Zutto_3のブログ

今後の原発はいらないと思う / / 放射能除去の情報には疑問を感じる

全体表示

[ リスト ]

 
名桜大学での(平成24年3月退職) 「EM技術の人材育成事業」
から始まった
北海道・EMモデルタウン構想
 
白羽の矢を立てた 北海道・三笠市に寄せる 比嘉照夫氏の思い
三笠プロジェクト (途中頓挫) の流れ


 
沖縄県・うるま市から発信されたEMは、
EMワールド 北海道・新篠津村(しんしのつむら)へと方向転換し、結ばれ
2012年は東日本大震災の被災地 福島県で勢力を拡大させ

 
自然農法技術交流会(世界救世教)イベント開催
 
 
http://web.archive.org/web/20140214001328/
2014年3月15日(土) 開場12:00  開会13:00
七ヶ浜国際村ホール


北海道 【EM】モデルタウン構想 : 三笠プロジェクトの歴史

  〜 目次 〜   クリックで飛びます
 
 
EMフェスタ 1997〜1999 沖縄県知事 大田昌秀氏 ・ 沖縄県知事 稲嶺恵一氏 ・ 大会実行委員長 知念信正氏 ・ 具志川市市長:知念恒男(ちねんつねお)氏 ・ EMによるまちづくり - 沖縄県うるま市 ・ 株式会社イーエム研究機構 ・ 株式会社 EM研究機構 ・ 株式会社 熱帯資源植物研究所 ・ ※ 日本WHO協会 沖縄支部
 
 
「有機農業推進法の画期的意義 日本の農が変わる」 ・ 新篠津村  リンク集 ・ NPO法人北海道EM普及協会 第17回全国EM技術交流会 北海道大会in札幌  大会長 :新篠津村長 東出輝一氏 ・ 公選法違反の疑いで書類送検
 
 
北海道大学:EM論文 ・ 沖縄における「EM」問題の経緯 :一覧表 ・ 名桜大学総合研究所観光環境部門主催シンポジウム「科学と擬似科学―身の回りの環境を科学的に考えるために―」 ・ 『知念恒男』 プロフィール ・ EM混入建材は違法/市民団体が具志川市長ら提訴 ・ わらびジャーナル:2012年10月 
 
 
小林和男 三笠市市長 うるま市 視察報告 ・ 「EMフォーラム2008」(11月15〜16日) ・ 有機農法に関する会議  2008年2月 in京都 世界救世教いづのめ教団 ・ (2009)新 夢に生きる 比嘉照夫氏投稿 ・
 
 
平成21年度(三笠市)市政執行方針 ・ EM栽培技術の試験研究を新たに実施 ・ 農地に対する土壌診断経費に対して助成を実施 ・ EM活性液を市民に配布 ・ 三笠市農産物振興事業 推進協議会 ・ 三笠市「クリーンライフ推進事業」 ・ 【広報みかさ】 EM活性液配布のお知らせ ・
 
 
佐藤孝治議員 一般質問 ・ クリーンライフのEM活性液 ・ 自分自身が確信を持って市民の方々へ本当に安全で効果がありますと説明することができません ・ 澤上環境福祉部長 ・ 市長、副市長にも皆さんにも使って実証的に試験をしていただいております ・ 小林和男(三笠市)市長 政権交代最中にパラグアイ ブラジル出張 ・
 
 
NPO法人北海道EM普及協会 発行冊子【EMほっかいどう】 ・ パラグアイからEMを勉強しに来た妻沼さん / 先進地視察(三笠市)の連絡 / 細川義治専務理事の故郷、三笠「生ゴミEM堆肥化」情報 ・ 先進地視察ツアー報告
 
 
平成22年度(三笠市)市政執行方針 ・ EM活性液を全戸配布 民間との連携によりEM活性液の普及を図る ・ 循環型農業の市民交流会にて比嘉照夫氏講演会(三笠市) ・ 〜新 夢に生きる〜 三笠市全体EM化の約束 / 三笠市ではEMの効果を疑う人は皆無 ・ EM技術による災害対策 ・ NPO法人北海道EM普及協会 後藤護理事長 退任挨拶
 
 
中沢企画経済部長 ・ 「花のまちづくり」の計画説明 ・ 谷津邦夫議員 一般質問 ・ クリーン三笠、クリーンライフ推進事業の経過 ・ EM活性化液を追加注文する家庭は少ないというふうに聞いております ・ 比嘉名誉教授の人物像について、市長はどのような人物と評価しているのか、見解をいただきたい ・ 三笠プロジェクトとしてレポートとして紹介されております。その内容について、初めて知り得る中身がある ・ 永田環境福祉部長 ・ 効果につきましては、まだ十分検証されていない状況でありまして、今後、検証する予定 ・ 「三笠市がEMモデルタウン推進事業を実質的にスタートしたという記述」は合意なき勝手な解釈の記述と抗議 ・ 2010年5月13日、EM研究機構の安里社長が来庁、今回の記述について謝罪がありました ・ EMモデルタウン推進事業が実質的にスタートしたとのインターネットでの記述につきましては、研究者としての比嘉教授の強い思いで書かれたものでありまして、この部分については事実とは異なっている部分であります 比嘉教授が考えているEMモデルタウン推進事業は一方的な思い込みで出しているのでしょう ・ 京都での全国大会(来賓:京都の副知事 農水省審議官)により「私は怪しいものだとは思っておりませんでした」 ・
 
 
今のところ全く深入りするつもりは持ってございません ・ EM研究機構は三笠市「FAリサイクル」の筆頭株主 ・ 西城賢策副市長 ・ 軽々にここに飛びつくというような姿勢ではありませんで、私どもなりにしっかりと検証した中でというふうに思っております ・ 小林和男市長 ・ 少なくとも私が沖縄で見聞してきた部分では効果があります ・ うるま市民の中では評価されているのではないかと思っております ・ 谷津邦夫議員 ・ 比嘉教授のレポートというのは、訂正があり、謝罪があったと、これからもインターネット上に出るサイトについてはこういうことは表現されないと、そういう理解をしてよろしいですか ・ 永田環境福祉部長 ・ はい。EM研究機構とはそういう形で話が済んでおりますので、今後はそういう記述がされないというふうに私も思っております ・ 小林和夫 三笠市市長 Wikipedia ・ 三笠市市議会議員 ・ Yahoo!ブログ(感動親父の感動日記)北海道出張報告 ・
 
 
第17回全国EM技術交流会 北海道大会in札幌【事例集】 ・ 北海道大会原稿発表一覧表 ・ 新篠津村方式は北海道に限らず日本のすべての市町村の農業振興のモデル ・ 大会長(新篠津村長)東出輝一氏 ・ 北海道 / 札幌市 / 札幌市教育委員会 / 苫小牧市 / 江別市 / 北海道新聞社 / EM研究所 / 全国EM普及協会 / EMボカシネットワーク北海道支部 / 公益財団法人自然農法国際研究開発センター / 北海道(高橋はるみ)知事代理 / ツルネン・マルティ参議院議員 /  
 


農業の醍醐味58回 - NPO法人 関東EM普及協会   
新篠津村を訪問 (財)自然農法国際研究開発センター理事長 天野紀宜
www.emkanto.net/daigomi/58/daigo_58.html - キャッシュ
 
 
サイトマップ | 新篠津村
北海道新篠津村ホームページ。村の概要やくらしの情報など。
www.vill.shinshinotsu.hokkaido.jp/hotnews/sitemap/ - キャッシュ
 
 
新篠津村クイズ
新篠津村では安全・安心な農業に力を入れていますが、その農法の名前は次のうち どれでしょうか? EM農法; EN農法; EL農法. A 正解は1の「EM農法」です。 写真 クリーン農業センター 新篠津村ホームページより. 『有用な微生物群』という意味です ...
www.kouiki.chuo.sapporo.jp/kouiki_quiz/.../sin_04.html - キャッシュ
 
 


●北海道・三笠プロジェクト
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事