日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

あおもり不思議発見?

この週末はいい天気
イメージ 10
 
久しぶりに奥入瀬渓流を見ながら走りました。
緑があふれてます。
イメージ 20
何かのグループなのか、ランニングしてる人がたくさんいました。
 
イメージ 30
「三乱の流れ」とありました。
イメージ 31
 

十和田湖からR454へ
途中、「迷ヶ平(まよがたい)」に寄りました。
イメージ 32
 
ドライブイン?ここ初めてです。
イメージ 33
外観かなりそそられます。
入り口では、鶏モモの串焼きがジュージューしてました。
 
中には、売店、食堂がありました。
鶏ご飯やおでん、ジンギスカン、山菜そば、ラーメンなどメニューたくさん。
今はこれだけにしておきます。
イメージ 34
「そば餅」
じゅね(エゴマ)のみそを塗って焼いてあります。
素朴だけど、これ好きです
色が白っぽい餅もありました。そっちは「むぎ餅」らしいです。
豆腐の田楽もおいしそうでした。
イメージ 35

「迷ヶ平」には古代都市伝説があるらしいです。
イメージ 1
伝えたいことがたくさんあるのでしょうね。
読むのがたいへん
 
 
 

R454で新郷村に向かいます。
道の駅「しんごう」へ。
今日の目的はこれ。
「バジルアイス」
どんな味するかワクワク
イメージ 2
イメージ 3
ジェノベーゼってバジルソースあるじゃないですか。
あの風味が近いかな?
イメージ 4
これおいしいです
バジル嫌いじゃなかったら、是非食べてみてほしいです。
バジルが合うとはおもわなかったな〜
 
ほかにドラキュラアイスもありました。
 
国道の両側に広がる畑では、ニンニクを栽培していて
走っているとニンニクの香りがしてきます。
 
 
 
 
 
 

新郷村といえば、
イメージ 5
でも、ピラミッドは知らなかった。
なので、行ってみることにしました。
 
バス停の名前まで....
イメージ 6
ピラミッド入口
 
看板が大変なことになってます。
秘境に向かう心境です。
イメージ 7
 
先週の雨で流れてきた枯葉と砂利でスベる滑る。

ピラミッドに真っ赤な鳥居・・・う〜ん
イメージ 8
イメージ 11
 
鳥居の下に誰かが置いて行った「お守り」が。。。
イメージ 9
 
鳥居の奥には、「太陽石」「方位石」「星座石」がありました。
イメージ 13
イメージ 12
 
 
この案内板によると山の上のほうに
ピラミッドの形をした岩がありそうです。
イメージ 14
でも肝心なところが2か所はげちゃってる。
今回は、遭難しないうちに引き返すことにしました。
 
 
ピラミッドから7〜8km、市街地方面に向かうとあります。
キリストの里公園。
イメージ 15
信じる・信じないは、ちょっと脇に置いといて、
単純に『驚いちゃうよな〜』
 
道沿いの駐車場から「お墓」までは220m。
けっこうな傾斜の道を上っていきます。
イメージ 16
気温27度で、皮パン履いて上半身はプロテクターつけてジャケット着てだと
あっち〜
ゴルゴタの丘を上る感じになってきた。
 
坂を上り切るといわゆる日本式の墓石がありました。
公園の土地を提供された方のご先祖のお墓と思われます。
 
イメージ 18
 
イメージ 19
さらに階段を登ります。
 
階段を登りきったところに
エルサレム市から贈られた石板があります。
イメージ 17
ヘブライ語が書いてあるようです。
公認しますってわけではないだろうけど。

お賽銭をしていく人がいるようで、
2つの十字架の前には小さなカゴがありました。
イメージ 21
フシギですね〜
 
キリストの里伝承館にもいってみました。
イメージ 22
ここにも謎のピラミッドが
イメージ 23
神聖な黄金比?
イメージ 24
 
 
伝承館の中の、民家復元コーナーです。
イメージ 25
マネキン怖すぎ

 
伝承館を後にして
R454からR4に入り、道の駅「さんのへ」へ
イメージ 26
遅い昼食にします。
おすすめになってた「かけめし丼定食」にしました。
イメージ 27
シャモロックを使った鶏すきの卵とじ、といったところでしょうか。
白菜、ニンジン、きくらげ、春雨、麩などが入ってました。
鶏の出汁がしみて、おいしいです
 
ここのソフトクリームも食べてみたかったのですが
食べすぎかな〜ということで、次の機会にとっておくことにしました。
 
R4からR104に分岐。
この辺、葉タバコ畑があるんだな〜。
一路十和田湖へ。

山に近付くにつれて、雲が多くなってきましたが
雨にならずによかった。
イメージ 28

 
今日のコース、まだまだ確かめなくてはいけないことがたくさんあるな〜
 
 
 
迷ヶ平で食べたお餅、あれも何か秘密があるかもしれません
イメージ 29
 
本日の走行距離280km。7時間30分のツーでした。

ソールフード発見の旅

6月30日(土)
R7で能代まで南下し、R101で日本海沿いに北上してきました。
ワインディングがあるわけではありませんが、ちょっと遠出をしてみたくなりました。
一日晴れの予報でしたが、朝8時に出かけるときは、うす曇りで霧。
黒石市を抜け、R7に入るころには青空が広がってきました。
 
ちょっと暑くなってきたので水分補給のため
秋田県の道の駅「ふたつい」で小休止。
イメージ 1
ここは、きみまち阪という地名から、恋文コンテストが行われるところです。
 
能代市内を抜け、北上し始めた12時頃には、
イメージ 2
なんと、31.4℃

道の駅「みねはま」で、再度休憩。
名前が「ポンポコ101」になっていました。
イメージ 13
 
ポンポコ名乗るからには
イメージ 14
やはり、ありました。
 
 
 
産直の売店をのぞいていると
 
 
イメージ 15
 
サツマイモの天ぷらに混じっておいてありました。
うっかりすると間違えちゃう見かけ。
 
北東北3県の情報誌に載ってた記憶はあったのですが
実物は初めてみました。
どんな感じなのか食べてみることに。
ちょっと量が多いな〜
シールに4個と書いてあるけど6個入っているし。
 
さすがにサクッとはしてないですね。
手で2つに分けようとしたら、グニ〜って裂けました。
イメージ 16
 
衣とビスケットは小麦粉どおしの為か、強く手をつないでいます。
ビスケット風味がする甘いモチっした衣を食べてる感じでした。
たぶん1日に必要なカロリーの半分以上は採れてると思います。
これは、おやつに1個だけという食べ物ですね。
自分的にはブラックコーヒー必須です。
 
※情報誌に載っていたのは、岩手・秋田県境近くの、岩手県のお店の物でした。
 もともとは、米粉の薄衣だったようですが、
 最近は、小麦粉と米粉のブレンドやホットケーキミックスのものなど
 いろいろあるようです。
 
鹿の浦展望所でパチリ
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
男鹿半島は見えているのかな?
 
青森県に入って、道の駅「ふかうら」へ寄りました。
イメージ 20
遅めのお昼ご飯は、イカ焼きではなく、イカ寿司をチョイス。
お酢のさっぱりした味付けで、お米よりキャベツが多めでした。
イメージ 3

次に寄ったのは、JR鰺ヶ沢駅前にあるお店。
4年ぐらい前に、その存在を教えてもらい1度だけ行ったことがあったのですが
ちょっと名前が広まってきたようなので、また行ってみました。
イメージ 4

もう舞の海関は引退してますが、TVで頑張ってますからね。
イメージ 5
 
行列はできないけど、次々にお客さんきます。
自分みたいに外からの人もいますが、明らかに地元の人もけっこう来てます。
ほんとに鰺ヶ沢のソールフードなんですね。
 
前回来た時は、欽ちゃんだけだったけど、
押切もえさん、真山景子さん、笹野高史さん、
ハリセンボンの二人などの写真が増えてました。
イメージ 6
 
チキンボー
おなかいっぱいだったのですが、食べちゃいました。
イメージ 7
 
注文を受けてから揚げ始めるので、
お店の人が串に紙を巻きつけてくれながら
「熱いので気をつけてね」といってくれるほど
アツアツでジューシーです。
 
揚げ上がると、お店の人がマヨネーズつけるか聞いてきます。
つける人が多いようなので今回はつけてみました。
 
一口食べてハフハフしながら、横からの見た目もと思い、
イメージ 8
唐揚げよりもあっさりで、軽く塩味ついてます。
通常200円のところ、土曜日は170円におまけ
 
本日2度目の揚げ物です
 
最後に寄ったのが、
イメージ 9

ブサカワという言葉が最初に使われた?とも言われる「わさお」のお店。
鰺ヶ沢のR101沿いにイカ干し・イカ焼きのお店が数件並んでいるうちの一軒です。
 
わさお、映画にもなったんですけど、ストーリー全然知らないんだよな。
実際のエピソードは知っているけど、同じ?
本人(本犬?)を直に見るのは今回初めてです。
一目見ようと次から次へ人が来てました。
お店のおばさんが、誘導棒持って交通整理するほどです。
イメージ 10
関東ナンバーもちらほら
 
ず〜っと寝そべってましたが、行儀よく座ってくれました。
イメージ 11
 
みんな、「わさお」を見て満足して帰って行くのね〜(自分もそうです)
お店の本業は大丈夫なんでしょうか?

みんな、わさおがいる檻にばかり行くので
隣の檻には誰も近寄らず
イメージ 12
3匹の猫が「暇だニャ〜」とゴロゴロしてました。
 
出発するときは、思いもよらなかった食べ物づくしのツーとなってしまいました。
 
本日の走行距離320キロ
が垂れこめるなか、出かけてきました。
R280から左折して県道2号に入り津軽半島を横断。
山の中を走るせいか、霧雨が降ったり止んだり。
R339に出て北上し、道の駅「十三湖高原」へ。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
周りは牧場。ちょっと先に十三湖が見えます。
イメージ 7
 
イメージ 8
ここで、お昼を食べました。
牧場があるので、焼き肉定食やステーキセットもありますが
見た目も値段も立派で、今回はパス。
今日のお昼は、「しじみラーメンセット」。
イメージ 9
「しじみカレーパン」なんてのもありました。
買って帰ろうかと思ったのですが、食堂内での販売のようで
持ち帰りできなさそうだったので、次回にすることに。
 
十三湖畔を通って、「メロンロード」へ。
イメージ 10
 
まっすぐな道が延々と続きます。
イメージ 11
 
この辺、屏風山の辺りはメロンが有名です。
「つがりあんメロン」や「アムさんメロン」などよく聞きます。
 
この道の途中、池や沼に、雲の切れ間の青空が映ってきれいだったので
ふと気になって立ち寄ったのが「ベンセ湿原」
道案内の矢印を見て思い立ったのですが
実はどんなところかよく知りませんでした。
イメージ 12
 
小さな駐車場に、地元の観光バス1台と、自家用車が数台停まってました。
そこそこ人の集まるところみたい。
イメージ 13
 
 
花が咲く時期はもうちょっと先のようでした。
イメージ 14
 
湿原の真ん中あたりにちょっとだけ咲いていました。
 
イメージ 3
 
「メロンロード」が終わって、R101へ入り帰路へ。
道の駅「もりた」で休憩。
イメージ 4
 
で、メロンロード直後でメロンソフトに気持ちは傾いたのですが
「若返りソフト」を選択。
イメージ 5
 
注文するとき、めっちゃ恥ずかしい
なんちゅうネーミングなんだ。
 
でも、味はGOOD
どこかナッツにも似た風味です。
黒大豆と玄米のきな粉が入っているんだそうです。
イメージ 6
 
このあと五所川原市を通って、津軽自動車道で浪岡に抜け、
青森空港を見ながら帰ってきました。
 
今日の走行距離170キロ

アメリケン?

青森は今日、梅雨入りしました。
朝から薄曇り、日中は天気が持ちそうなので
お昼御飯を目的に出掛けてきました。
 
横浜町から六ヶ所村へ抜けます。
石油備蓄基地や原燃施設、風力発電施設などが原野の中に並んでいます。
 
R338を南下し、小川原湖のあたりで県道170に入り、
目指すは、「道の駅みさわ」
 
イメージ 1
 
ここは、斗南藩記念観光村・先人記念館もあります。
 
イメージ 2
 
公園には、馬や開墾する人々の像がありました。
 
今日のお目当ては、
「エアフォースバーガー」
 
三沢基地在住の米国人に協力してもらって作ったハンバーガーなんだそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
野菜は食べる直前に挟みます。
ポテト・ドリンク付きのセットにしました。
 
イメージ 4
 
パテはこんな感じ。
楕円型で厚みがありました。
バンズは持っていると熱いって感じるくらいの温度
 
イメージ 5
パテにケチャップとマスタードをぬった上に
ピクルス、レタス、トマトをのせ、さらにマヨネーズをぬって
いただきま〜す
 
うま〜い
パテが全然ちがう
噛み切るときの歯ごたえ、噛みしめたときの弾力、
あ〜これが肉のハンバーグだよな〜
 
イッキに食べちゃいました。
 
エアフォースバーガー以外にもハンバーガーはいろいろな種類がありました。
基地の人たちも来るからなんだろうな〜
そばやうどん、定食類もありましたが、
米国の人が唐揚げ定食を食べる姿は...う〜ん...思い浮かばない
 
小川原湖をまわって帰ってきました。
 
ハンバーガー食べに200キロツーでした
今日は7時半ごろから出掛けました。
ちょっと雲は多め。今日の予報は晴れ時々曇りだから天気の心配はなし。
今日も十和田湖に行ってみることに。
 
萱野高原は雲が途切れて、いい天気
イメージ 1
 
ところが、田代平高原は霧の中。
イメージ 2
テントがいっぱい。トレッキングの人かな?
 
行きは、奥入瀬渓流を通らず、惣辺バイパスを使って一気に御鼻部峠へ。
イメージ 10
 
十和田湖はどうかな?
イメージ 11
いっぱい
雲の上に出ました〜
市街地が曇っていても、うまくいくと雲海が見られます。
 
 
鳴き声、聞こえます?
蝉が鳴いてました
展望台の欄干にとまったのですが、写真に収めることはできませんでした。
湖の辺りはけっこう涼しいのにな〜。
今日の展望台は暖かいし、外輪山の上のほうは晴れてること多いからかな?
青森の夏は短いから、もう羽化しているのかもしれません。驚きでした。
 
山を下って、R454とR131が交わる交差点付近は、こんな感じ。
イメージ 12
さっきまでいた展望台は雲の上。
 
 
R103を南下。発荷峠は雲の中。帰りに寄ることにします。
R282に入って北上。県道2号(十和田大館樹海ライン)で再度十和田湖へ。
 
途中、七滝に寄りました。
イメージ 13
イメージ 14
100名爆に選ばれているそうです。
落差60メートル七段の滝です。
 
天気もよくなってきて暑くなってきたところだったので、
ひんやりした空気が気持ちよかったです。
 
道路を挟んだ向かい側には、道の駅「こさか七滝」。
イメージ 15
 
となりの建物に気になる看板が...
イメージ 16
 
毎週のように部活動ってのもどうかと思いつつ、今日は暑さに負けました
イメージ 17
うん、おいし〜
 
発荷峠手前の紫明亭展望台に寄りました。
イメージ 3
雲がなくなった〜
 
発荷峠展望台は、観光バスが立ち寄って、けっこうなにぎわい。
イメージ 4
立木が残念
イメージ 5
なんか、美味しそう。
イメージ 6
買っちゃいました
甘めの味噌をぬって、あぶってあって表面がちょっとパリっとしてます。
写真見て気がついた。今度は「こんにゃくたんぽ」試そうかな。
なんとなく想像はつくけど。
 
帰りは、奥入瀬渓流を通って帰ってきました。
 
イメージ 7
4月の初めは雪の中でした。
 
ここには、こんな碑があります。
イメージ 8
 
除雪隊のおかげで、雪の回廊を楽しめるんですよね
 
赤いボタンはありません。でも....
 
イメージ 9
碑のとなりにある百葉箱のような、この木の箱。
何だろう〜って近づくと、いきなり歌が始まります
下の丸い穴から、誰かが見ているに違いありません
 
本日の走行距離220キロ

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事