タワマンぶらり旅の東京港区暮らし

Daily update. Love is called out with the center of Minato Ward.

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全580ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

令和元年梅雨、南信州の旅。

この日のお宿は、トロン温泉の「ねざめホテル」。
イメージ 1

老朽化のため2015年2月から全面改修し、第三セクター上松観光開発に運営が託されています。
イメージ 2

木曽ヒノキをふんだんに使った、明るく広々としたインテリア。
木のぬくもりを感じます。
イメージ 3

東側の窓の外は、木曽山脈。
宝剣岳、木曽駒ヶ岳などの南アルプスの名峰が間知近に見えます。
イメージ 4

日本カモシカの親子のはく製。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

ウエルカムティーのお茶うけ。

イメージ 8

本当にリンゴの味がしました。うましです。

イメージ 9

部屋の窓を開けると目の前は、観光スポット「寝覚めの床」。

イメージ 10

早速 「寝覚めの床」へ〜〜w
イメージ 11

鉄道の下を潜ります。
別のルートだと200円必要ですが、このルートは無料。
イメージ 12

長野県木曽郡上松町 、奇岩が折り重なる景勝地「ねざめの床」。
エメラルドグリーンの木曽川が美しい。
イメージ 13

さてさて、
昔、むか〜〜し、その昔・・・

玉手箱を空けた浦島太郎が、この岩の上で目を覚ましたので、「ねざめの床」と呼ばれておるそうな。
イメージ 14

でも、タイやヒラメが舞い踊る竜宮城が、何故、木曾川上流の こんな山に中にあったのかは、謎。

イメージ 15

巨岩の上に建つ「浦島堂」には、太郎さんが使っていた釣り竿が祭られているそうじゃが・・・

イメージ 16

町のイメージキャラクター「たろうくん」と「おとひめちゃん」。

イメージ 17

そして、「ねざめホテル」に戻って、ご自慢の 国内で数か所しかない、トロン温泉、大浴場「貴族の湯」にどっぷりとつかりました〜w 
激務に疲れた心と体が癒されるぅ〜〜ww
イメージ 18


では、また、明日。。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

令和元年梅雨、南信州の旅。

中央アルプスの西側を木曽川沿いに走って、日本100名道「御岳スカイライン(21.1km)」へ。
イメージ 1

このスカイラインは、登りよりも 下りの方が、絶景が楽しめます。
よって、いきなり、霧(雲?)に包まれた、終点の御嶽山登山口(田ノ原天然公園)から、お話はスタート〜w
イメージ 2

少し下って、雲の下に出ると、正面に中央アルプス(木曽山脈)の絶景が広がります。

イメージ 3


イメージ 4

タイトなワインディングが続きます。

イメージ 5

電柱のように見えるのは、「おんたけスキーリゾート2240」のリフトの柱。

イメージ 6

頭を雲の中に隠していますが、空木岳、桧尾岳、三ノ沢岳、宝剣岳、木曽駒ヶ岳などの南アルプスの名峰が一望。

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9

スキー場の草原越しに見るアルプスは、気分爽快〜〜w

イメージ 10

麓の登山口・御岳神社下社。

イメージ 11

終点(起点?)の王滝村まで、降りると猿の親子が出迎えてくれました〜w

イメージ 12


続きます。。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

中山道を辿って南下「木曽路」は すべて山の中である。。

イメージ 1

令和元年梅雨、南信州の旅。
木曽川を跨ぐ、木橋・奈良井大橋に到着。
イメージ 2

この橋の向こうが、「奈良井宿」なんです。
イメージ 3

「奈良井宿」。中山道に現存する宿場の中で 最長を誇ります。
イメージ 4


ここに来るのは、学生時代以来で 35年ぶり。
イメージ 5

あの時は、信州大学・駒草寮での地獄の耐久マージャン後でした。
イメージ 6

南北戦争、黒一色、紅一色、百万石、花鳥風月、大車輪、大七星、青の洞門などのローカル・ルールに苦しめられたのも 今では、懐かしい思い出。
イメージ 7

国鉄の信州ワイド周遊券を握りしめて帰路につき、ポケットに残った1円玉や5円玉を数えながら 降り立った駅で立ち食いそばを食べましたっけ

イメージ 8

注:駒草寮の逸話は、昔々なので記憶が混乱しているかも〜w
イメージ 9

電柱がありません。 山の中の宿場町は、なんとも、美しいですなあ。。
イメージ 10

宿場の中ほどにある「鍵の手」は、城下町の特徴。 戦争で敵が一気走りできないように、わざと作った曲がり角。
芝2丁目「七曲り」も同じ仕掛けです。
イメージ 11

今回は、奈良井宿の名店「かぎの手」で蕎麦ランチ。

イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14

オーダーは、、、
お焼きざるセット。野沢菜が入った お焼き付きで1200円。
イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17

綺麗な二八蕎麦。

イメージ 18

蕎麦の表面に着いた、水滴が甘い。。

イメージ 19

美味し( ´∀` )/ぽん!
イメージ 20

蕎麦湯もウマし。

イメージ 21

上品に二つに切られた お焼き。美しい焼き色。。

イメージ 22

美味し、美味し( ´∀` )/ぽん!ぽん!
イメージ 23


では、また、明日〜〜♪

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

令和元年梅雨、南信州の旅 初日。
諏訪湖を半時計回りに周回。水がずいぶん少なかった。。
イメージ 2

諏訪市「トコロテラス」に続いて、諏訪湖の畔のタケヤ味噌 みそ会館」で休憩
イメージ 1

長野県民には、味噌と言ったら「マルコメ」らしいですが、「タケヤ味噌」の施設です。
イメージ 3


イメージ 4

地味な味噌工場に併設された、レストラン・土産物売り場のある建物。
イメージ 5


森光子のCMは、今でも覚えていて懐かしいです。。
イメージ 8

諏訪湖が見える二階の試食コーナーへ。。
イメージ 6

タケヤ味噌のあらゆる商品を味見できますW
イメージ 7


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


試食コーナーに併設された、サービスカウンターへ。。
イメージ 14


イメージ 15

お勧めメニューは、豚汁100円と ゴマ味噌ソフト300円。
イメージ 16

豚汁100円。
イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19

「コメこうじ」と「名人の味噌」のハーモニー♪ 野菜が生きてますね〜w
イメージ 20

ゴマ味噌ソフト300円。
イメージ 21

諏訪湖を見ながら頂きます。
イメージ 22


イメージ 23

諏訪湖を眺めつつ頂く、熱々と冷や冷やのコントラスト。

どちらも新鮮で旨しでした〜( ´∀` )/ぽん!!

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

令和元年梅雨、南信州の旅 初日。

長野県諏訪市「トコロテラス」で休憩。
イメージ 1

昭和14年創業のトコロテンメーカー「マツキ」が、工場に併設している喫茶店。
イメージ 2


イメージ 3

売店を兼ねたホール。
イメージ 4

トコロテンを使った 食材の数々。
イメージ 5

トコロテンの製造工場をガラス越しに見学できます。
イメージ 6

イマイチ、良く分りませんでした〜w
イメージ 7

喫茶、レストランコーナーへ〜〜w
イメージ 8

メニューーー。。
イメージ 9

ここで作られた、トコロテンを使った料理の数々。
イメージ 10


イメージ 11

どれも、魅力的。
イメージ 12


イメージ 13


天草100%「本来のトコロテン」と、国産天然角寒天を使ったプリンなど、信州や健康をテーマにした食材を頂きました。
イメージ 14

天草100%「本来のトコロテン」。
出汁ソムリエ1級の出汁専門店「田毎庵」の秘伝の出汁「つきのつゆ」で頂きます。
イメージ 15

トコロテンが、宝石のように輝きます。美しいです。。
イメージ 16

うまし!
イメージ 17

私は、トコロテンは黒蜜党でして、今回初めて酢醤油で食べましたが、意外にも素晴らしく美味しかった。これからは、トコロテンは酢醤油だな。
イメージ 18

国産天然角寒天を使ったプリン。
イメージ 19


イメージ 20

トコロテンのプリンはプリプリで美味。。甘し、美味し。
イメージ 21

すべて、お見事でした〜〜( ´∀` )/ぽん!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全580ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事