タワマンぶらり旅の東京港区暮らし

Daily update. Love is called out with the center of Minato Ward.

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
港区芝浦3丁目の「龍祥軒」で 久しぶりに ランチ。

イメージ 1

芝2丁目 「龍祥軒」の姉妹店。 
イメージ 2

店頭に掲げられた 中国烹任大師(何それ?)と書かれた厨衣が誇らしげ。
イメージ 3

全50席ほど。 ランチタイムは、禁煙。
イメージ 4

赤い唐辛子の激辛マークは、3品のみ。
激辛の台湾ラーメン、900円はおいしかったなあ〜。。
イメージ 5

今回のオーダーは、海老と玉子炒め定食、850円。
サラダ、ごはん、ザーサイ、味噌汁、杏仁豆腐がセット。
イメージ 6

具だくさんの味噌汁、うまし!
イメージ 7

美しいです。
イメージ 8


優しい味のドレッシング、うまし。
イメージ 9

おぅりゃぁあああぁぁぁ〜〜! 玉子祭りやぁぁぁぁ〜〜!
イメージ 10

ああああぁぁぁぁぁぁぁぁ、美味しです。
イメージ 11

ご飯の上でもぅぅ、玉子祭りぃぃぃ〜〜〜♪
あ〜〜、幸せ。。イメージ 12
この優しくて、マイルドで、控えめな味は、ひょっとして、完全無化調かな?
イメージ 13

何気ないザーサイが効いてますね〜w
イメージ 14

デザートの杏仁豆腐。ウイキョウの香りがします。お見事です。
イメージ 15

相変わらず、エクセレントです。名店の匂いがしますね。

では、また、明日〜〜♪

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

女性に大人気の韓国料理店、「五韓満足 田町店/ごかんまんぞく」へ〜〜w
イメージ 1

「五つの韓の味(炭火焼肉・サムギョプサル・オモニ・ポジャンマチャ・チゲ)を 五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)で満足できる。」が、コンセプト。
イメージ 2

ここも、相変わらず、女子率が高い。
イメージ 4

山形牛専門焼肉店。最高級山形牛のメニューは、すべてが、お勧め。
イメージ 3

ジャスミンティーは、セルフで飲み放題。13:00以降は、ドリンクバー無料。 冷麺フェア〜〜が、今年も始まりましたね〜〜w
イメージ 5

人気のランチメニュー。
お米は、宮城県 登米市産 減農薬米、「ひとめぼれ」。ごはん大盛り無料。
イメージ 6

拡大!
イメージ 7

オーダーはあ、、、

壺漬けカルビセット。色々付いて1200円。
イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11

ワインビネガーのドレッシング。爽やかで うまし。
イメージ 12

肉肉しいやつらですなあw
イメージ 13


イメージ 14

焼きます。
イメージ 15

焼きます。熱気が芳香となって立ち昇ります。
イメージ 16

焼きます。焼きます。焼きます。
イメージ 17

オンザライス。美味しです。
イメージ 18

う〜〜〜ん、美味し。 旨し〜〜w
イメージ 19

なかなかに 旨しでした。満腹、満足です〜〜w

明日に続きます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

外せない所要により、港区新橋2丁目、 「東京ニュー新橋ビル」へ。。
このビルも、再開発による 取り壊しが、決まっています。
イメージ 1

ビルの地下1階〜二階は、飲食店を中心とした、テナントがびっしり。
ナポリタンで有名なむさしや。このように行列のできる人気店も多い。
イメージ 2

むさしやのお向かい、、、

郭政良 味仙 東京ニュー新橋ビル店カク マサヨシ ミセン」でランチ。
イメージ 3

今年3月1日、グランドオープン。
二坪くらいの広さの厨房なのに、メニューが豊富。
イメージ 4

名古屋発祥の台湾ラーメン。
ノーマル、ニンニク無し、アメリカン(辛さ控えめ)、イタリアン(辛さ増し)、塩があります。多分、裏メニューの「アフリカン」もあるはず。。
イメージ 5

カウンターとテーブルでニ十席ほど。
イメージ 8

狭い店内を避けて、通路に面した、カウンターに着席。
イメージ 6


元祖台湾ラーメンの説明。
イメージ 7

鶏ガラスープ、醤油ダレ、台湾ミンチ、ニンニク、 ニラで作られた、台湾ラーメンの基本に忠実な一杯が売り。
イメージ 11

オーダーは、、

台湾ラーメン、劇辛イタリアン、辛さ二倍で、900円。
イメージ 9

以前、名古屋駅ビルの系列店で、ノーマルな台湾ラーメンを食べましたが、まったく辛くなくて 残念な思いをしました。 さて、こちらは・・・
イメージ 10


イメージ 12

かき混ぜないで一気に行きますw
イメージ 14

みなさんは、注意書きの通りに、かき混ぜて、具を麺に絡めて食べましょうねw
イメージ 13


程よい辛さ。 じっくりと味わって完食。 美味しでした〜〜w
イメージ 15


では、また、明日〜〜♪

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

本日 二度目の更新。

令和元年 南信州の旅、二日目「馬籠宿」で「島崎藤村記念館」を見学。
ちょうど、ランチタイムになりました〜〜w
イメージ 1

中津川市 「馬籠宿 炭火酒食処 恩多屋」でランチ。
店頭では炭火で焼いた団子、明宝ハムのフランク、恩多屋ブレンドのコーヒー、生ビールなど販売中。 ホームページ。
イメージ 2

2018年10月営業開始。営業時間は、午前9時!〜20時。テーブルのみ20席弱。完全禁煙。吸いたい人は外で吸ってね。
イメージ 3

飛騨牛カレー、飛騨牛丼に惹かれました〜〜w
イメージ 5

ん?なになに・・

中津川産ブランド豚の「栗旨豚」とな。。
イメージ 4

結局、オーダーは、、、

栗旨豚丼、800円。
イメージ 6

「栗旨豚」は、元・恵那の大特産である栗を食べて育てた、中津川 吉野ビージーファームのブランド豚
イメージ 7

その味は、スペインのイベリコ豚よりも美味しい!と、生産者は胸を張るそうな。
イメージ 9


美しいルックスに仕上がった一杯だが、、
テーブルに 七味が置いていなかったのが、残念。
イメージ 8


海苔と茹で玉子は、普通。 
イメージ 10


見た目通りのアマ辛ダレ。旨し。でも、まあ、こんなものでしょうかねw
ちょいと甘さが勝っていて、味がしつこいかな。
イメージ 11


たれを薄めにして、火を通し過ぎないようにすれば、もっと美味しいはず。
それと、脂身をもう少し、入れて欲しいな。
京都祇園・ハラリョウカクの黒七味とも相性が良さそうだ。
イメージ 12

ご馳走様でした。

梅雨時の旅、終了。 真っ直ぐに、東京に帰ります。
(と、言っても南アルプスを半周迂回しますが・・)
イメージ 13

ところで、参議院選挙の大勢は、決しましたかね〜〜?

では、また、明日〜〜w

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

令和元年梅雨、南信州の旅、二日目。

妻籠宿」を見学した後は、「馬籠宿」へと 木曽路・馬籠峠を越えていきます

「馬籠」って、平成の市町村大合併で、長野県から岐阜県に移ったのね。
イメージ 1


「馬籠宿」の手前の展望所で 日本100名山「恵那山」が見えました。

島崎藤村が見たであろう同じ景色ですね。
イメージ 2


中津川市に続く 斜面に張り付いているのが、「馬籠宿」。
イメージ 3


何十年も前から来たかった、宿場町に ようやく、辿り着きました・・・
イメージ 4

この町は、山の斜面に 連なっています。
イメージ 6

石畳の狭い道は、もちろん 自動車の進入禁止。高齢者には 結構キツイ見学コースですな。。
イメージ 5


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


「馬籠宿」の中ほど、「島崎藤村記念館」に到着。ここに来たかったのです。
イメージ 10

1947年に 村民の発起により、建設されました。

設計者は、建築家・谷口吉郎。
イメージ 11

黒く塗られた冠木門(かぶきもん)を入ると 目隠しの小さな障壁があります。

それを右手に折れると、記念堂の入り口。
イメージ 12

建物内部は、土間で天井が低くて薄暗く、造り付けの木の腰掛が続きます。

撮影禁止で、お見せできないのが残念。
イメージ 13

まるで藤村の精神世界を表しているがごとき闇。。 

暗がりを歩いて外に出ると、明るい庭。夜が明けたかのような光の世界。
イメージ 15

戦後間もない時代に この記念館はできました
予算などあるはずもなし。使われているのは、すべて地元の産材。
そして、村人のボランティア・勤労奉仕だけで建設されました。
イメージ 16


私たちは、この小さな庭を眺めながら、馬籠宿の歴史と 藤村の世界に思いを馳せるのみです。
イメージ 17

ちなみに、後ろに聳えているのは、隣の建物。

記念館は、50㎡ほどの木造平屋の質素な建築です。
イメージ 14


満足して、「馬籠宿」をさらに散策。イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20

終点。ここで、折り返します。
イメージ 21


明日の 「旅の最終話」に続きます。。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事