潰瘍性大腸炎のずぼらー患者日誌

体調1番、仕事は2番、スタバるは3番

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

クリスマスツリー

イメージ 1
 
 
の帰りに近くのショッピングモールへ
このツリーをまじかで見たのは初めて
さすがに大きい
中継で点灯式をやるのが
ちょっとわかったかも
 
 
イメージ 2
 

猛吹雪

イメージ 1
 
我が家の駐車場です
今日は本格的に根雪
これからは、積もるよ
 
雪だと事故が多い
嫌な時期だけどしかたないか
 
農園もすっかり大根が凍っていた
50本はあったかなぁ
 
納屋にももちろん取り置きはあるけど・・・・・
 
最近、鍋率がぐんと高くなったこの頃
今夜は根菜の餃子鍋でした
 
 

年末のつぶやき

今週は病院週だったなぁ
 
この前歯医者の先生が
『この前震災だったのに札幌じゃもうイルミネーション点灯式だもんね
節電節電言ってたのにさ、それに今年は日本全体で喪中じゃないの?
年賀状だってうちは考えちゃったなぁ』
と言っていたのを聞いて
 
う〜ん
と私も頷くとこもあった
 
その話を夫にすると
『なーに言ってんですか自粛自粛してたら日本の経済は回りません』
 
なるほど・・・・・
そうも言えるか、、、、、
なんてちょっとどちらにも頷いてしまった私
 
今年はいつもよりは長期間働けた自分を労り年末をやり過ごすとする

シイタケでした

この前買ったキノコはシイタケでした
すくすく育ち、収穫を毎日してます
13個は食べました
 
 
 
イメージ 1
 
 
とれたてはホントに美味しい
素焼きが一番お気に入り
毎日、どんどんできてくれる
 
こんなに出来ると結構、お得
管理は簡単
朝晩の場所移動と霧吹きを毎日するだけ
 
小さな子供のいる友人にも食育としておすすめしました
 
ずぼらな私にぴったりの栽培キット
 

本日受診日

2か月ぶりの受診日です
ここんとこ風邪や喘息などで近所の
病院へ行った事や診察について話すと
主治医は鬼の形相
 
IBDに理解ない?!(勉強していない)Dr.に
カッカとしたよう
 
まー主治医はこの病気の権威だからなぁ
 
診察を終えて待合い室へ行くと
知り合いIBD仲間がたむろっていました
 
最近結婚したIBD同士結婚のKちゃん
と旦那さんや入院中のSちゃん
患者同士だとお互い遠慮なしで
会話が弾む弾む
 
そんな私達を白い目で前に座っていた
おばさんがジロリ
 
なんだか患者同士って初めてでも
手術の話や死にそうなった話でも
ふつうに話せるんだよねー
年齢性別も関係なく
不思議
 
みんな、社会では言えずに
いるから言いたいのかも
 
でも、IBD同士夫婦は通院も
一緒とっても幸せそうだった
嬉しくなったなぁ
 
Kちゃんがまだまだ20代
前半の頃から知ってるから
なんだか気持ちはオカン
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事