Zutto_3のブログ

今後の原発はいらないと思う / / 放射能除去の情報には疑問を感じる

全体表示

[ リスト ]

mmtdayon.blog.fc2.com/blog-entry-64.html - キャッシュ
週間文春 2014年10月30日号掲載

《抜粋》

9月の内閣改造で、衆院当選1回生ながら環境大臣政務官に登用されたのが高橋比奈子議員(56)だ。岩手1区を選挙区とする高橋氏は、テレビ岩手の元アナウンサー。盛岡市議・岩手県議を経て、前回の衆院選で比例復活を果たした。

「高橋氏は、県議初当選から10ヵ月後の2006年、ドイツやイタリアなどを視察しました。公費出張を希望し、経費150万円のうち、当時の上限額だった120万円が拠出されました。しかしその出張先が、彼女がハマっている“EM”という微生物に関するものばかりだった。このため、内容が不適切ではないかと指摘したのです」(斉藤信・岩手県議)。確かに、11泊13日に及ぶこの視察旅行の日程を見ると、EMセンター視察・EM酪農家視察・EM陶芸工房視察など、EMに関するものばかり。さらに、そのほとんどには、『EM研究機構ドイツ事務所』が同行していることが記されている。

高橋氏は視察報告書の中でこう述べている。《EM処理した粘土は模様が出ていい土になる。【略】 EM入りの陶器に種をまけば、2〜3日で芽が出てきた。陶芸家もビックリ!!》

2006年にはEM関連の会社まで設立した。高橋氏の自宅を所在地とし、実父が代表を務める『あーす合同会社』だ。民間調査会社のレポートによれば、同社はEM研究機構Uネット岩手が主催するイベントの事務代行などを行っている。

彼女は国会議員となってからも、EMの効果を宣伝し続けている。「EM関連のイベントに精力的に参加するほか、昨年末には、新設された有用微生物利活用推進議連事務局長に就任しています。


www2.pref.iwate.jp/~hp0731/kaigaisisatu/2006/takahasi2006...

《抜粋》

海外地方行政視察 報告書 2006.7     岩手県議会議員 高橋比奈子

1.日程及び訪問先
(1) 日程 平成18年5月14日(日)から 平成18年5月26日(金)
(2) 訪問先  ドイツ連邦共和国、スイス連邦及び イタリア共和国

2.視察の目的
(1) ドイツ連邦共和国・ボンにおいて、EM(有用微生物群を共有させた微生物資材)を利用した有機農業の方策についての調査
(2) スイス連邦、ルツェルン郊外において、有機農法と慣行農法についての比較調査
(3) イタリア共和国・南チロル地方において、有機農法の調査及び EMの活用による資源循環型農業施策の調査
(4) ドイツ連邦共和国・ミュンヘンにおいて、有機農業による農産物を原料とした食品加工の調査等をする目的で視察を行った。



blogs.yahoo.co.jp/zutto_3/12189098.html

衆議院:請願名「有用微生物群を活用した環境改善の取り組みに関する請願」の情報:http://www.shugiin.go.jp/    ・ http://web.archive.org/web/



2014年10月24日 - 望月大臣記者会見録(平成26年10月24日(金)8:17 〜 8:25 於:(衆)本会議場議食側廊下ぶら下がり).

質疑応答


(問)2件目なんですが、今週一部報道で高橋政務官のEM(有用微生物群)をめぐる報道がありまして、政務官の資質を問うという内容でしたけれども、それについての大臣の受け止めをお聞かせ願えますか。


(答)政務官が私のところへ訪ねて来られて話を伺いました。環境大臣政務官に就任する前に一個人としてEMに関心をもっていたことは承知をしております。政務官に就任してからは現在の立場を踏まえて、慎重に対応しているという話も聞かせていただきました。我々もEMの専門家ではないので、話を聞いて様々な考え方があると思いますけれども、就任してからは政務官として慎重に対応していると聞かせていただきました。



blogs.yahoo.co.jp/zutto_3/12189959.html
衆議院環境委員会 2014年10月28日
NPO法人 地球環境共生ネットワーク運営委員 高橋比奈子 ...
再生時間:10:05

質問者 : 民主党の吉田泉衆議院議員



2014.10.23 - samakitaの今日もガハハ 左巻健男/SAMA企画
週刊文春10/30秋の特大号:元女子アナ環境政務官は“トンデモ科学”の広告塔 まだある女性抜擢失敗!

週刊文春2014年10月30日 秋の特大号 | 最新号 - 週刊文春WEB


EMは有用微生物群の英語名の頭文字です。本当に有用かどうかははっきりしません。そう名づけただけだからです。中身は乳酸菌酵母光合成細菌などの微生物が一緒になっている共生体ということです。何がどのくらいあるかという組成がはっきりしていません。

このようなニセ科学にひっかからないためには、「たった一つのもので、あらゆる病気が治ったり、健康になったりする万能なものはない」「お金がかかり過ぎるのはおかしい」「ネットや本などでまともな情報を調べてみる。結構、情報がある」ことに留意しましょう。だまされないための基本は「知は力」ということです。ニセ科学に引っかからないセンスと知力―科学リテラシー(科学の常識)が求められます。



2014-01
EMを普及させる為のNPO法人・U-ネット運営委員出身の高橋ひなこ衆議院議員についてまとめました。
有用微生物利活用推進議員連盟が結成された模様 http://t.co/idkStKZzyU 」:うーん、これは酷い。ここまで堂々とやられると絶句してしまうが、それでも諦めずに、おかしい事はおかしいと言い続けていかなくては ...


高橋ひなこ衆議院議員が出演したEM番組動画。高橋議員と有用微生物利活用議員連盟の関係が気になります。 #EM菌 / “内海利勝 LOVE&PEACE 同じ空の下から - 2012年2月8日放送分 2/3 - YouTube” https://www.youtube.com/watch?v=q6dsAyT_SLw

EM研究機構が防衛大臣から表彰されたのは、高橋ひなこ衆院議員の働きかけでしたか...。早速EM推進議員として活躍していますね。 / “内海利勝 LOVE&PEACE 同じ空の下から-2013年3月13日放送分 4/5 - YouT…” https://www.youtube.com/watch?v=G3GA2lachqw

“高橋ひなこ氏が衆議院議員になる5ヶ月前の動画で、福島原発事故はチェルノブイリの60倍と話し、真実を知るために野呂美加氏の講演会を薦めています。”
https://www.youtube.com/watch?v=HD6OKeOmFOs

「盛岡の高橋比奈子さんはEMのネックレスを首にかけて戴いた方で、」「比奈子さんのお話の中で、精子数が少なくなってきているのは必要な人間を選択している現象といった話があり、」 #EM菌 / “鈴木有機農園: 用土詰め   EM講演会…” http://t.co/mF3rZN7Vl7
http://suzuki-yuukinouen.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/04/post_9385.html

トップ > 社会 > 政治 > http://togetter.com/li/617875
2014-01
『君子怪力乱神を語らず』政治家の皆さん、この格言を忘れないでください。ニセ科学こそ現代の怪力乱神です。
EM系国会議員は、ほとんどの国政政党にいます。EM活動家出身の議員までいます。各種団体や宗教団体の支持を背景に、EM推進議員連盟ができても不思議はありません。その実力を彼らは持っています。放置すれば日本の未来が奪われます。

2014-01
EM普及団体が2004年に行った署名運動を受けて、79名の国会議員による有用微生物群活用の請願が国会に提出されていました。国会議員の皆さんは“EM”及び“有用微生物群”がEM研究機構の登録商標とは知らなかったのだと思います。国会議員の皆さんと同様に、全国の自治体と学校でも商標とは知らずにEMが使われています。EMについて国民全体の問題として考える必要があるのではないでしょうか。

2014-02
2014年2月26日、衆議院予算委員会第6分科会でEM関連の質疑応答がありました。EMは超えてはいけない一線を超えつつあります。手遅れにならないように、1人でも多くの方に良識あるご意見を国会に届けていただくことをお願いします。(農林水産省意見投稿窓口:https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html )

2012-11

EM菌などのニセ科学が国策になるかもしれません。
出来ればTogetterのタグ"EM教育"と"EM政治"もご覧ください。


授業でEM菌を飲食する子供たち・・・

タグ「EM政治」に関連する27件のまとめをお届けします。




EM菌ドイツ関連記事ファイル(高橋比奈子氏:海外視察出張) - Zutto_3のブログ - Yahoo!ブログ

blogs.yahoo.co.jp/zutto_3/12189454.html





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事