ベーシック・イングリッシュ

850語で表現できるBasic English、その本質が分かります

(176) NSMの続き,ベーシックとの係わり

v   NSM の続きだが、今回はベーシック (BE) と関連して実際の語について見て   みたい。 NSM ではどの言語にも普遍的意味を持つわずかな基本的  core     となる語( s.p と称す)があり、これらはより  simple  な語ではそれ以上分解     できないような語で、どの言語でもそれらで複雑な意味を説明できるという。 ご存じのように、 BE は英語の中で働きが大きく、他の語を定義、説明出 来、それらで一般的な事はきちんと表せる 850 語での系統だった組織であ る。NSM は言語理論、 BE は実用向きと目的は違うが、語の意味の分解と いう点で共通している。 BE では 850 語以外のより複雑な語はすべてそすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事