全体表示

[ リスト ]

 性懲りもなく「道徳」だとか「倫理」なんてものにしがみついて、個人の価値観をあたかも普遍的であると勘違いしている人たちが、発言力と決定権を持っているのだから困ったものです。
 「道徳」や「倫理」をおまんまのタネにしてきた人たちだから、プライドもあるのでしょうけど、この類の専門馬鹿(あほ)はもういらない。

 『困っている人を助けよう』確かに結構。かもしれない。けれどその人に代わって全部やってあげることは、人助けではありません。
 『その人が自分でできるように最低限の補助に徹する』ことが人助けです。そして、『その人が自分でできる環境を整えるよう配慮する』のが、次の段階です。主役は【その人】なのです。

 これは障害を持つ人や要介護とされるご年輩の方に限った話ではありません。乳幼児はもちろん、小学生から大学院生、社会人、そして子孫を持つ人、などなど、自分自身を含めてすべての人に当てはまることです。

 大切なのは過去の偉人の成功談ではなく、あらゆる人の失敗例なのです。これは寸胴が言い始めたことではなく、畑村洋太郎先生の「失敗学」で深く語られています。
(ISBN4-06-274759 「失敗学のすすめ」畑村洋太郎著 ほか多数)
 
 自分自身とほかの人との関わり合いで大切なことは、まず自分の感情を表現すること、そしてほかの人の感情表現を受け入れる努力をし続けることではないでしょうか。

 残念ながら、寸胴自身も何でもかんでも「規則」やら「規律」やらでがんじがらのなか、齢(よわい)を重ねてきたと思います。特に中学校では髪の毛の長さやら制服やら、まぁ小うるさいことばかりでした。今から思えば完璧にトラウマになってます。

 「善悪をオトナが毅然と教えなければならない」などというのも、オトナの思い上がりです。オトナ性善説に立ちたいお気持ちは察するに余りありますが、ホントウにオトナは善なのでしょうか?だとしたら世の中に犯罪なんてないはずですよね。

 人類の過去の経験から、善(というより並)と悪を分ける境界線として整備されてきたのが「法律」です。そして、法律の基礎となっているのが人と人との「やくそく」なのです。

 だから「道徳」や「倫理」なんて云う学校の授業は即刻廃止して、小学校では【やくそく・きまり】科目を、中学校では【条例・法律】科目を、そして高校では【法律・国際条約】の科目を創設すべきだと寸胴は思うのです。

 もちろん、今の法律にも不備がたくさんあります。時代にそぐわない離婚後300日ルールなどは、運用でごまかすのではなく、しっかり見直すべき法律です。憲法も自衛のための武力行使は禁じていないなどと云う解釈をする方もどうかしてますが、そんな解釈がなされないように見直すことは必要です。

 まぁ、寸胴の解釈が即座に容認されるとは、ちーとも思ってませんが、頭ごなしの「校則・規律」の押しつけが教職員によるいじめ・体罰を容認し、生徒同士のいじめや暴力につながっていることに、もうそろそろ気付いてもいい頃かと思います。

 当座の「道徳・倫理社会」の授業を寸胴がやるとしたら…
1.出席番号順(降順・昇順はくじ引き?)に教科書を朗読させる。
  その際、「ゆっくりと、できるだけ明瞭な声で(大きくなくてよい)」(もちろん座ったままでよい)
  つっかえたら次の人に交代する(あからさまにわざと間違えたときはもう一回やり直し)。
  ほかの人は静かに聞きながら、自分も音読しているつもりで教科書を目で追う。
 たぶん、一学期くらいで、通読できるのではないかしら。一人で一時間通読する子もいるかも知れないけど、そこは大拍手。または、一章で区切りにするのも手。
 テストが必要なら、一問「今までの話で一番心に残ったことを、どの様に心に残ったか書きなさい。特になければ、どういう話があればよかったと思うか書きなさい。」だけ。

2.通読が終わったら、その教科書で疑問に思ったことをできるだけたくさん挙げさせる。その疑問に即答してはダメ。「そうだね、おかしいね、面白い考えだね」と全て肯定する。反対意見は御法度。

3.だいたい疑問点が出尽くしたら、分類して、多く出された疑問点や、考えてほしい点をテーマとして取り上げ、考察していく。オトナの考えを押しつけないことが肝要。結構難しいけど。

 だいたいこれで一年間過ごせるのではないかしら。

この授業を行ったときに予想される弊害を賢明なる読者諸氏にご教授いただけると幸いです。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

明日、「道徳」の授業があります。担当教師が作ったプリントで各担任が授業をするのです。2回目。1回目でこりごり。憂鬱です。偽善欺瞞なく子供たちに向き合う1時間とするためにはどうしたらいいか考えています。寸胴さんのお考えを参考にさせていただきます。また報告させていただきますね。

2007/4/26(木) 午後 10:47 sta*sto*y60 返信する

顔アイコン

気が重いですね。必ずしも正しいとは考えられない他人が作った教材で、それが正しいこと・いわゆる真理に基づく事であるかのように振る舞わなければならないんですから。心中お察しいたします。ここはひとつ、役者に徹して、できるだけオーバーに一人芝居でも演じますか…__2回目はどうでしたか?「報告」というより「漫談」できるといいのですが。

2007/4/28(土) 午後 8:43 寸胴 返信する

わかる、人を殺してもいい、勝てば官軍という考え方もあると、貴方は言いたいのでしょ。価値観の多様性を保障する自然の絶対的な法則なんて、強欲な人間には邪魔なだけ。そんなことを言い出したら、自分勝手な自由が束縛されてしまいますからね。

2011/7/7(木) 午前 0:25 [ nobuokamoto ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事