大野市:旧ツヅキボウ工場跡地、土地と建物取得へ /福井

 大野市は10日、福井地方裁判所の競売不動産となっていた同市七板の旧ツヅキボウ福井大野工場跡地の土地(約14?7ヘクタール)と工場などの建物6棟を、約8300万円で取得する方針を決めた。企業誘致に利用するのが目的で、14日の臨時市議会で承認を求める。 ツヅキボウ福井大野工場は1981年から同市で操業し、市内で最も大きな紡績会社だった。しかし2003年、親会社の都築紡績が、海外製品の進出と不動産への過剰投資などにより借り入れ負担が増え、会社更生法の適用を申請。05年に同工場は閉鎖された。その後、富山県の動物薬品会社「シゲタ動物薬品工業」が跡地を取得したが、同社も昨年倒産し、土地と建物が競売にかけられた。 大野市は「周りに民家もないので立地も良い。市の産業育成に土地を活用したい」としている。【幸長由子】5月11日朝刊【関連ニュース】越前市:福田すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事