ここから本文です
今日もバイクで旅に出る
バイクにまたがって日本全国へ

書庫全体表示

時は遡って10月末の南信州紅葉キャンプツーリングを振り返る。

10/31(土)
セローに荷物を積んでどんより曇り空の中、出発。
国道1号のバイパスの天竜川のたもとのローソンで朝ご飯タイム。
イメージ 1
ADVばかり乗っていてたまにセローに跨ると最初は違和感があるけど、すぐ慣れる。
セローが醸しだすこの親近感はたまらない。
足つきはいいし、身軽だし、低速はものすごく粘るし、ハンドルの切れ角は深くて、どこにでも入っていける。
セロー最高。

新東名から三遠南信道と高速を移動し、鳳来峡からR151を北上していく。
寒かったので、道の駅・豊根グリーンポート宮嶋で小休止。
温かいコーヒーと愛知県名物・鬼まん。
イメージ 2
東海地方では昔から食べられている鬼まん。
愛知県で生まれ育った自分には子供の頃から慣れ親しんだ味だし、この素朴な味わいがたまらない。
日向ぼっこしながら暖を取ったところで出発。

R151をひたすら北上していく。
下條村で一旦R151から離れる。
舗装林道に入って狭い道をえっちらおっちら登っていく。
そして、視界の開けた場所で伊那谷を定点観測。
イメージ 6

やってきたのは、極楽峠。
イメージ 3

イメージ 4
中央アルプスと伊那谷を一望できる絶景スポットだ。
もう何度来たんだろう?
でも何度来ても飽きない。

振り返ると、山が紅葉している。
イメージ 5

再び、R151に戻って道の駅下條で昼ご飯にする。
イメージ 7
ソースカツ丼のソースの酸味が強かった。
やっぱり駒ヶ根で食べるソースカツ丼の方がおいしいな。

更に北上を続けて、飯島町の千人塚公園の奥へどんどん進んでみる。
が、案の定こんな看板に遭遇。
イメージ 8

千人塚公園の奥から戻る途中。
イメージ 9
紅葉した木々と落ち葉とセローが良い感じ。
山間の狭路とセローって本当に写真映えするなー。
セロー素敵すぎるなー。

千人塚公園に戻る。
イメージ 10
凪いだ池の水面に景色が映りこむ。
キレイ。

バックにそびえるのは中央アルプス。
イメージ 11
紅葉した中央アルプスがキレイだった。

大通りに戻っておやつを食べることにした。
道の駅花の里いいじまの隣にある、信州里の菓工房。
以前からココのお菓子は美味しいなーと思っていたら、なんと中津川にある川上屋の系列だとか。
川上屋といえば、中津川の老舗で栗きんとんの美味しい和菓子屋さん。
そら、信州里の菓工房のお菓子が美味しいわけだ。
そんなわけで?今年は、和栗のモンブランを食べてみることにした。
イメージ 12
ムックみたいに毛むくじゃらだけど、立派にモンブランなのです。
友達には、焼きそば?って聞かれたけど、立派にモンブランなのです。
そして、非常に美味しいのです。
お値段はちょっと高めだけど、美味しくて満足。
その他お菓子も買って、お店を後にする。

そして今日の野営場に向かう。
さて、どうしようか。
有料の千人塚公園にするか、無料の御座松キャンプ場にするか。
1000円か、ゼロ円か。
別に1000円だったら許容範囲の料金だけど、学生時代からキャンプをしていた癖なのか、つい無料という言葉に反応してしまう。
そもそもキャンプを始めたきっかけが、学生時代にロングツーリング中の宿代を払うのが苦しいからだったりする。

野営地を決めてしまえば向かうだけ。
GoogleMapsさんのナビに従って、また千人塚公園の横を通って御座松キャンプ場を目指す。
何度も行ったり来たりするのは、無計画だからです。
特に焦らない1泊キャンプなんてこんなもんです。

狭い舗装林道をぐるーっと回って御座松キャンプ場に到着。
事前にネットで見たように、途中は落ち葉が酷かったので、この季節は大型バイクは注意が必要だ。
でも、セローならあまり気遣いはいらない。

川沿いの適当な場所に設営。
イメージ 13

テントも張ったし、温泉と買出しに行こう。
近くの温泉は、松川インターから山に数キロ入った清流苑だ。
御座松キャンプ場からちょっと遠いけど、仕方ない。

清流苑はたくさん湯船があって、露天からの眺めも良くて、良いお湯だった。
風呂上りはヨーグリーナ飲んでみた。
イメージ 14
うまいな、これ。

さて、キャンプ場に帰ろう。
Aコープで食材とお酒を買って、コメリで薪を買って、キャンプ場に戻る。
すっかり日没。
鍋とちょっとしたお惣菜の晩ご飯。
イメージ 15

冷えてきたので、晩ご飯の途中からファイヤー。
イメージ 16
バタ材と薪と両方買った&針葉樹の枯葉もふんだんに手に入って、勢い良く着火!

伊那谷・中川村の地酒も飲んでみた。
イメージ 17
味は・・・忘れた。
でも、苦手意識が残っていないってことは、嫌いな味じゃなかったはず。

食後は温かいコーヒーを淹れて、信州里の菓工房で仕入れた『焼き栗きんとん』
イメージ 18
通常の栗きんとんと比較して砂糖控えめなのに、甘い。
炙ったおかげなんだろう。
栗と砂糖しか使っていないのにとっても美味しくて、栗きんとん大好きだ。

焚き火して遊んで、翌朝暖を取る分の薪を残して寝袋にくるまった。

つづく・・・

ぽちっとお願いします。
イメージ 3
イメージ 2


  • 顔アイコン

    軽いバイクは気軽に乗れて良いですよね。

    イマドキだと、
    大見得切っていきなり大型で扱いきれずに
    バイクなんてこんなもん
    ・・・なんて感じで降りちゃう人が
    多いようですが・・・

    [ tom**aru_a*c*ion ]

    2015/12/22(火) 午前 0:37

    返信する
  • 顔アイコン

    > TOMOさん
    軽さはバイクの正義だと思います。
    大型以外でも選択肢たくさんあるし、最近は大型でも軽いモデルはあるし、バイクの裾野を広げるためにも色々と見て乗って選んで欲しいものですね。
    MT-07なんてびっくりするほど軽いです。

    [ asa ]

    2015/12/22(火) 午後 9:14

    返信する
  • 東海と言えばすぐに思い付いたのがあんまき(あん巻き?)なのですが今もまだ国道沿い(R23かR1)にあるんでしょうか?
    昔よく通っていた事があり気になっていましたw
    透明感のある空がすごくキレイですね。
    今シーズンの冬はミョーに暖かいですがこのまま暖冬が続く事を祈りましょう‼w

    [ エム ]

    2015/12/23(水) 午前 0:06

    返信する
  • 顔アイコン

    > エムさん
    愛知県知立市のR1沿いにある藤田屋の大あんまきですね。
    相変わらず健在です。
    伊勢湾岸道の刈谷PA、東名の上郷SAでも食べられると思いますよ。

    今シーズンは静岡も妙に暖かいです。
    この前数日間寒い日があったくらいで・・・

    [ asa ]

    2015/12/23(水) 午前 0:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事