」じゃね〜だろ「申し訳ございませんでした」だと思ったけど○カに言ってもしょうがないと思い
押し殺した。



民間であれば相当な揉め事なのに











この記事に


トンキンケーンの7ft #4 3pc























イメージ 1






















いつもの7ft #4

ミディアムアクションで完全なるオーソドックスのアクション

私的にはDT3でぴったりだと思う(自分の使うラインでは)















※ 
自分で使っているラインはSA スープラかXPSともにDT3

WTに換算すると#4だと思うけど・・・














イメージ 2













今まではあまり手を出さなかった3pc




面倒だから



















イメージ 3















フェルールも2個作らなければいけないし








でも、天邪鬼だから























イメージ 4

























ガイドはシルバーで























イメージ 5
















ラッピングはグリーン系で


























イメージ 6



















樺の瘤のフィーラー 真鍮削り出しの金具






























イメージ 7


















グリップはシガータイプで






















イメージ 8

















ニッケルシルバー削り出しのフェルール






重量は85g前後






やはり、フェルール作りがめんどい(笑)




この記事に

3PC

好きではない3PC










イメージ 1























歩留まりが悪いけどスタッキングを変えて作ってみた




































イメージ 2




















この時点のテストではなかなかよろしい







完成間近???











この記事に

レヴォーグのプラグ交換




推奨では10万kmでOKらしいが50000kmで交換















イメージ 1















かなり専用の品番らしくディーラ−にて定価で






そのときに見積もってもらった工賃のすごいこと!


1本あたり9000円くらいだった。












なんでじぶんで

























イメージ 2






















ジムニーのときによく使っていたメモリーなんちゃらを一応つけてバッテリーをはずす





が、





リセットされてました(笑)




















イメージ 3

















フォレスターのときに嫌だった助手席側





なんてことはなく結構簡単





しかし













イメージ 4


















このプラグが曲者でなんと12mm



フツーはだいたい16mmなのにそんなプラグレンチはないので急いで工具屋へ




リーンバーンか知らないけどプラグを交換するというのはもうしないのですかね〜?



















イメージ 5


















フォレスターのときは簡単たっだ運転手席側





いろいろな部品が邪魔をするもプラグホールの場所自体は楽な位置









フォレスターのときは1時間位かかったけど、プラグレンチさえあれば30分くらいで終わるかも。







備忘録




この記事に

真竹 7.4ft バンブーフェルール #4







最初からよく作っていたオーソドックスかつ一番信頼が置けるタイプ













イメージ 1




















自分としてはかなりオーソドックスタイプ

7.4ft #4で良さそう

オールマイティーに使えて取り回しもよさげ


重量は72g

















イメージ 2











自分ではDT3で7〜12m前後を釣り上がるタイプとして重宝


本当はフルホローのほうがいいけれど・・・




































イメージ 3

















ガイド類はシルバーで




















イメージ 4

















ラッピングはゴールド系で
























イメージ 5




















フィーラーは花梨紅白



金具は真鍮削りだしの黒染め
















イメージ 6




















グリップはシガータイプ






















イメージ 7
















テカテカタイプのフェルール部分

















イメージ 8

















スリップオーバータイプですが案外スマートです

















この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事